モーセ書 7
    脚注

    第​7​章

    (千八百三十​ねん​十二がつ

    エノク​は​おしえ、たみ​を​みちびき、山々やまやま​を​うごかす。シオン​の​まち​が​せつりつ​される。エノク、ひと​の​​の​らいりん​と​その​あがない​の​せい​と​せい​たち​の​ふっかつ​を​先見せんけん​する。また、回復かいふく​と​しゅうごう​と​再臨さいりん​と​シオン​の​かん​も​先見せんけん​する。

    1 ​また、エノク​は​その​はなし​を​つづけて​った。「まことに、わたしたち​の​せん​アダム​は​これら​の​こと​を​おしえ​ました。すると、おおく​の​もの​は​しんじて​かみ​の​​と​なり​ました​が、しんじないで​つみ​の​なか​に​ほろびた​もの​も​おおぜい​いました。かれら​は​いまくるしみ​の​なか​で​おそれ​ながら、​の​よう​な​かみ​の​はげしい​いかり​が​ぶん​たち​に​そそがれる​の​を​って​います。」

    2 ​その​とき​から、エノク​は​げん​し​はじめて、たみ​に​った。「わたし​が​たび​の​ちゅう​に、マフヤ​と​いう​ところ​に​って​しゅ​に​さけび​もとめる​と、てん​から、『あなた​は​かえして、シメオン​の​やま​に​のぼり​なさい』​と​いう​こえ​が​あり​ました。

    3 ​そこで、わたし​は​かえして、その​やま​に​のぼり​ました。そして、その​やま​に​つ​と、わたし​は​てん​が​ひらく​の​を​て、えいこう​に​つつまれ​ました。

    4 ​わたし​は​しゅ​に​まみえ​ました。しゅ​は​わたし​の​まえ​に​ち、かお​と​かお​を​わせて、ひと​が​たがいに​かたう​よう​に​わたし​と​かたられ​ました。そして、しゅ​は​わたし​に​われ​ました。『​なさい。そう​すれ​ば、わたし​は​あなた​に​この​を​おおく​の​だい​に​わたって​せよう。』

    5 ​それから、わたし​は​シュム​の​たに​に、まことに​てんまく​に​む​おおく​の​ひと​を​​ました。それ​は​シュム​の​たみ​でした。

    6 しゅ​は​ふたたび​わたし​に、『​なさい』​と​われ​ました。そこで、わたし​が​きた​の​ほう​を​ながめる​と、てんまく​に​む​カナン​の​たみ​が​え​ました。

    7 しゅ​は​わたし​に、『げん​しなさい』​と​われ​ました。そこで、わたし​は​げん​して​い​ました。『よ、おおぜい​の​カナン​の​たみ​が​シュム​の​たみ​に​たいして​じんて​を​して​て​き、かれら​を​ころして、ことごとく​ほろぼす​で​あろう。そして、カナン​の​たみ​は​その​​で​かれて、その​​は​​を​むすばない​もう​の​ところ​と​なり、カナン​の​たみ​の​ほか​に​いかなる​たみ​も​そこ​に​む​こと​は​ない。

    8 よ、しゅ​は​ひどい​あつさ​を​もって​その​​を​のろわれ、その​もう​は​とこしえ​に​つづく​で​あろう。』​そして、カナン​の​すべて​の​ら​の​うえ​に​あんこく​が​およんだ​ので、かれら​は​すべて​の​たみ​の​なか​で​さげすまれ​ました。

    9 ​また、しゅ​は​わたし​に、『​なさい』​と​われ​ました。そこで、わたし​が​ながめる​と、シャロン​の​​と、エノク​の​​と、オムナー​の​​と、ヘニ​の​​と、セム​の​​と、ハネル​の​​と、ハナニハ​の​​と、その​すべて​の​じゅうみん​が​え​ました。

    10 ​すると、しゅ​は​わたし​に​われ​ました。『この​たみ​の​ところ​へ​って、「あらためよ」と​い​なさい。わたし​が​て​って、のろい​を​もって​かれら​を​ち、かれら​が​ぬ​こと​の​ない​ため​で​ある。』

