2010–2019
また逢う日まで
脚注

Hide Footnotes

テーマ

また逢う日まで

互いに対して,いっそうの思いやりを示すことができますように。主の業に常に携わることができますように。

兄弟姉妹の皆さん,このすばらしい総大会を終えるに当たり,わたしの心は満たされています。わたしたちは各部会の話者の勧めと証に耳を傾け,霊の糧を頂だきました。

わたしたちは祝福されて,この立派なカンファレンスセンターで穏やかに,また無事に集うことができました。大会の模様はかつてないほど広範囲に中継され,大陸を越えて世界各地の人々に届けられました。皆さんの多くは距離的には遠く隔たっていますが,わたしたちは皆さんの霊的な力を感じています。

今大会で解任となった兄弟たちに,長年にわたる献身的な奉仕に対してわたしたち全員の心からの感謝の意を表します。数え切れないほどの人が,主の業に対する皆さんの貢献によって祝福されてきました。

この大会に参加してくれたタバナクル合唱団とそのほかの聖歌隊の皆さんに感謝します。皆さんの美しい音楽は,各部会で感じた御霊に彩りを添えてくれました。

わたしのために,また中央幹部や中央役員のために皆さんがささげてくださる祈りに感謝します。そのおかげでわたしたちは力づけられています。

天の祝福が皆さんとともにありますように。皆さんの家庭が愛と思いやりと主の御霊に満たされますように。皆さんが福音に対する証を絶えず養い,それがサタンの攻撃に対する守りとなりますように。

今,大会は終わります。家までの道のりが安全でありますように。日々従事する事柄に取り組むときにも,ここで感じた御霊がともにとどまりますように。互いに対して,いっそうの思いやりを示すことができますように。主の業に常に携わることができますように。

兄弟姉妹の皆さん,神が皆さんを祝福されますように。神が約束された平安が皆さんとともに今も,そして常にありますように。半年後にまた逢うまでのお別れです。主なる救い主イエス・キリストの御名により,アーメン。