福音を分かち合
7 伝道地で使用される言語を習得するにはどうしたらよいでしょうか
脚注

Hide Footnotes

テーマ

7

伝道地で使用される言語を習得するにはどうしたらよいでしょうか

Flags

深く考えましょう

  • なぜ語学力を伸ばし続ける必要があるのでしょうか。

  • 伝道地の言語で話し,教える能力を向上させるにはどうすればよいでしょうか。

  • 異言たまものを得るにはどうすればよいでしょうか。

自身を霊的に備える

主は次のように宣言されました。「この力を有する職に聖任される者たちを通じて,すべての人が自分の言葉と自分の言語で完全な福音を聞くであろう。」(教義と聖約90:11)あなたの口から人を改宗に導く力が出てくるようになるには,あなた自身のあかしを強める必要があります。教義とレッスンの勉強は最初,母国語で行います。母国語で理解すると証が強められ,説得力のあるレッスンや証をする力が増してきます。それから,回復のメッセージを,伝道地の言語で,たまに導かれるままに述べることを学ぶのです。

あなたが伝道地の言語で教え,あかしするときに主が助けてくださるという信仰を強めるには,次のような方法があります。

  • 自分が預言者によって神から召されていることを自覚する。

  • 聖霊をはんりょとすることができるようにふさわしい生活を送る。

  • 戒めと宣教師の標準を守る。

  • 神の助けを求めて心から祈る。

  • 毎日,伝道地の言語を勉強し,練習し,使う。

自分をささげ,熱心になる

伝道地の言語を使って効果的に教えるには,熱心に努力する必要があります。最初は難しく感じられても驚かないでください。言語を習得するには時間がかかります。自分に忍耐することが必要です。同僚や会員,求道者,ほかの宣教師に助けを求めてください。

人々があなたの言葉を理解し始めたからといって,向上する努力をやめないでください。話す能力が向上すると,人々はあなたの話し方よりも,話す内容に関心を向けるようになります。心の思いを伝えることについての不安が和らいできます。そうすると,求道者の必要やたまのささやきに,もっと敏感に応じることができるようになります。

伝道期間を通じて,また伝道を終えた後も言語を習得するための努力を続けてください。主はあなたに多くの祝福を注いでおられます。主はあなたの後の人生であなたの言語力をお使いになるかもしれません。ジェフリー・R・ホランド長老はこのように説明しました。「伝道地で新しい言語を学ぶすべての宣教師が,可能なあらゆる手段を使ってその言語に磨きをかけるよう……わたしたちは願っています。……言語力が向上すると,福音をべ伝え,あかしする力が強められて,求道者からいっそうよく受け入れられ,彼らに霊的な感動を与えることができるようになります。……いわゆる伝道用のを習得するだけで満足しないでください。言語を習得するために大いに努力してください。そうすれば,人々の心を引き寄せる力がいっそう強められるのです。」(宣教師訓練衛星放送,1998年8月)

あなただけが伝道地の言語を学んでいるのではありません。主は戒めを与えるときに必ずそれを成し遂げるための道を備えてくださいます(1ニーファイ3:7参照)。主の助けを求めてください。自分をささげて勉強してください。やがて,宣教師としての目的を果たすのに必要な言語を習得できるようになります。

英語を学ぶ

もしあなたが英語を話せなければ,宣教師として英語を勉強する義務があります。それは伝道中と生涯を通じてあなたの祝福となります。英語を学ぶことによって様々な方法で主の王国の建設を助けることができるだけでなく,それはあなた自身とあなたの家族にとっても祝福となります。本章で提案されている多くの事柄が役立つはずです。特に以下の事項に努力を傾けてください。

  • 同僚と英語で話す目標を設定する。英語がすでに話せて,今はあなたの国の言語を学んでいる人が同僚の場合は,アパートでは英語で話し,外出したら伝道地の言語で話すようにしてもよいでしょう。

  • 同僚とともに英語でモルモン書を読む。交互に読む方法を取ることもできます。つまり,あなたが英語で1節を読むと,次の1節を同僚が伝道地の言語で読むのです。互いに発音や抑揚を直してください。