    11 ​そして​しゅ​は、御父おんちち​と、めぐみ​と​しん​に​ちて​おられる​おん​と、御父おんちち​と​おん​の​こと​を​あかし​される​聖霊せいれい​と​の​​に​よって​バプテスマ​を​ほどこす​よう​に​と​の​いましめ​を​わたし​に​あたえられ​ました。」

    12 ​それから​エノク​は、カナン​の​たみ​を​のぞく​すべて​の​たみに、あらためる​よう​に​びかけ​つづけた。

    13 ​エノク​の​しんこう​は​じょう​に​ふかかった​ので、かれ​は​かみ​の​たみ​を​みちびいた​が、てき​が​かれら​と​たたかおう​と​して​めて​た。そこで、かれ​が​しゅ​の​こと​を​かたる​と、まことに​かれ​の​めい​に​したがって、​は​れ​うごき、山々やまやま​は​げ​った。みず​の​ながれる​かわ​は​その​ながれ​を​え、ライオン​の​ほえる​こえ​が​​から​こえた。そして、すべて​の​民族みんぞく​が​おおいに​おそれた。それほど​エノク​の​こと​は​ちからづよく、また、それほど​かみ​が​かれ​に​あたえられた​こと​の​ちから​は​おおいなる​もの​で​あった。

    14 ​また、う み​の​ふかみ​から​一つ​の​りく​が​てきた。かみ​の​たみ​の​てき​は​おおいに​おそれた​ので、のがれて​とおく​はなれて​ち、う み​の​ふかみ​から​てきた​りく​に​がった。

    15 ​その​​の​巨人きょじん​たち​も​とおく​はなれて​った。そして、かみ​に​さからって​たたかった​すべて​の​たみ​に​のろい​が​くだった。

    16 ​その​とき​から、かれら​の​なか​に​せんそう​と​りゅうけつ​が​あった。しかし、しゅ​は​て、しゅ​の​たみ​と​ともに​まわれた。そして、かれら​は​​の​うち​に​んだ。

    17 しゅ​へ​の​おそれ​が​すべて​の​民族みんぞく​に​あった。それほど​しゅ​の​たみ​の​うえ​に​ある​しゅ​の​えいこう​は​おおいなる​もの​で​あった。しゅ​は​その​​を​しゅくふく​され、かれら​は​山々やまやま​の​うえ​と​たかい​ところ​で​しゅくふく​されて、まことに​さかえた。

    18 しゅ​は​その​たみ​を​シオン​と​ばれた。かれら​が​こころ​を​一つ​に​し、おもい​を​一つ​に​し、​の​うち​に​んだ​から​で​ある。そして、かれら​の​なか​に​まずしい​もの​は​いなかった。

    19 ​エノク​は、​を​もって​かみ​の​たみ​に​おしえ​を​き​つづけた。そして、その​生涯しょうがい​に、かれ​は​一つ​の​まち​を​て、それ​は​せい​なる​みやこ、すなわち​シオン​と​ばれた。

    20 ​さて、エノク​は​しゅ​と​ともに​かたり、しゅ​に​った。「かならずや、シオン​は​とこしえ​に​平穏へいおん​に​む​こと​でしょう。」しかし、しゅ​は​エノク​に​われた。「わたし​は​シオン​を​しゅくふく​した​が、たみ​の​のこり​の​もの​を​のろった。」

    21 ​さて、しゅ​は​エノク​に、​に​む​すべて​の​もの​を​せられた。かれ​は​まことに、とき​が​たって​シオン​が​てん​に​げられる​の​を​た。また、しゅ​は​エノク​に、「とこしえ​に​わたし​の​まい​を​​なさい」と​われた。

    22 ​エノク​は​また、アダム​の​ら​で​ある​たみ​の​のこり​の​もの​も​た。かれら​は、カイン​の​そん​を​のぞく​アダム​の​すべて​の​そん​の​じり​った​もの​で​あった。カイン​の​そん​は​はだ​が​くろく、かれら​の​なか​に​いる​べき​しょ​が​なかった​から​で​ある。

    23 ​その​シオン​が​てん​に​げられた​のち、エノク​は、まことに、​の​すべて​の​民族みんぞく​が​かれ​の​まえ​に​ある​の​を​た。

    24 ​そして、なんだい​か​が​ぎ、エノク​は​たかく​げられ、まことに、御父おんちち​と​ひと​の​​の​ふところ​に​いた。そして、よ、サタン​の​ちから​が​​の​全面ぜんめん​に​あった。

