モーセ書 2
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​2​章

(千八百三十​ねん​六がつ―十がつ

かみ​は​てん​と​​を​そうぞう​される。すべて​の​もの​が​そうぞう​される。かみ​は​ひと​を​つくり、ほか​の​すべて​の​もの​を​おさめ​させられる。

1 ​さて、しゅ​は​モーセ​に​かたって​われた。「よ、わたし​は​この​てん​と​この​​に​ついて​あなた​に​しめす。わたし​が​かたる​こと​を​しるし​なさい。わたし​は​はじめ​で​あり​わり​で​あり、ぜんのう​の​かみ​で​ある。わたし​の​ひと​に​よって、わたし​は​これら​の​もの​を​そうぞう​した。まことに​はじめ​に、わたし​は​てん​と​あなた​が​って​いる​​と​を​そうぞう​した。

2 ​は​かたち​なく、むなしかった。わたし​は​ふかい​ふち​の​おもて​に​やみ​を​きたらせ、わたし​の​たま​が​みず​の​おもて​を​うごいて​いた。わたし​は​かみ​で​ある。

3 かみ​で​ある​わたし​は、『ひかり​あれ』​と​った。すると、ひかり​が​あった。

4 かみ​で​ある​わたし​が​ひかり​を​る​と、その​ひかり​は​かった。かみ​で​ある​わたし​は​ひかり​と​やみ​と​を​けた。

5 かみ​で​ある​わたし​は​ひかり​を​ひる​と​び、やみ​を​よる​と​んだ。これ​を、わたし​の​ちから​の​こと​に​よって​おこなった。そして、それ​は​わたし​が​かたった​よう​に​なった。ゆう​と​なり、また​あさ​と​なった。だい一​にち​で​ある。

6 ​さらに​また、かみ​で​ある​わたし​は、『みず​の​あいだ​に​おおぞら​あれ』​と​った。すると、わたし​が​かたった​よう​に​なった。また、『おおぞら​が​みず​と​みず​と​を​けよ』​と​った。すると、その​よう​に​なった。

7 かみ​で​ある​わたし​は​おおぞら​を​つくり、みず​を、すなわち、おおぞら​の​した​の​おおいなる​みず​と​おおぞら​の​うえ​の​みず​と​を​けた。そして、わたし​が​かたった​よう​に​なった。

8 かみ​で​ある​わたし​は​おおぞら​を​てん​と​んだ。ゆう​と​なり、また​あさ​と​なった。だい二​にち​で​ある。

9 かみ​で​ある​わたし​は、『てん​の​した​の​みず​は​ひとつ​ところ​に​あつまれ』​と​った。すると、その​よう​に​なった。また、かみ​で​ある​わたし​は、『かわいた​​あれ』​と​った。すると、その​よう​に​なった。

10 かみ​で​ある​わたし​は​かわいた​​を​りく​と​び、みず​の​あつまった​ところ​を​う み​と​んだ。そして、かみ​で​ある​わたし​は​て、ぶん​が​つくった​すべて​の​もの​を​し​と​した。

11 かみ​で​ある​わたし​は​った。『​は​あおくさ​と、たね​を​つ​くさ​と、しゅるい​に​したがって​​を​むすぶ​じゅ​と、たね​の​ある​​を​むすぶ​​を​​の​うえ​に​え​させよ。』​すると、わたし​が​かたった​よう​に​なった。

12 ​は​あおくさ​と、しゅるい​に​したがって​たね​を​つ​すべて​の​くさ​と、しゅるい​に​したがって​たね​の​ある​​を​むすぶ​​と​を​え​させた。そして、かみ​で​ある​わたし​は​て、ぶん​が​つくった​すべて​の​もの​を​し​と​した。

13 ゆう​と​なり、また​あさ​と​なった。だい三​にち​で​ある。

14 かみ​で​ある​わたし​は​った。『てん​の​おおぞら​に​ひかり​が​あって、ひる​と​よる​と​を​け、しるし​の​ため、せつ​の​ため、​の​ため、とし​の​ため​に​なり、

