申命記23
    脚注
    Theme

    第23章

    1 すべて去勢きょせいした男子だんししゅ会衆かいしゅうくわわってはならない。

    2 私生児しせいじしゅ会衆かいしゅうくわわってはならない。その子孫しそんは十だいまでもしゅ会衆かいしゅうくわわってはならない。

    3 アンモンびととモアブびとはしゅ会衆かいしゅうくわわってはならない。かれらの子孫しそんは十だいまでも、いつまでもしゅ会衆かいしゅうくわわってはならない。

    4 これはあなたがたがエジプトからてきたときに、かれらがパンとみずたずさえてあなたがたをみちむかえず、アラム・ナハライムのペトルからベオルのバラムをやとって、あなたをのろわせようとしたからである。

    5 しかし、あなたのかみしゅはバラムのうことをこうともせず、あなたのかみしゅはあなたのために、そののろいをえて、祝福しゅくふくとされた。あなたのかみしゅがあなたをあいされたからである。

    6 あなたは一生いっしょういつまでもかれらのために平安へいあんをも、幸福こうふくをももとめてはならない。

    7 あなたはエドムびとをにくんではならない。かれはあなたの兄弟きょうだいだからである。またエジプトびとをにくんではならない。あなたはかつてそのくに寄留者きりゅうしゃであったからである。

    8 そしてかれらがんだどもは三だいには、しゅ会衆かいしゅうくわわることができる。

    9 てきめるために陣営じんえいにおるときは、すべてのけがれたものけなければならない。

    10 あなたがたのうちに、よるおもいがけないことによってけがれたひとがあるならば、陣営じんえいそとなければならない。陣営じんえいうちに、はいってはならない。

    11 しかし、夕方ゆうがたになって、みずあらい、ぼっしてのち陣営じんえいうちに、はいることができる。

    12 あなたはまた陣営じんえいそとに一つのところもうけておいて、ようをたすとき、そこにかなければならない。

    13 また武器ぶきともに、くわをそなえ、そとて、かがむとき、それをもってつちり、きをかえて、ものをおおわなければならない。

    14 あなたのかみしゅがあなたをすくい、てきをあなたにわたそうと、陣営じんえいなかあゆまれるからである。ゆえに陣営じんえいせいなるところとしてたもたなければならない。しゅがあなたのうちにきたないもののあるのをて、はなられることのないためである。

    15 主人しゅじんけて、あなたのところにげてきた奴隷どれいを、その主人しゅじんにわたしてはならない。

    16 そのものをあなたがたのうちに、あなたとともにおらせ、まちの一つのうち、かれこのんでえら場所ばしょませなければならない。かれ虐待ぎゃくたいしてはならない。

    17 イスラエルの女子じょし神殿しんでん娼婦しょうふとなってはならない。またイスラエルの男子だんし神殿しんでん男娼だんしょうとなってはならない。

    18 娼婦しょうふあたいまたは男娼だんしょうあたいをあなたのかみしゅいえたずさえてって、どんな誓願せいがんにももちいてはならない。これはともにあなたのかみしゅにくまれるものだからである。

    19 兄弟きょうだい利息りそくってしてはならない。金銭きんせん利息りそく食物しょくもつ利息りそくなどすべてして利息りそくのつくもの利息りそくってはならない。

    20 外国がいこくじんには利息りそくってしてもよい。ただ兄弟きょうだいには利息りそくってしてはならない。これはあなたが、はいってで、あなたのかみしゅがすべてあなたのすること祝福しゅくふくあたえられるためである。

    21 あなたのかみしゅ誓願せいがんをかけるとき、それをはたすことをおこたってはならない。あなたのかみしゅかならずそれをあなたにもとめられるからである。それをおこたるときはつみるであろう。

    22 しかし、あなたが誓願せいがんをかけないならば、つみることはない。

    23 あなたがくちったことまもっておこなわなければならない。あなたがくち約束やくそくしたことは、あなたのかみしゅにあなたが自発じはつまと誓願せいがんしたのだからである。

    24 あなたが隣人りんじんのぶどうはたけにはいるとき、そのぶどうをこころにまかせてきるほどべてもよい。しかし、あなたのうつわなかれてはならない。

    25 あなたが隣人りんじん麦畑むぎばたけにはいるときでそのんでべてもよい。しかし、あなたの隣人りんじん麦畑むぎばたけにかまをれてはならない。