  • もし英文法の簡単な参考書を持っていなければ,伝道部長に相談してください。

言語学習の原則

ここでは言語をより効果的に研究し,学ぶための原則を説明します。

  • 責任を持つ。言語学習の目標と学習計画を定期的に設定し,調整します。あらゆる機会を捕らえて,学習している言語を使うようにします。

  • 有意義な勉強をする。次のように自問します。わたしはなぜこれを勉強しているのだろうか。意志の疎通を改善するために,どれほど役立つだろうか。勉強している事柄を実際の状況や日常の活動に関連づけます。言いたいことを言う助けになる言葉を部分的に勉強します。例えば,レッスンを教えるときに取り入れたいと考えている聖文の物語があれば,それを話すために必要なと文法を勉強します。

  • 意思の疎通を図る努力をする。文法や構文の研究と日常生活の中で学習をバランス良く織り交ぜます。その言語を母国語とする人々と話すこと以上に優れた方法はありません。

  • 新しい概念を十分に把握する。勉強したことを定期的に復習し,新しい状況で繰り返し練習していれば,言語上の原則を思い出して,効果的に使うことができます。

言語学習の計画を作成する

伝道地の言語で話す能力を向上させるために,その日何ができるかを明確にするため,言語学習計画を作成するとよいでしょう。これは新任の宣教師にとっても,経験豊かな宣教師にとっても有効です。計画する際,言語学習の時間に行うことと,一日を通じて行うことを決めます。

必要に応じて,言語学習の時間を使って学習計画を作成し,調整します。そのうえで,毎朝の言語学習の時間に,その日の活動に必要な言葉や表現を学習します。以下の指針を参考にして言語学習計画を作成するとよいでしょう。

  1. 目標を設定する。1週間分の,また毎日の目標を設定すると,伝道地の言語の習得に役立ちます。例えばレッスンを教える,求道者を見つける,ワード評議会に出席するなど,すでに予定されている活動の中で,より良く意思の疎通を図り,教えるために目標を設定します。目標に対する進歩の度合いを検討します。予定されている活動の中で,もっと明確で力強い意思の疎通が図れるようにするには,どうしたらよいか考えてください。

  2. 活用するツールを選ぶ。以下の言語学習ツールを検討して,目標を達成するためにどれを使うかを決めます。

    Mission Preparation and Call
    • 伝道地の言語の標準聖典

    • 伝道地の言語のレッスン

    • ポケットサイズの辞書

    • 小型の文法書

    • 宣教師訓練センターの言語資料

    • 単語カード

    • 小型のノート

    • 伝道地の言語に翻訳された,教会のその他の資料

  3. と慣用句を暗記する。目標を達成するために役立つ語句を選び出します。以下のアイデアを言語学習計画に取り入れるとよいでしょう。

    • レッスン,パンフレット,聖典,教会のその他の出版物から,教える際に使える語句を選び出す。

    • 知らない語句をノートに記録する。小型の辞書を携帯して,それらの語句を調べる。

    • 単語カードを携帯して,一日中勉強する。表に語句を,裏に定義を書く。暗記したカードは別にまとめておき,残りのカードを勉強して,すべて暗記するまで続ける。

    • 個人学習の時間やレッスンを教えるとき,また一日中,新しい語句を使う。

    • 新しい語句を声に出して発音の練習をする。

    • 大切な聖句を伝道地の言語で暗記する。

    • レッスンやパンフレットから福音の主要な原則を伝えている簡単な文章を暗記する。同じことを伝える別の表現を見つける。

  4. 文法を学ぶ。言語ツールを使って,目標達成に役立つ文法の原則を見つけます。必要に応じて,同僚や経験豊かな宣教師,あるいは会員に助けを求めます。以下のアイデアを取り入れることを検討してください。