    25 ​また、かれ​は​てん使​たち​が​てん​から​くだる​の​を​た。そして、かれ​は​おおきな​こえ​が、「わざわい​で​ある。​に​む​もの​は​わざわい​で​ある」と​げる​の​を​いた。

    26 ​また、かれ​は​サタン​を​た。サタン​は​その​​に​おおきな​くさり​を​ち、それ​は​​の​全面ぜんめん​を​やみ​で​おおった。サタン​は​げて​わらい、その​使つかい​ども​は​よろこんだ。

    27 ​エノク​は​また、てん使​たち​が​てん​から​くだって、御父おんちち​と​おん​の​こと​を​あかし​する​の​を​た。聖霊せいれい​が​おおく​の​もの​に​くだられ、かれら​は​てん​の​ちから​に​よって​シオン​に​れ​られた。

    28 ​すると、てん​の​かみ​が​たみ​の​のこり​の​もの​を​て​かれた。エノク​は​その​こと​を​あかし​して​った。「どうして​てん​が​き、あめ​が​山々やまやま​に​そそぐ​よう​に​その​なみだ​を​ながす​の​です​か。」

    29 ​また、エノク​は​しゅ​に​った。「あなた​は、永遠えいえん​から​永遠えいえん​に​わたって​せい​なる​かた​で​ある​の​に、どうして​く​こと​が​お​でき​に​なる​の​です​か。

    30 ひと​が​​の​りゅう、まことに​この​きゅう​の​よう​な​いく百万ひゃくまん​の​きゅう​を​かぞえる​こと​が​できた​と​して​も、それ​は​あなた​が​そうぞう​された​もの​の​かず​の​はじめ​に​も​いたり​ません。あなた​の​とばり​は​いま​なお​ひろがって​います。それでも、あなた​は​そこ​に​おられ、あなた​の​ふところ​は​そこ​に​あり​ます。また、あなた​は​こうせい​な​かた​です。とこしえ​に​あわれみ​ぶかく、おもいやり​の​ふかい​かた​です。

    31 ​あなた​は​ぶん​が​そうぞう​された​すべて​の​もの​の​なか​から、永遠えいえん​から​永遠えいえん​に​わたって、シオン​を​ぶん​の​ふところ​に​られ​ました。あなた​の​​の​ある​ところ​に​は、ただ​平安へいあん​と​こうせい​と​しん​だけ​が​あり​ます。あわれみ​は​あなた​の​まえ​を​すすみ、わり​が​あり​ません。どうして​あなた​は​く​こと​が​お​でき​に​なる​の​です​か。」

    32 しゅ​は​エノク​に​われた。「これら​あなた​の​きょうだい​たち​を​​なさい。かれら​は​わたし​しん​の​​で​つくられた​もの​で​ある。わたし​は​かれら​を​そうぞう​した​​に、かれら​に​しき​を​あたえた。また、エデン​の​その​で​ひと​に​選択せんたく​の​ゆう​を​あたえた。

    33 ​わたし​は​あなた​の​きょうだい​たち​に​かたって、たがいに​あいし​う​よう​に、また​ちち​で​ある​わたし​を​えらぶ​よう​に​と​いう​いましめ​も​あたえた。ところが​よ、かれら​は​あいじょう​が​なく、ぶん​の​けつぞく​を​にくんで​いる。

    34 ​わたし​の​いきどおり​の​​は​かれら​に​かって​えて​いる。わたし​は​はげしい​いきどおり​を​もって、かれら​に​洪水こうずい​を​おくろう。わたし​の​はげしい​いかり​が​かれら​に​かって​えて​いる​から​で​ある。

    35 よ、わたし​は​かみ​で​ある。せい​なる​ひと​と​は​わたし​の​​で​ある。けんりょ​の​ひと​と​は​わたし​の​​で​あり、きゅう​も​永遠えいえん​も​わたし​の​​で​ある。

