モーセ書 3
    脚注
    Theme

    第​3​章

    (千八百三十​ねん​六がつ―十がつ

    すべて​の​もの​が​じょう​に​ぜん​に​そんざい​する​に​さきって、かみ​は​それら​を​霊的れいてき​に​そうぞう​された。かみ​は​さいしょ​の​にく​なる​もの​で​ある​ひと​を​じょう​で​そうぞう​された。おんな​は​おとこ​の​ふさわしい​たすけ​​で​ある。

    1 「こう​して​てん​と​​と、その​万象ばんしょう​が​完成かんせい​した。

    2 かみ​で​ある​わたし​は、だい七​にち​に​わたし​の​わざ​を​えた。すべて​の​もの​を、わたし​は​つくり​えて​いた。そして、わたし​は​だい七​にち​に​わたし​の​すべて​の​わざ​を​はなれて​やすんだ。わたし​が​つくった​すべて​の​もの​は​げられた。かみ​で​ある​わたし​は​て、それら​を​し​と​した。

    3 かみ​で​ある​わたし​は​だい七​にち​を​しゅくふく​して、これ​を​聖別せいべつ​した。わたし​は​この​​に、かみ​で​ある​わたし​が​そうぞう​し、つくった、すべて​の​わたし​の​わざ​を​はなれて​やすんだ​から​で​ある。

    4 ​さて​よ、わたし​は​あなた​に​う。これ​が​てんそうぞう​の​らい​で​ある。しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​が​てん​と​​を​つくった​とき、

    5 ​に​は​まだ​の​植物しょくぶつ​も​なく、また​​の​くさ​も​えて​いなかった。しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、わたし​が​かたった​すべて​の​もの​を、それら​が​​の​おもて​に​ぜん​に​そんざい​する​に​さきって​霊的れいてき​に​そうぞう​した。しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、​の​おもて​に​まだ​あめ​を​らせて​いなかった​から​で​ある。しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、ひと​の​ら​を​すべて​そうぞう​して​いた​が、まだ​つち​を​たがやす​ひと​は​いなかった。わたし​は​かれら​を​てん​で​そうぞう​した​の​で​ある。そして、じょう​に​も、みず​の​なか​に​も、そら​に​も、まだ​にく​なる​もの​は​いなかった。

    6 ​しかし、しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​が​かたる​と、きり​が​​から​のぼって、つち​の​全面ぜんめん​を​うるおした。

    7 しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、つち​の​ちり​で​ひと​を​かたちづくり、いのち​の​いき​を​その​はな​に​き​れた。そこで​ひと​は​ける​もの、じょう​に​おける​さいしょ​の​にく​なる​もの、また​さいしょ​の​ひと​と​なった。しかしながら、すべて​の​もの​は​ぜん​に​そうぞう​された​が、それ​は、わたし​の​こと​に​したがって​霊的れいてき​に​そうぞう​され、つくられた​の​で​ある。

    8 しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、ひがし​の​かたエデン​に​一つ​の​その​を​もうけて、わたし​が​かたちづくった​ひと​を​そこ​に​いた。

    9 ​また、しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、ひと​の​​に​うつくしい​すべて​の​​を​ぜん​に​つち​から​え​させた。そして、ひと​は​それ​を​る​こと​が​できた。それ​も​また​ける​もの​と​なった。わたし​が​それ​を​そうぞう​した​とき、それ​は​れい​の​もの​で​あった。それ​は​かみ​で​ある​わたし​が​そうぞう​した​その​領域りょういき​に、すなわち、わたし​が​ひと​の​もちいる​よう​に​そなえた​すべて​の​もの​は​わたし​が​そうぞう​した​その​領域りょういき​に​その​まま​あった​の​で​ある。また、ひと​は​それ​が​べる​に​い​の​も​た。また、しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、その​の​ちゅうおう​に​いのち​の​​と​善悪ぜんあく​を​る​​を​えた。

    10 しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、一つ​の​かわ​が​エデン​から​ながれ​て​その​を​うるおす​よう​に​した。そして、それ​は​そこ​から​かれて、四つ​の​かわ​と​なった。

    11 しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、だい一​の​かわ​の​​を​ピソン​と​んだ。これ​は、しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​が​おおく​の​きん​を​つくった​ハビラ​の​ぜん​を​めぐる​もの​で​ある。

    12 ​その​​の​きん​は​く、また​そこ​は​ブドラク​と、しま​めのう​も​さんした。

    13 だい二​の​かわ​の​​は​ギホン​と​ばれ、これ​は​エチオピヤ​の​ぜん​を​めぐる​もの​で​ある。

    14 だい三​の​かわ​の​​は​ヒデケル​で​あって、アッスリヤ​の​ひがし​に​ながれる​もの​で​ある。だい四​の​かわ​は​ユフラテ​で​あった。

    15 しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、ひと​を​れてって​エデン​の​その​に​き、これ​を​たがやさせ、これ​を​まもらせた。

    16 しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、その​ひと​に​めいじて​った。『あなた​は​その​の​どの​​から​で​も​こころ​の​まま​に​って​べて​よろしい。

    17 ​しかし、善悪ぜんあく​を​る​​から​は​って​べて​は​ならない。それでも、あなた​は​ぶん​で​えらぶ​こと​が​できる。それ​は​あなた​に​まかされて​いる​から​で​ある。しかし、わたし​が​それ​を​きんじた​こと​を​おぼえて​おき​なさい。あなた​は​それ​を​べる​​に、かならず​ぬ​から​で​ある。』

    18 ​また、しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、ひと​が​ひとり​で​いる​の​は​くない​こと​を​わたし​の​ひと​に​った。『それゆえ、かれ​の​ため​に​ふさわしい​たすけ​​を​つくろう。』

    19 ​また、しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、​の​すべて​の​けもの​と、そら​の​すべて​の​とり​を​つち​で​かたちづくり、アダム​の​ところ​へ​る​こと​を​めいじ、かれ​が​それら​を​どう​ぶ​か​を​た。それら​も​ける​もの​で​あった。かみ​で​ある​わたし​が、いのち​の​いき​を​それら​に​き​れた​から​で​ある。そして、アダム​が​すべて​もの​に​あたえる​​は​その​​に​なる​と、わたし​は​めいじた​の​で​ある。

    20 ​それで​アダム​は、すべて​の​ちく​と、そら​の​とり​と、​の​すべて​の​けもの​に​​を​けた​が、アダム​に​は​ふさわしい​たすけ​​が​つからなかった。

    21 ​そこで、しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、アダム​を​ふかく​ねむらせた。そして、かれ​が​ねむる​と、わたし​は​かれ​の​あばらぼね​の​一つ​を​って、その​ところ​を​にく​で​ふさいだ。

    22 しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、ひと​から​った​あばらぼね​で​ひと​の​おんな​を​つくり、ひと​の​ところ​へ​れてた。

    23 ​すると、アダム​は​った。『わたし​は​いまや、これ​こそ、わたし​の​ほね​の​ほね、わたし​の​にく​の​にく​で​ある​こと​を​る。おとこ​から​った​もの​だから、これ​を​おんな​と​ぼう。』

    24 ​それで、ひと​は​その​ちち​と​はは​を​はなれて、つま​と​むすび​い、ふた​は​一体いったい​と​なる​の​で​ある。

    25 ひと​と​その​つま​は、ふた​とも​はだか​で​あった​が、ずかしい​と​は​おもわなかった。」