    • 宣教師訓練センターで使用した文法書,あるいは伝道部長の承認を得た参考書を使って,レッスンやパンフレット,聖典で用いられている文法と文章の形式を理解する。

    • すでに予定されている活動の中で使うために,今学んでいる文法の原則を応用した文章を作る。その文章を話し,筆記する練習をする。

    • 語順や品詞など,文の中で語句を正しく使っているかどうかに注意する。

    • その日に勉強した文法を練習し,応用する機会を見つける。

  5. 意欲的に耳を傾ける。以下のアイデアを取り入れることを検討してください。

    • 伝道地の言語を母国語とする人々の話に注意して耳を傾ける。聞いたことをまねて言う。

    • 理解できない言葉を聞いたら,書き留めておいて,その意味を調べる。単語や文章パターンを使う練習をする。

    • 話を聞いているときに,最近学んだ単語やパターンを見つけるようにする。

    • 自分の表現方法と違う言い方を耳にしたら,書き留めておいて,練習する。けれども,主のしもべとして常に適切な言葉を使う。俗語は使わない。

    • すでに予定されている活動の中で,人々が話すと思われる語句を書き出しておく。関連する語句を辞書で探す。その語句を使った受け答えを計画し,練習する。

  6. 読み書きの能力を向上させる。伝道地の言語でモルモン書を読んで,語句を学び,文法,発音,なめらかに話す技術を身に付けます。言語の学習に聖文を使うのには大きな力があります。以下のアイデアも検討してください。

    • 伝道地の言語の文字,筆記体,漢字などの読み書きを学習する。漢字を基本とする言語については,聖典を読む力など,教える際に役立つ技術の習得に力を注ぐ。

    • モルモン書,その他の聖典,教会機関誌を伝道地の言語で声に出して読む。なじみのない語句,文法に注意を払う。単語を理解できない場合は,辞書を引く前に文脈から理解するようにする。その語を単語カードに記入する。必要に応じて,母国語の聖典と伝道地の言語の聖典を併用する。

    • あなたが読むときに,発音,抑揚,間の取り方についてだれかに指導してもらう。

    • 伝道地の言語で書く練習をする。例えば,個人的なメモ,覚え書き,手紙,感謝状,励ましの言葉を書いたメモなど。配付するモルモン書にあなたのあかしを書く。

  7. ほかの人々に助けを求める。以下のアイデアを検討してください。

    Motherhood
    • 同僚が伝道地の言語を母国語とする人であれば,そのすばらしい機会を最大限に生かして,しばしば質問し,フィードバックを求める。

    • 同僚や,伝道地の言語を母国語とする人に,あなたの言葉を訂正し進歩に役立つ提案をしてもらう。彼らがあなたの理解できない言葉を使ったら,意味を説明してもらいましょう。子供や年配者は,しばしば喜んで助けてくれます。

    • あなたが教えている人々に助けてもらう。次のように説明します。「わたしは今あなたの国の言葉を勉強しています。どうか助けてください。単語が思い出せないときは助けてください。」

    • ためらわずに具体的な助けを求める。「___はどう言ったらいいのですか。」「___はどう発音するのですか。」「___はどういう意味ですか。」「もう一度言ってくださいませんか。」教えてもらったことを書き留めて,勉強する。

    • あなたが作った単語カードや単語リストを使って,会員にクイズを出してもらう。また,あなたが声を出して聖典を読むときに,助けてもらう。

  8. 学習計画を評価し,修正する。学習計画によって成果が上がっているかどうかを毎週検討してください。改善の必要な分野について同僚や伝道部の指導者に提案を求めます。

    あらゆる機会をとらえて伝道地の言語を使ってください。一日を通して,同僚との会話をできるだけ伝道地の言語で行います。祈りにふさわしい言葉を学び,心にある思いを伝道地の言葉で祈れるようになるため,個人で祈るときにも,人と一緒に祈るときにも伝道地の言葉で祈ってください。

    間違いを恐れてはなりません。新しい言語を学ぶ人はだれでも間違えます。人々は理解してくれますし,自分たちの言語を学ぼうと努力しているあなたを評価してくれます。決まった言い方や聖句を暗記することによって間違いを防ぐことができます。けれども,間違いを防ごうとするあまり,暗記した言葉や事前に用意したせりふを長々と話すことのないようにしてください。

活動:個人学習

上記の指針を使って,学習計画を作成します。同僚か伝道部の指導者と計画の内容を検討してください。

同僚とともに学ぶ

同僚ができるだけ早く言語を習得して,成功を味わい,自信が持てるように助けます。同僚やほかの宣教師の進歩を,心から,しばしば褒めてください。自信を失わせるようなことを言ったり,行ったりしないように注意してください。けれども,進歩できなくなるほど,かばいすぎてはなりません。必要なときにはためらわずに助けます。同僚が上手に教えたり,あかししたりできるような機会をたくさん与えます。同僚とともに学ぶことについて以下のアイデアを検討してください。

