申命記34
    脚注
    Theme

    第34章

    1 モーセはモアブの平野へいやからネボやまのぼり、エリコのかいのピスガのいただきった。そこでしゅかれにギレアデのぜんをダンまでしめし、

    2 ナフタリの全部ぜんぶ、エフライムとマナセのおよびユダのぜん西にしうみまでしめし、

    3 ネゲブと低地ていち、すなわち、しゅろのまちエリコのたにをゾアルまでしめされた。

    4 そしてしゅかれわれた、「わたしがアブラハム、イサク、ヤコブに、これをあなたの子孫しそんあたえるとってちかったはこれである。わたしはこれをあなたのせるが、あなたはそこへわたってくことはできない」。

    5 こうしてしゅのしもべモーセはしゅ言葉ことばのとおりにモアブのんだ。

    6 しゅかれをベテペオルにたいするモアブのたにほうむられたが、今日こんにちまでそのはかひとはない。

    7 モーセはんだとき、百二十さいであったが、はかすまず、気力きりょくおとろえていなかった。

    8 イスラエルの人々ひとびとはモアブの平野へいやで三十にちあいだモーセのためにいた。そしてモーセのためにかなしむはついにおわった。

    9 ヌンのヨシュアは知恵ちえれいちたひとであった。モーセがかれうえいたからである。イスラエルの人々ひとびとかれしたがい、しゅがモーセにめいじられたとおりにおこなった。

    10 イスラエルには、こののちモーセのような預言者よげんしゃおこらなかった。モーセはしゅかおわせてられたものであった。

    11 しゅはエジプトのかれをパロとそのすべての家来けらいおよびそのぜんにつかわして、もろもろのしるしと不思議ふしぎおこなわせられた。

    12 モーセはイスラエルのすべてのひとまえおおいなるちからをあらわし、おおいなるおそるべきことをおこなった。