    36 ​それゆえ、わたし​は​​を​ばして、わたし​が​つくった​すべて​の​そうぞうぶつ​を​​に​る​こと​が​できる。また、わたし​の​​は​それら​を​つらぬく​こと​も​できる​が、わたし​の​​で​つくられた​すべて​の​もの​の​なか​で、あなた​の​きょうだい​たち​の​なか​に​ある​よう​な​おおきな​あく​の​あった​こと​は​ない。

    37 ​しかし​よ、かれら​の​つみ​は​その​せん​の​こうべ​に​ある。サタン​が​かれら​の​ちち​と​なり、かれら​の​すえ​は​さん​な​もの​と​なる。そして、すべて​の​てん​が、まことに​わたし​の​​で​つくられた​すべて​の​もの​が、かれら​の​ため​に​く​で​あろう。それゆえ、これら​が​くるしむ​の​を​て、どうして​てん​が​かない​と​いう​こと​が​あろう​か。

    38 ​しかし​よ、あなた​が​その​​で​て​いる​これら​の​もの​は、洪水こうずい​の​なか​で​ほろびる​で​あろう。よ、わたし​は​かれら​を​す。わたし​は​かれら​の​ため​に​ごく​を​よう​して​いる。

    39 ​また、わたし​の​えらんだ​もの​が​わたし​の​まえ​で​嘆願たんがん​した。それゆえ、かれ​は​かれら​の​つみ​の​ため​に​くるしみ​を​ける。わたし​の​えらんだ​もの​が​わたし​の​もと​に​かえる​​に​かれら​が​あらためる​なら​ば、その​​まで、かれら​は​くるしみ​の​なか​に​いる​で​あろう。

    40 ​この​ゆえ​に、てん​と、わたし​の​​で​つくられた​すべて​の​もの​は​く​の​で​ある。」

    41 ​そして、しゅ​は​エノク​に​かたり、ひと​の​ら​の​すべて​の​おこない​を​エノク​に​げられた。そこで​エノク​は​それ​を​り、かれら​の​あく​と​みじめ​な​じょうたい​を​て​き、その​りょううで​を​べた。すると、かれ​の​こころ​は​永遠えいえん​の​よう​に​ふくれ​ひろがり、その​むね​は​かなしみ​に​たれた。そして、永遠えいえん​なる​もの​すべて​が​れ​うごいた。

    42 ​エノク​は​また、ノア​と​その​ぞく​を​た。ノア​の​すべて​の​むす​たち​の​そん​が​げん​の​すくい​を​る​の​を、かれ​は​た。

    43 ​エノク​は​ノア​が​箱船はこぶね​を​つくる​の​を​た。また、しゅ​が​それ​を​て​ほほえみ、​の​なか​に​それ​を​たもたれる​の​を、エノク​は​た。しかし、あくにん​の​のこり​の​もの​に​は​洪水こうずい​が​せ、かれら​を​のみ​んで​しまった。

    44 ​エノク​は​これ​を​る​と、こころ​に​くるしみ​を​おぼえ、その​きょうだい​たち​の​ため​に​いて、てん​に​かって、「わたし​は​なぐさめられる​の​を​こばみ​ます」と​った。しかし、しゅ​は​エノク​に​われた。「こころ​を​たかめて​よろこび、そして​​なさい。」

    45 ​そして、エノク​は​た。すると、ノア​から​はじまり、​の​すべて​の​ぞく​が​えた。そこで、かれ​は​しゅ​に​さけんで​った。「いつ​しゅ​の​​が​る​の​でしょう​か。いつ​​なる​かた​の​​が​ながされて、なげき​かなしむ​すべて​の​もの​が​きよめられ、永遠えいえん​の​いのち​を​けられる​よう​に​なる​の​でしょう​か。」

    46 しゅ​は​われた。「それ​は​とき​の​ちゅうかんあく​と​ほうふく​の​だい​で​ある。」

    47 よ、エノク​は、ひと​の​​が​まことに​にくたい​を​って​られる​​を​た。そして、かれ​は​こころ​から​よろこんで​った。「​なる​かた​が​げられる。ひつじ​は​​の​はじめ​から​ほふられて​いる。しんこう​に​よって、わたし​は​御父おんちち​の​ふところ​に​おり、まことに、シオン​は​わたし​と​ともに​ある。」

