2010–2019
大会へようこそ
戻る 次へ

大会へようこそ

わたしたちは……信仰によって結ばれ,これから語られるメッセージにともに耳を傾け,学びたいと願っています。

愛する兄弟姉妹の皆さん,末日聖徒イエス・キリスト教会の世界的な大会に皆さんをお迎えでき,光栄です。わたしたちは大きな家族として集っています。1,500万人以上の会員が信仰によって結ばれ,これから語られるメッセージにともに耳を傾け,学びたいと願っています。

この半年は時のたつのが早く,教会の業は円滑に前進しています。つい1か月ほど前,アリゾナ州ギルバート神殿の荘厳な建物を奉献する特権にあずかりました。奉献式前日の晩,近くのディスカバリー公園で文化的な催しが開かれました。1万2,000人の若者が1時間半のプログラムを演じました。見事なダンスや歌,音楽の演奏が披露されました。

この地域は乾期が特に長引いていたので,それまでの数週間,雨を切望する多くの祈りがきっと天にささげられていたことでしょう。あいにく雨はその催しの直前に降り始め,しかも開催中ずっと降り続きました。青少年はずぶぬれになり,寒さに震えましたが,わたしたちは皆,主の御霊を感じました。「信仰に忠実に生きる」というプログラムのテーマの下で,活気に満ちた若い男性と女性が笑顔で見事に演じました。皆さんもこの「信仰に忠実に生きる」というテーマについて考えてみてください。寒さと雨にもかかわらず,この催しは,信仰に満ちた,霊を鼓舞する経験となりました。あの若者たちにとって大切な思い出となり,将来,子供や孫に語られていくことでしょう。

翌日,アリゾナ州ギルバート神殿の奉献式が行われ,儀式が執行されている142番目の神殿が誕生しました。前の晩とは違ってその日は晴天に恵まれ,セッションは真に御霊にあふれていました。ヘンリー・B・アイリング管長,タッド・R・カリスター長老夫妻,ウィリアム・R・ワーカー長老夫妻,ケント・F・リチャーズ長老夫妻が同席しました。

5月にはフロリダ州フォートローダーデール神殿が奉献される予定です。他にも,今年後半に竣工し,奉献される予定の神殿が幾つかあります。2015年には世界各地で新しい神殿が完成し,奉献される予定です。このプロセスは続きます。これまでに発表された神殿が全て完成すると,儀式が執行されている神殿が世界中に170あることになります。

現在,わたしたちは既に発表された神殿の完成に集中しており,当面は新たな神殿の建設に関する発表はありませんが,これから建てる神殿の必要性を見極め,候補地を探すプロセスを継続していきます。その後,将来開催される総大会で発表を行います。わたしたちは神殿を建て,神殿に参入する民です。

では,兄弟姉妹の皆さん,今日と明日わたしたちに語られるメッセージに熱心に耳を傾けましょう。話をする人たちは,天の助けと導きを求めながらメッセージを準備してきました。

どこにいるかにかかわらず,わたしたち皆が耳を傾けて学ぶときに,主の御霊に満たされ,励ましと霊感を受けられますように。わたしたちの救い主イエス・キリストの御名により,アーメン。