申命記10
戻る 次へ

第10章

1 そのときしゅはわたしにわれた、『おまえは、まえのようないしいたまいってつくり、やまのぼって、わたしのもとにきなさい。またはこ一つをつくりなさい。

2 さきにおまえがくだいた二まいいたいてあった言葉ことばを、わたしはそのいたきしるそう。おまえはそれをそのはこにおさめなければならない』。

3 そこでわたしはアカシヤざいはこ一つをつくり、またまえのようないしいたまいってつくり、その二まいいたってやまのぼった。

4 しゅはかつて、かの集会しゅうかいやまなかからあなたがたにげられた十誡じっかいきしるされたように、そのいたきしるし、それをしゅはわたしにさづけられた。

5 それでわたしはをめぐらしてやまからり、そのいたを、わたしがつくったはこにおさめた。いまなおそのなかにある。しゅがわたしにめいじられたとおりである。

6 (こうしてイスラエルの人々ひとびとはベエロテ・ベネ・ヤカンを出立しゅったつしてモセラにいた。アロンはそのところんでそこにほうむられ、そのエレアザルがかれかわって祭司さいしとなった。

7 またそこを出立しゅったつしてグデゴダにいたり、グデゴダを出立しゅったつしてヨテバタにいた。このにはおおくのみずながれがあった。

8 そのときしゅはレビの部族ぶぞくえらんで、しゅ契約けいやくはこをかつぎ、しゅまえってつかえ、またしゅをもって祝福しゅくふくすることをさせられた。このこと今日こんにちおよんでいる。

9 そのためレビは兄弟きょうだいたちと一緒いっしょにはまえがなく、ぎょうもない。あなたのかみしゅかれわれたとおり、しゅみずからがかれぎょうであった。)

10 わたしはまえときのように四十にち四十やまにおったが、しゅはそのときにもわたしのねがいをかれた。しゅはあなたをほろぼすことをのぞまれなかった。

11 そしてしゅはわたしに『おまえはちあがり、たみ先立さきだってすすき、わたしがかれらにあたえると、その先祖せんぞちかったかれらをはいらせ、それをらせよ』とわれた。

12 イスラエルよ、いま、あなたのかみしゅがあなたにもとめられることはなんであるか。ただこれだけである。すなわちあなたのかみしゅおそれ、そのすべてのみちあゆんで、かれあいし、こころをつくし、精神せいしんをつくしてあなたのかみしゅつかえ、

13 また、わたしがきょうあなたにめいじるしゅ命令めいれいさだめとをまもって、さいわいをることである。

14 よ、てんと、もろもろのてんてん、およびと、にあるものとはみな、あなたのかみしゅのものである。

15 そうであるのに、しゅはただあなたの先祖せんぞたちをよろこあいし、そののち子孫しそんであるあなたがたを万民ばんみんのうちからえらばれた。今日こんにちるとおりである。

16 それゆえ、あなたがたはこころ割礼かつれいをおこない、もはや強情ごうじょうであってはならない。

17 あなたがたのかみであるしゅは、かみかみしゅしゅおおいにしてちからあるおそるべきかみにましまし、ひとをかたよりず、また、まいないをらず、

18 みなしとやもめのためにただしいさばきをおこない、また寄留きりゅう他国たこくじんあいして、食物しょくもつ着物きものあたえられるからである。

19 それゆえ、あなたがたは寄留きりゅう他国たこくじんあいしなさい。あなたがたもエジプトのくに寄留きりゅう他国たこくじんであった。

20 あなたのかみしゅおそれ、かれつかえ、かれしたがい、そのをさしてちかわなければならない。

21 かれはあなたのさんびすべきもの、またあなたのかみであって、あなたがたこれらのおおいなるおそるべきことを、あなたのためにおこなわれた。

22 あなたの先祖せんぞたちは、わずか七十にんでエジプトにくだったが、いま、あなたのかみしゅはあなたをてんほしのようにおおくされた。