  • 学んだ文法と単語を互いに教え合う。

  • 伝道地の言語で教える練習をする。新任の宣教師は最初,非常に簡単なことを教え,短いあかしを述べ,暗記した聖句を暗唱するだけかもしれません。けれども自信と能力が高まってくると,求道者に教える際に受け持つ部分が多くなります。

  • 宣教師がよく遭遇する場面で,意思の疎通を図る練習をする。

  • 互いに,親切で,簡潔で,実際的なフィードバックをする。感情を害することなく相手の指摘を受け入れることも大切です。

経験豊かな宣教師が同僚をどのように助けたかに注目しながら,以下の実話を読んでください。

2番目の任地となる区域に到着して間もなく,招かれている夕食の席でわたしが霊的な話をすることになっていると同僚から告げられました。とても戸惑いを覚えました。前の区域では,ほとんど同僚が教えていました。わたしはレッスンのごく一部を教えるだけで,あとは同僚が内容を深めたり,質問に答えたりするのをじっと聞いているだけでした。

わたしは同僚に,彼自身が霊的な話をした方がいいことを納得させようとしようとしましたが,同僚はわたしに責任を受け入れるよう勧めました。わたしは同僚の助けを借りて練習しました。

そして,その時がやって来ました。わたしは聖典を開いて,第3ニーファイ第5章第7章から聖句を読みました。苦心しながら,なぜわたしは自分が選んだ聖句が大切だと感じているかを説明しました。そして話を終えて,やっと開放されたつもりでいました。すると質問されました。同僚を見て,彼が答えるだろうと思っていましたが,彼は口を開きません。わたしはフランス語で答えました。驚いたことに,わたしのフランス語は相手に理解されていたのです。もっと驚いたことに,その会員はわたしが言語に自信がないことに気づいていないようなのです。自分で考えていたよりもわたしのフランス語は理解できるのだと知って,自信を持ちました。

それから数週間が過ぎました。同僚はずっとわたしに教えさせてくれました。-たとえわたしが自分にはできないと思っているときでも,そして,わたしにはできないかもしれないと,同僚もきっと思っているに違いないようなときでさえもです。話し,耳を傾け,教えるように同僚から励まされたおかげで,わたしの言語力は急速に進歩し始めました。そして,自分はほかの長老のおとなしい同僚ではなく,天の御父に使われる者となったのだと実感しました。

活動:個人学習または同僚との勉強会

  • もしあなたの同僚が新任の宣教師だとしたら,同僚が言語を学ぶのをどのような方法で助けることができるでしょうか。

  • もしあなたが召されたばかりの宣教師だとしたら,先輩の同僚にどのような助けを求めるでしょうか。

文化と言語学習

文化と言語には密接な関係があります。文化を理解していれば,言語をなぜそのように用いるかについての理由が分かります。回復のメッセージが特別である理由を明確に伝えることができるように,相手の文化を理解するように努力してください。

人々の信頼と愛を勝ち取るための優れた方法の一つは,相手の文化を適度に身に付けることです。多くの偉大な宣教師はそのようにしてきました(1コリント9:20-23参照)。あなたとあなたの言葉を人々に心地よく感じてもらえるように努力してください。

活動:個人学習または同僚との勉強会

  • あなたはアジアで伝道しているとします。復活について教える準備をしていますが,仏教徒は輪廻りんねを信じていることが分かっています。この教義が輪廻思想とはまったく別のものであることを求道者に理解させるには,どのような方法で復活を教えたらよいでしょうか。そのためには,どのような語句を習得する必要があるでしょうか。

  • あなたが教える人々の文化と宗教の背景について考えてください。その背景の中から,福音の教義を誤解する原因になりやすいものを一つ選んでください。それを踏まえて,教義を明確に教える方法を計画してください。

異言の賜物

異言のたまものや異言の解釈の賜物などの,たまの賜物を求めてください。伝道地の人々の言語を話し,理解するために,これ以上に助けになるものはありません。この賜物は努力しなければ受けることができません。積極的に求める必要があります。異言の賜物を求めるためには,言語を習得するために努力し,苦しみ,自分にできるすべてを行わなければなりません。あなたが正しく生活し,最善を尽くすときに,御霊が助けてくださることを信じてください。ほんとうの意味で,また,最も広い意味において,あなたに異言の賜物が与えられるということに信仰を持ってください。

