2000–2009
わたしは清く,汚れがありません
脚注

Hide Footnotes

テーマ

わたしは清く,汚れがありません

言葉遣いの面でも,思いの面でも,肉体の面でも,服装の面でも清くあってください。

愛する神権者の皆さん,わたしは全世界の教会堂,そしてその他の場所にも何百万人という兄弟たちが集っているということを思いながら,このカンファレンスセンターにいる2万1,000人の顔を見ていると,胸の高まりを覚えます。ますますすばらしくなっていく時代に,自分が年老いているのが残念です。

皆さんも知っているように,わたしは12年前,正確には1995年3月12日に大管長として聖任と任命を受けました。バラード長老がこの12年間の統計を幾つか集めてくれたので,その中から引用します。

  • 38万7,750人の宣教師が伝道に出ました。教会が組織されて177年がたちますが,この神権時代に奉仕したすべての宣教師のほぼ40パーセントが,最近の12年の間に伝道に出たということになります。

  • 340万人の改宗者がバプテスマを受けました。これは教会の現在の総会員数の4分の1に相当します。

  • 教会の伝道部総数は303から344に増えました。これに間もなく3つの伝道部が加わります。

  • 聖せい餐さん会の出席,神権への聖任,そして什じゅう分ぶんの一の完納者の数によって判断すると,新会員の定着率は著しく増加しました。

この統計はどれも特筆すべきものですが,もう少し熱心に働くなら,このすばらしい最近のデータは偉大な未来への序章となり得るでしょう。わたしはそう確信しています。

押せ,肩の力もて,歌いて義務を果たしましょう。この大義には働きが求められます。皆でたゆまず,車を押しましょう(「世はよく働く人を求む」『賛美歌』161番参照)。

では,別の話に移りたいと思います。何年も前に紹介した話ですが,もう一度お話しします。その当時聞いた人たちはもう随分前に忘れてしまっているでしょうし,聞いたことのない人には知ってほしいと思うからです。1901年から1918年までの合計17年間,大管長の職にあったジョセフ・F・スミス大管長についての話です。

ジョセフ・F・スミスはハイラム・スミスの息子でした。ハイラムは預言者ジョセフの兄であり,カーセージの監獄でジョセフとともに殉じゅん教きょうしました。ジョセフ・Fは1838年11月13日にミズーリ州ファーウェストで生まれ,幼いころにミズーリ州を後にしました。そしてまだ6歳にもならないとき,ノーブーにあった母親の家で,窓をノックする音を聞きました。訪ねて来たのは,スミス姉妹に,夫がその日の午後カーセージで殺害されたことを知らせる早馬の使者でした。

9歳のとき,彼は,牛の引く荷車を操って母親とともに大平原を横断し,この盆地に移り住みました。そして15歳のとき,ハワイへの伝道に召されました。そこでまずサンフランシスコまで行き,そこの屋根板工場で働いて,ハワイ諸島へ渡る船賃を稼ぎました。

当時のハワイは今のような観光地ではありませんでした。住民も現地のハワイ人でした。大部分の人が貧しい暮らしをしていたものの,自分の持っているものについては,物惜しみしませんでした。彼はやがて現地の言葉が話せるようになり,また人々を愛するようになりました。ハワイで伝道していたときに,大管長はある特筆すべき夢を見ました。大管長の言葉から引用してみましょう。

「わたしは〔自分の〕伝道中に,非常に苦しい思いをしたことがある。わたしにはほとんど着るものもなかった。文化の発展していない地域に住む,貧しい……人々以外にまったく友もない時期があった。貧しさの中,知恵も知識もない一介の若者であったわたしは自分をひどくつまらない者と感じ,……人とまともに顔を合わせる勇気すらなかった。

