伝道部の召し
記憶にとどめましょう


「記憶にとどめましょう」『わたしの福音を宣べ伝えなさい—伝道活動のガイド』裏表紙裏

「記憶にとどめましょう」『わたしの福音を宣べ伝えなさい』裏表紙裏

記憶にとどめましょう …

  • あなたの目的は,人々をキリストのもとへ導くことです。

  • 人々が教義と聖約20:37とバプテスマの面接の質問に記されているバプテスマの条件を満たせるよう備えましょう。

  • 自分自身と周りの人々のために,しばしば祈りましょう。

  • どこへ行き,何を行い,何を語るべきかを示してくださるよう御霊に頼りましょう。

  • 完全に従順になりましょう。

  • 伝道地の言語を毎日学びましょう。

  • 毎日計画を立て,人々に心を注ぎ,改宗へと導くキーインディケーターに焦点を当てましょう。

  • 毎日,毎時間,効果的に働きましょう。

  • リフェローをする人がいないか,すべての人に尋ねましょう。

  • 見つけながら教え,教えながら見つけましょう。

  • あなたの教える人とともにモルモン書を読みましょう。

  • ジョセフ・スミスが神の預言者であることを知るうえで大切なのは,モルモン書を読み,祈ることです。そのことを人々に教えましょう。

  • 教えている人々と毎日連絡を取りましょう。

  • しばしば証を述べましょう。

  • 可能であれば,すべてのレッスンに会員が同席するようにしましょう。

  • 毎回,次のレッスンの具体的な日程と時間を決めましょう。

  • 教えているすべての人をバプテスマ会に招待しましょう。

  • 各レッスンが終わったら,人々が読んで深く考え,次回の集会に備えられるよう,読書課題を渡しましょう。

  • 会員に仕え,ワード指導者と協力して働くことにより,信頼関係を築きましょう。

  • 会員の定着と活発化において,ワード指導者を支援しましょう。

  • あなたの教える人が皆,悔い改めをもたらす決意,救い主への信仰を強める決意ができるよう助けましょう。

  • 主を愛し,最善を尽くして仕えましょう。