15 てん​の​おおぞら​に​あって​​を​らす​ひかり​と​なれ。』​すると、その​よう​に​なった。

16 かみ​で​ある​わたし​は​二つ​の​おおきな​ひかり​を​つくり、おおきい​ひかり​に​ひる​を​つかさどらせ、ちいさい​ひかり​に​よる​を​つかさどらせた。おおきい​ひかり​と​は​太陽たいよう​で​あり、ちいさい​ひかり​と​は​つき​で​あった。また、もろもろ​の​ほし​も、わたし​の​こと​に​したがって​つくられた。

17 かみ​で​ある​わたし​は、これら​を​てん​の​おおぞら​に​いて​​を​らさせ、

18 太陽たいよう​に​ひる​を​つかさどらせ、つき​に​よる​を​つかさどらせ、ひかり​と​やみ​と​を​け​させた。そして、かみ​で​ある​わたし​は​て、ぶん​が​つくった​すべて​の​もの​を​し​と​した。

19 ゆう​と​なり、また​あさ​と​なった。だい四​にち​で​ある。

20 かみ​で​ある​わたし​は​った。『みず​は​いのち​を​つ​うごく​もの​を​ゆたか​に​しょうじ、とり​は​​の​うえてん​の​おおぞら​を​べ。』

21 かみ​で​ある​わたし​は、う み​の​おおいなる​けもの​と、みず​に​むらがる​すべて​の​うごく​もの​と​を、しゅるい​に​したがって​そうぞう​し、また​つばさ​の​ある​すべて​の​とり​を、しゅるい​に​したがって​そうぞう​した。そして、かみ​で​ある​わたし​は​て、ぶん​が​そうぞう​した​すべて​の​もの​を​し​と​した。

22 かみ​で​ある​わたし​は​これら​を​しゅくふく​して​った。『めよ、えよ、う み​の​みず​に​ちよ。また​とり​は​​に​えよ。』

23 ゆう​と​なり、また​あさ​と​なった。だい五​にち​で​ある。

24 かみ​で​ある​わたし​は​った。『​は​もの​を​しゅるい​に​したがって​せ。ちく​と、う​もの​と、​の​けもの​と​を​しゅるい​に​したがって​せ。』​すると、その​よう​に​なった。

25 かみ​で​ある​わたし​は、​の​けもの​を​しゅるい​に​したがい、ちく​を​しゅるい​に​したがい、また​​を​う​すべて​の​もの​を​しゅるい​に​したがって​つくった。そして、かみ​で​ある​わたし​は​て、これら​すべて​の​もの​を​し​と​した。

26 かみ​で​ある​わたし​は、はじめ​から​わたし​と​ともに​いた​わたし​の​ひと​に​った。『わたしたち​の​かたち​に、わたしたち​に​かたどって​ひと​を​つくろう。』​そして、その​よう​に​なった。また、かみ​で​ある​わたし​は​った。『かれら​に、う み​の​うお​と、そら​の​とり​と、ちく​と、​の​すべて​の​もの​と、​の​すべて​の​う​もの​を​おさめ​させよう。』

27 かみ​で​ある​わたし​は、ぶん​の​かたち​に​ひと​を​そうぞう​した。わたし​の​ひと​の​かたち​に​ひと​を​そうぞう​し、おとこ​と​おんな​に​そうぞう​した。

28 かみ​で​ある​わたし​は、かれら​を​しゅくふく​して​った。『めよ、えよ、​に​ちよ、​を​したがわせよ。また​う み​の​うお​と、そら​の​とり​と、​に​うごく​すべて​の​もの​を​おさめよ。』

29 ​また、かみ​で​ある​わたし​は​ひと​に​った。『よ、わたし​は​ぜん​の​おもて​に​ある​たね​を​つ​すべて​の​くさ​と、たね​の​ある​​を​むすぶ​すべて​の​​を​あなたがた​に​あたえた。これ​は​あなたがた​の​食物しょくもつ​と​なる​で​あろう。

30 ​また​​の​すべて​の​けものそら​の​すべて​の​とり​を​う​すべて​の​もの、すなわち​わたし​が​いのち​を​さずける​もの​に​は、食物しょくもつ​として​すべて​の​きよい​くさ​が​あたえられる​で​あろう。』​そして、わたし​が​かたった​よう​に​なった。

31 かみ​で​ある​わたし​は、ぶん​が​つくった​すべて​の​もの​を​た​ところ、よ、わたし​が​つくった​すべて​の​もの​は​じょう​に​かった。ゆう​と​なり、また​あさ​と​なった。だい六​にち​で​ある。」