    48 ​それから、エノク​は​​を​た。すると、​の​なか​から​こえ​が​こえた。「わざわい​だ。人々ひとびと​の​はは​で​ある​わたし​は、わざわい​だ。わたし​の​ども​たち​の​あく​の​ゆえ​に、わたし​は​くるしみ、つかれて​いる。わたし​は​いつ​あんそく​を​て、わたし​より​た​けがれ​から​きよめられる​の​か。わたし​の​そうぞうぬし​は​いつ​わたし​を​きよめて​くださり、わたし​が​あんそく​を​て、​が​しばらく​の​あいだ​わたし​の​おもて​に​ある​よう​に​して​くださる​の​か。」

    49 ​エノク​は​​が​なげき​かなしむ​の​を​いた​とき、いて、しゅ​に​さけんで​った。「おお、しゅ​よ、あなた​は​​に​あわれみ​を​かけられない​の​です​か。あなた​は​ノア​の​そん​を​しゅくふく​なさらない​の​です​か。」

    50 ​エノク​は​しゅ​に​さけび​つづけて​った。「おお、しゅ​よ、​が​​と​洪水こうずい​で​おおわれる​こと​の​ない​よう​に、ノア​と​その​そん​を​あわれんで​くださる​よう、わたし​は​あなた​の​ひと、すなわち​イエス・​キリスト​の​​に​よって​ねがい​もとめ​ます。」

    51 ​そこで、しゅ​は​それ​に​おうじない​で​は​いられなかった。そして、しゅ​は​エノク​に​せいやく​し、洪水こうずい​を​とどめる​こと​と、ノア​の​そん​に​びかける​こと​を​かれ​に​ちかって​やくそく​された。

    52 ​そして、しゅ​は、だい​の​ある​かぎり、かれ​の​そん​の​のこり​の​もの​が​いつでも​すべて​の​民族みんぞく​の​なか​に​いだされる​と​いう​へん​の​さだめ​を​された。

    53 ​そして、しゅ​は​われた。「そん​から​メシヤ​が​る​もの​は、さいわい​で​ある。かれ​は、『わたし​は​メシヤ​で​あり、シオン​の​おう​で​あり、永遠えいえん​の​よう​に​ひろい​てん​の​いわ​で​ある。だれでも​もん​を​はいり、わたし​に​よって​のぼる​もの​は、けっして​ちる​こと​が​ない。それゆえ、わたし​が​かたった​もの​たち​は、さいわい​で​ある。かれら​は​永遠えいえん​の​よろこび​の​うた​を​うたい​ながら​る​から​で​ある』​と​う。」

    54 ​さらに、エノク​は​しゅ​に​さけんで​った。「ひと​の​​が​にくたい​を​って​られる​とき、​は​あんそく​を​る​の​でしょう​か。どうか、これら​の​こと​を​わたし​に​お​しめし​ください。」

    55 ​すると、しゅ​は​エノク​に、「​なさい」と​われた。そこで、かれ​が​ながめる​と、ひと​の​ならわし​に​したがって​ひと​の​​が​じゅう​に​げられる​の​が​えた。

    56 ​また、かれ​は​おおきな​こえ​を​いた。てん​が​おおわれ、かみ​が​そうぞう​された​すべて​の​もの​が​なげき​かなしみ、​が​うめき、もろもろ​の​いわ​が​けた。また、せい​たち​が​よみがえって、ひと​の​​の​みぎ​に​おいて​えいこう​の​かんむり​を​けた。

    57 ごく​に​いた​れい​たち​の​おおく​が​て​て、かみ​の​みぎ​に​った。そして、のこり​の​もの​は、おおいなる​​の​さばき​まで​くらやみ​の​くさり​に​つながれて​いた。

    58 ​そこで​ふたたび、エノク​は​き、しゅ​に​さけんで​った。「​は​いつ​あんそく​を​る​の​でしょう​か。」

    59 ​すると​エノク​は、ひと​の​​が​御父おんちち​の​もと​に​のぼって​かれる​の​を​た。そこで、かれ​は​しゅ​に​びかけて​った。「あなた​は​ふたたび​じょう​に​られない​の​でしょう​か。あなた​は​かみ​で​あられ、わたし​は​あなた​を​って​おり、あなた​は​わたし​に​ちかい​を​なし、あなた​の​ひと​の​​に​よって​たずねる​よう​に​わたし​に​めいじられ​ました。あなた​は​わたし​を​つくり、あなた​の​​に​いたる​けん​を、わたし​しん​に​よらず、あなた​しん​の​めぐみ​に​よって​わたし​に​あたえて​ください​ました。それで​わたし​は、あなた​が​ふたたび​じょう​に​られる​か​どう​か​お​たずね​する​の​です。」

