2010–2019
求む―御業を速める手と心
戻る 次へ

求む―御業を速める手と心

わたしたちは天の御父のすばらしい業を速めるために,助けの手を差し伸べ,心を差し出すことができるのです。

愛する姉妹たち,どんなに皆さんを愛していることでしょう! 皆さんはあの美しいビデオを見ながら,聖約の道にあって手を差し伸べ,誰かを助けている自分の姿を思い浮かべたでしょうか。わたしはブリンという名の初等協会の少女のことを考えていました。彼女の手は片手だけですが,それでもその手を差し伸べて,家族や末日聖徒の友達,また他の宗教の友達に祝福をもたらしています。彼女はすてきでしょう。皆さんもそうです。姉妹の皆さん,わたしたちは天の御父のすばらしい業を速めるために,助けの手を差し伸べ,心を差し出すことができるのです。

聖文に登場するエバやサラ,マリヤ,その他多くの忠実な姉妹たちが,自分は何者であるか,目的は何かを知っていたように,ブリンも自分が神の娘であることを知っています。1わたしたちも神の愛する娘としての神聖な受け継ぎと,神が用意しておられる重要な務めを知ることができるのです。

救い主はこう教えられました。「神のみこころを行おうと思う者であれば,だれでも,わたしの語っているこの教が……わかるであろう。」2「いつかみもとへ行けるように」3,わたしたちは何を知り,何を行う必要があるでしょうか。永遠の命を得るために何を行う必要があるかをイエスに尋ねた裕福な青年がいました。わたしたちはこの青年の物語から学ぶことができます。

イエスは青年に答えられました。「もし命に入りたいと思うなら,いましめを守りなさい。」

青年はどの戒めを守ればよいか尋ねました。するとイエスは,わたしたち全員がよく知っている十戒の幾つかを彼に思い起こさせられました。

青年は答えました。「それはみな守ってきました。ほかに何が足りないのでしょう。」

イエスは言われました。「もしあなたが完全になりたいと思うなら,帰ってあなたの持ち物を売り払い,貧しい人々に施しなさい。そうすれば,天に宝を持つようになろう。そして,わたしに従ってきなさい。」4

イエスは御自分の業に加わるよう,すなわち弟子として務めをなすよう青年に呼びかけられました。わたしたちの務めも同じです。わたしたちは「世のものを捨てて……〔わたしたちの〕聖約を固く守り」5 ,キリストのみもとに来て,キリストに従います。それこそ弟子が行うことなのです。

ところで,姉妹の皆さん,救い主が裕福な青年に完全になることについて語られたからといって,自分を責めないようにしましょう。この話の中の完全という言葉は,「完成する」という意味のギリシャ語から翻訳されたものです。わたしたちは聖約の道を進むために最善を尽くすとき,この世でより完成し,より完全になれるのです。

イエスの時代の裕福な青年のように,わたしたちも時に,諦め,来た道を引き返したい誘惑に駆られることがあります。恐らく,独りではできないと思うからでしょう。そのとおりです。助けがなければ,行うように求められても,難しいことは行えません。その助けは,イエス・キリストの贖罪,聖霊の導き,また他の人々の支援によって与えられるのです。

ある忠実な独身の姉妹が最近証を述べていました。贖罪を通じて彼女は,助けの手と進んで行う心を使って,がんで亡くなった姉が残した4人の子供を育てる力を見いだしたのです。ニール・A・マックスウェル長老がこう言ったのを思い出します。「教会がなすべきことのうち,容易なことは全て成し遂げられました。これからはより壮大な冒険になります。従順さが,思いも寄らない方法で試されるのです。」6皆さんがどのような人で,何を行う備えをしてきたかということが,この神権時代に地上に送られた理由です。自分を何者であると思うかについて,サタンがわたしたちをどのように説き伏せようとしても,わたしたちの真の姿はイエス・キリストの弟子なのです。

モルモンは真の弟子であって,「〔人々が〕一人残らず心をかたくなにし,……〔この〕ようなひどい悪事は,リーハイのすべての子孫の中に……これまで決してなかった」7 と言われた時代に生きた人です。皆さんはその時代に生きていたかったでしょうか。にもかかわらず,モルモンは雄々しく,このように宣言しました。「見よ,わたしは神の御子イエス・キリストの弟子である。」8

すばらしい人だと思いませんか。モルモンは自分が何者であり,どのような使命があるかを知っていて,周囲の悪にも気を取られませんでした。事実,彼は自分の召しを賜物と考えていたのです。9

弟子として日々務めるという賜物を主にささげて,言葉と行いによって「見よ,わたしはイエス・キリストの弟子である」と宣言するように召されていることは,何とすばらしい祝福であるか,考えてみてください。