そうした状態にあるときに,〔ある晩〕わたしは旅をしている夢を見た。急がなければと思った。遅れてはいけないと思い,全力で道を急いだ。可能なかぎり急ぎながらもわたしは,ハンカチでくるんだ小さな包みを手にしていることに気がついた。それが何なのかが……よく分からないまま必死に道を急いでいたが,やっとのことで豪華な大邸宅に着いた。……わたしはそこが目的地であることを知っていた。急いで中へ入ると,『浴室』という表示が目に留まった。わたしはすばやく体の向きを変え,その浴室に入ると,体をきれいに洗った。手にしていた小さな包みを開くと,〔何枚かの〕真っ白な〔衣〕が出てきた。この地方の人々は,衣類であれ何であれ,ものを徹底してきれいにするということにあまり注意を払わないため,長い間目にしたことのないきれいな衣だった。わたしの〔服は〕清潔だったが,わたしは〔その衣を〕身に着けた。そして,大きな入り口のような所に急いだ。ノックすると扉が開き,そこに預言者ジョセフ・スミスが立っていた。彼は少しとがめるような目でわたしを見,口を開くとこう言った。『ジョセフ,遅かったね。』しかし,わたしは自信をもって〔答えた〕。

『はい,でもわたしは清く,汚れがありません。』

彼はわたしの手をつかむと中に引き入れ,大きな扉を閉じた。彼の手はこの世の人の手と同じように,実感することができた。わたしは預言者ジョセフ・スミスを以前に知っていた。そして部屋の奥へ進んで行くと,わたしの父や,ブリガム〔・ング〕,ヒーバー〔・C・キンボール〕,ウィラード〔・リチャーズ〕,そのほかわたしの知っている立派な人たちが並んで立っていた。見るとそこにこの盆地ほどもあるような広い空間が見えた。そして,その空間には大群衆が集っているように見えた。だが壇上にいる人たちはすべてわたしの知っている人たちだった。母もそこにいて,ひざに幼おさな子ごを抱いていた。そこに座っていた人たちは選ばれて昇栄した人たちのようだった。わたしは思い出せるかぎりその人たちの名前を挙げることができる。……

〔この夢を見たとき,〕わたしは遠いハワイの山中でただ一人,敷き物の上で眠っていた。そばには,だれ一人いなかった。この示現の中でわたしは預言者に手を触れ,彼のほほえむのを見た。……

その朝,わたしは目を覚ますと,年齢的には〔まだ〕一介の子供にすぎなかったが,一人前の大人になっていた。〔その示現の後〕世の中に恐れるものはなくなっていた。自分があらゆる点で大人であるという自信をもって,あらゆる男女,子供とまともに顔を合わせられるようになっていた。そのときに享受した示現と現れ,証あかしがわたしを現在のわたしにしてくれた。わたしが少しでも善良で,主の前に清く,義にかなっているとしたら,わたしにどこか良いところがあるとしたら,その示現を契機にわたしはそのような者となったのである。その経験は,あらゆる試練と困難に遭遇したときにわたしの支えとなった。」(Gospel Doctrine,第5版〔1939年〕,542-543)

この意味深い夢の話の最も大切な点は,ジョセフ・スミスが若きジョセフ・Fをいさめた場面にあります。預言者は「ジョセフ,遅かったね」と告げました。

この言葉に対するジョセフ・Fの答えはこうでした。「はい,でもわたしは清く,汚れがありません。」

この夢の結果,一人の子供が大人へと成長しました。ジョセフ・F・スミスは「わたしは清く,汚れがありません」と断言できたがために,どんな人にもどんな状況にも対応できる自信と勇気を得ました。彼は,預言者ジョセフから認められたことで,ますます汚れのない良心を持つようになり,そのような良心からもたらされる力を得たのです。

この預言者の夢の話には,今晩この場に集っている大勢の男性の皆さんにも,年齢を問わず,学べるところがあります。次のような古いことわざがあります。「清さは信心に次ぐ。」