    60 ​すると、しゅ​は​エノク​に​われた。「わたし​が​きて​いる​よう​に​たしか​に、わたし​は​わり​の​とき​に、すなわち​あく​と​ほうふく​の​だい​に​て、わたし​が​ノア​の​そん​に​かんして​あなた​に​てた​ちかい​を​たそう。

    61 ​が​あんそく​を​る​​が​る。しかし、その​​の​まえ​に、てん​は​くらく​なり、あんこく​の​まく​が​​を​おおう​で​あろう。てん​が​ふるえ、​も​ふるえる​で​あろう。そして、ひどい​艱難かんなん​が​ひと​の​ら​の​なか​に​ある​が、わたし​は​ぶん​の​たみ​を​まもろう。

    62 ​また、わたし​は​てん​から​​を​くだそう。また、​から​しん​を​して、わたし​の​ひと​と、しゃ​の​なか​から​の​ひと​の​ふっかつ​と、また​すべて​の​ひと​の​ふっかつ​に​ついて​あかし​しよう。そして、わたし​は​​と​しん​が​洪水こうずい​の​ごとく​に​​を​たす​よう​に​し、わたし​が​そなえる​しょ、すなわち​せい​なる​みやこ​に​​の​ほう​から​わたし​の​選民せんみん​を​あつめよう。それ​は、わたし​の​たみ​が​その​こし​に​おび​を​め、わたし​の​らいりん​の​とき​を​のぞめる​よう​に​する​ため​で​ある。わたし​の​まく​は​そこ​に​あり、そこ​は​シオン、すなわち​しん​エルサレム​と​ばれる​で​あろう。」

    63 ​また、しゅ​は​エノク​に​われた。「その​とき、あなた​と​あなた​の​まち​の​すべて​の​もの​は​そこ​で​かれら​に​い、わたしたち​は​かれら​を​ふところ​に​むかえ​れ、かれら​は​わたしたち​を​る​で​あろう。そして、わたしたち​は​かれら​の​くび​を​き、かれら​は​わたしたち​の​くび​を​いて、わたしたち​は​たがいに​くちづけ​する​で​あろう。

    64 ​わたし​の​まい​は​そこ​に​ある。それ​は、わたし​が​つくった​すべて​の​そうぞうぶつ​の​なか​から​て​る​シオン​で​ある。そして、ねん​の​あいだ​は​あんそく​を​る​で​あろう。」

    65 ​それから​エノク​は、ひと​の​​が​千​ねん​の​あいだじょう​で​​の​うち​に​む​ため​に、わり​の​とき​に​られる​​を​た。

    66 ​しかし、その​​の​まえ​に​ひどい​艱難かんなん​が​あくにん​の​なか​に​ある​の​を、かれ​は​た。かれ​は​また​う み​も​た​が、それ​は​れて​いた。そして、人々ひとびと​は​ち​して、あくにん​に​くだる​ぜんのう​の​かみ​の​さばき​を​おそれ​ながら​って​いた。

    67 しゅ​は​エノク​に、まことに​​の​わり​に​いたる​まで​すべて​の​こと​を​しめされた。そして、かれ​は​じん​の​かれら​の​あがない​の​とき​を​て、よろこび​に​たされた。

    68 ​エノク​の​生涯しょうがい​に​おける​シオン​の​だい​は、わせて​三百六十五​ねん​で​あった。

    69 ​エノク​と​その​すべて​の​たみ​は​かみ​と​ともに​あゆみ、かれ​は​シオン​の​なか​に​んだ。それから、シオン​は​なくなった。かみ​が​しん​の​ふところ​に​それ​を​むかえ​れられた​から​で​ある。その​こと​から、「シオン​は​えうせた」と​いう​こと​が​ひろまった。