ボイド・K・パッカー会長は以前,食糧を貯蔵するようにという預言者の勧告に従っていることを笑われた,一人の愛する姉妹について話しました。わたしはその話が大好きです。彼女を批判した人は,苦難の時代になれば,指導者は彼女の食糧貯蔵を他人に分け与えるように求めるだろうと言いました。それに対して,彼女は真の弟子として簡潔に,毅然としてこう答えました。「少なくともわたしには分けてあげられるものがあります。」10

わたしは,若い人も年配の人も,教会の女性たちを愛しています。わたしは皆さんの強さを見てきました。その信仰を見てきました。皆さんには分けてあげられるものがあり,快くそれを分け与えます。誇示したり注目を浴びたりせず,自分にではなくわたしたちが礼拝する神に人の心を引きつけています。自分は何を受けるか考えることもありません。11 それこそ弟子が行うことなのです。

わたしは最近,フィリピンである若い女性に会いました。彼女がまだ7歳のときに,家族は教会にあまり活発でなくなり,彼女は毎週危険な道を独りで歩いて教会に通うようになりました。14歳のときに,彼女は,「神権の祝福と喜び」12のある家庭で将来の自分の子供を育てるのにふさわしくあるために,聖約に忠実でいることを決心したそうです。現在あるいは将来の家庭を強める最善の方法は,聖約,すなわちわたしたちが互いに,また神と交わした約束を守ることです。

それこそ弟子が行うことなのです。

ある忠実な日本人の姉妹とご主人が,韓国のわたしたちの伝道部を訪問しました。彼女は韓国語を話せず,英語の会話力も限られていましたが,主の業を行うために,進んで独自の賜物を使い,助けの手を差し伸べる心を持っていました。それこそ,弟子が行うことなのです。彼女は宣教師たちに,簡単な折り紙の折り方を教えました。開けたり閉じたりできる口の形の折り紙です。それから,知っているわずかな英単語で,「口を開〔いて〕」福音を伝えるようにと宣教師たちに教えたのです。この教えを彼らは決して忘れないでしょう。わたしも忘れません。

皆さんやわたしが,主の教会の何千万という兄弟姉妹とともに立ち,雄々しく進み出て,救い主のように仕え,愛するという,弟子としての務めを果たしている姿を少しの間思い描いてください。皆さんにとってイエス・キリストの弟子であるとはどういうことでしょうか。

私心のない何十万ものイエス・キリストの弟子たちが,モルモン・ヘルピングハンズのベストやTシャツを着て,世の奉仕を行う機会に熱心に参加しています。しかし,献身的な弟子として奉仕する方法は他に幾つもあります。救いの業に関する霊的な「求人」広告として考えられるものをわたしと一緒に想像してみてください。

  • 求む―子供を光と真理の中で育てる親

  • 求む―助言者として奉仕し,聖約の道にあって助けの手を差し伸べる娘,息子,姉妹,兄弟,おば,おじ,いとこ,祖父母,真の友

  • 求む―聖霊の促しに耳を傾け,受けた印象に基づいて行動する人

  • 求む―小さな簡単な方法で毎日福音を実践する人

  • 求む―家族を永遠につなぐために家族歴史と神殿の業に携わる人

  • 求む―「良い知らせ」すなわちイエス・キリストの福音を広める宣教師と会員

  • 求む―道に迷った人を見つけ出す救助者

  • 求む―真理と正義のために堅く立つ聖約の守り手

  • 求む―主イエス・キリストの真の弟子

何年も前に,M・ラッセル・バラード長老は教会の姉妹たちに力強く呼びかけ,次のように述べました。

「今から主が再びおいでになる日まで,あらゆる家族,あらゆるワード,あらゆる社会,あらゆる国において,積極的に義を行い,言葉と行いによって『わたしがここにいます。わたしをお遣わしください』という姿勢を示す女性を主は必要としておられます。

そこでわたしはこう尋ねたいのです。『皆さんはこのような女性の一人になりたいと思っているでしょうか。』」13

一人一人がはっきり「はい」と答えられるように願っています。最後に,初等協会の歌の歌詞を引用します。

「聖約の〔娘〕たちは

言葉と行いにより

模範と証を示し

主を信じ,仕える。」14

真の弟子として,進んで行う心を差し出し,助けの手を差し伸べることによって,主の業を速めることができますように。ブリンのように,片手があるだけだとしても問題ではありません。まだ完全ではなく完成していなくてもかまいません。わたしたちは道すがら互いに手を差し伸べ,助け合う献身的な弟子です。姉妹の絆は,過去にこの道を歩んだ忠実な姉妹たちと,世代を超えて結び合っています。わたしたちは姉妹として,また回復された神権の鍵を持つ生ける預言者,聖見者,啓示者と一致して,一つとなり,弟子として,また救いの業を速めるために進んで行う心と手を持つ僕として歩むことができます。そうするときに,わたしたちは主のようになるのです。このことをイエス・キリストの御名により証します,アーメン。