預言者イザヤは言いました。

「あなたがたは身を洗って,清くなり,わたしの目の前からあなたがたの悪い行いを除き,悪を行うことをやめ,

善を行うことをなら〔え。〕

主は言われる,さあ,われわれは互たがいに論じよう。たといあなたがたの罪は緋ひのようであっても,雪のように白くなるのだ。紅のように赤くても,羊の毛のようになるのだ。」イザヤ1:16-18

近代の啓示で主はこう語っておられます。「主の器を担う者たちよ,清くありなさい。」((教義と聖約133:5

汚れにふける世の中にあって,言葉遣いの面でも,思いの面でも,肉体の面でも,服装の面でも清くあってください。

皆さん一人一人に申し上げます。言葉遣いの面で清くあってください。今こん日にち,あまりにも汚れたくだらない言葉遣いがはびこっています。清い言葉で自分を表現できないのは,皆さんの語ご彙いが極端に貧困だということを表しています。エホバが石版に書かれた御み言こと葉ばは,イスラエルの子らに向けて発せられたのです。「あなたは,あなたの神,主の名を,みだりに唱えてはならない。主は,み名をみだりに唱えるものを,罰しないでは置かないであろう。」出エジプト20:7).

主は,現代の啓示の中でもその戒めを強調しておられます。「上から来るものは神聖であり,それについては注意して,御み霊たまの促しによって語るようにしなければならないことを覚えておきなさい。」教義と聖約63:64

思いの面でも清くあってください。主はこう言っておられます。「すべてのことがわたしの前に清く行われるようにしなさい。」(教義と聖約42:41

心が汚れていれば,汚れた不敬な言葉を自然と使うようになります。しかし,心が清ければ,言葉遣いの面では肯定的で心を高める言葉を用いるようになり,行動面でも幸せな気持ちになれるような行いをするようになります。

肉体や服装,態度の面でも清くあってください。体に入れ墨を彫らないでください。そのようなことをすれば,いつか後悔することでしょう。苦痛を伴い費用のかかる処置を講じなければ入れ墨を消すことはできません。

清潔で,こざっぱりとして,きちんとした服装を心がけてください。服装がだらしないと態度もだらしなくなります。わたしは皆さんが上等な服を着ているかどうかについてはあまり関心がありません。しかし,それらがこざっぱりとして清潔かどうかということに対しては,大いに関心を寄せています。ジョセフ・F・スミスの夢を思い出してください。あの邸宅に向かって急いでいるときに,ハンカチにくるんだ小さな包みを持っていました。入浴を済ませて包みを開けると,そこには清潔な衣服が入っていたのです。皆さんが聖餐を祝福したりパスしたりするときには,最善の服装をしてください。自分が清く,そして汚れていないことを,いつも確認してください。

愛する兄弟の皆さん,話すことはまだいくらでもあります。インターネット上で起きている問題,また思いと行いの堕落につながるコンピューターの使用に関して起きている問題について,皆さんに話すこともできます。しかし,そのような害悪は神の神権を持つ皆さんにはまったく似つかわしくないと言えば十分でしょう。皆さんは主から選ばれた僕しもべです。皆さんは神聖で驚嘆すべき職に聖任されているのです。皆さんはこの世にあっても,この世のものとなってはなりません。この世のすべてを超越しなければならないのです。

愛する兄弟の皆さん,主が皆さんを祝福されますように。若い男性の皆さんに申し上げます。どうぞさらに続けて教育を受けてください。結婚すると,家族を養うのは皆さんの義務となります。皆さんの前途は好機で満ちあふれています。そして,教育はチャンスの扉を開いてくれる鍵かぎです。その扉は皆さんにとって,若き日のジョセフ・F・スミスがハワイの山中で眠っていたときに見た夢に登場する大邸宅の扉と同じです。

愛する兄弟の皆さんに神の祝福がありますように。祈りを通して主と言葉を交わしてください。主との交流を深めてください。主は全能者であり,皆さんを引き上げ,助ける力を持っておられます。そうなりますように,イエス・キリストの御み名なによってお祈りします。アーメン。