望んでいるほどはっきりと思いを表現できないと感じるときには,たまは神のすべての子供たちの心に語ることがおできになるということを思い出してください。トーマス・S・モンソン副管長はこのように教えました。「すべての宣教師に共通した言語があります。それは御霊の言葉です。それは学者が記した手引きから学べるものではありませんし,読んだり暗記したりすることから得られるものでもありません。御霊の言葉は,神を知ってその戒めに従いたいと心の底から願い求める人に与えられます。この言語に精通した人は様々な障害を打ち破り,問題を克服して,人の心に触れられるようになります。」(「霊は人を生かす」『聖徒の道』1997年6月号,3-4)

記憶にとどめましょう

  • 教える教義とレッスンをまず母国語で研究する。

  • 教える教義とそれに対するあなたの気持ちを伝道地の言語で表現できるよう学ぶ。

  • 言語学習計画を作成して,伝道地の言語に磨きをかけるために定期的に新しいアイデアを試す。

  • 伝道地の人々を理解し,意思疎通ができるようにたまの導きを求める。

研究と応用のためのアイデア

個人学習

  • 本章で提案されている事項を復習します。まだ試したことのない提案を一つ選んで,今後数日間それに取り組む目標を立ててください。

  • 次回のディストリクト・ミーティングで,言語能力の高い経験豊かな宣教師に,どのような方法で学習してきたか尋ねてください。

  • リチャード・G・スコット長老が語った以下の話を読んで話し合ってください。「国家の伝統や習慣が神の教えに反するときには,どうぞ,そのような伝統や習慣を捨ててください。伝統や習慣が神の教えと一致しているなら,どうぞ,それを大切にし……てください。」(「幸福に至る障壁を取り除く」『聖徒の道』1998年7月号,95)奉仕している地域の文化とあなたの文化がどのように異なっているかについて考えましょう。違いを一覧表にしてください。次に福音の教えと相いれない文化に線を引いて消します。残っている文化について深く考え,それらをどうすれば自分の文化にすることができるかを考えます。

  • 伝道地の言語で以下の中から一つを選んで,実行する計画を作成してください。

  • 一つのレッスンの中から,あなたの知らない語句を書いた単語カードを作り,すべてを覚えるまで持ち歩いてください。

同僚との勉強会

  • 伝道地の言語で互いにレッスンを教える練習をしてください。

  • 同僚にあなたのアクセントを聞いてもらい,改善できるよう助けてもらいます。

  • 教える際に使いたいと思う聖典の物語か聖句を選んでください。自分の言葉でまとめる練習をします。

  • 本章に記されているアイデアを復習してください。次週の同僚との勉強会でどの提案を行うかを話し合います。

  • もしあなたが新任の宣教師を訓練していれば,同僚の言葉が理解できないときにメモしておきます。同僚の助けになりそうなふさわしい単語,表現方法,文法のリストを作成します。リストに挙げられた事柄を,レッスンや訪問など,近々予定されている活動で実際に使う方法を説明し,練習します。

ディストリクト・ミーティングとゾーン大会

  • 伝道地の言語を母国語とする人を何人か集会に招いてください。小グループに分かれ,宣教師に教えさせます。招いた人にメモを取り,宣教師の言葉について評価をしてもらいます。

  • 前もって,一人か二人の宣教師に言語の学習で成功した方法について話す割り当てを与えておき,幾つかのアイデアを紹介してもらいます。

  • 宣教師にとって普通難しく感じられる言葉について,経験豊かな宣教師に簡単なプレゼンテーションを行ってもらいます。正しい使い方の例を紹介して,宣教師たちに練習させます。

  • 伝道地出身の宣教師に有益な地元の文化情報を紹介してもらいます。

伝道部長

  • 宣教師が学んでいる言語を使って定期的に面接を行ってください。

  • 宣教師が言語を向上させる方法について地元の神権指導者の意見を求めてください。

  • 伝道地の言語を学んでいる宣教師が最も犯しやすい共通の誤りを見つけてください。ゾーン大会でこれらの誤りを直すことについて指示を与えてください。

  • 霊的なたまものの教義について宣教師に教えてください。

  • 宣教師が伝道地の言語で教えているところを観察してください。

  • 宣教師とともに伝道地の言語を使う機会を探してください。