列王紀上19
    脚注
    Theme

    第19章

    1 アハブはエリヤのしたすべてのこと、またかれがすべての預言者よげんしゃかたなころしたことをイゼベルにげたので、

    2 イゼベルは使者ししゃをエリヤにつかわしてった、「もしわたしが、あすのいまごろ、あなたのいのちをあの人々ひとびとのひとりのいのちのようにしていないならば、神々かみがみがどんなにでも、わたしをばっしてくださるように」。

    3 そこでエリヤはおそれて、自分じぶんいのちすくうためにってげ、ユダにぞくするベエルシバへって、しもべをそこにのこし、

    4 自分じぶんは一にちみちのりほど荒野あらのにはいってって、れだまのしたし、自分じぶんもとめてった、「しゅよ、もはや、じゅうぶんです。いまわたしのいのちってください。わたしは先祖せんぞにまさるものではありません」。

    5 かれはれだまのしたしてねむったが、てん使つかいかれにさわり、「きてべなさい」とったので、

    6 きてると、とうのそばに、いしうえいたパン一と、一びんのみずがあった。かれべ、かつんでまたた。

    7 しゅ使つかいふたたびきて、かれにさわってった、「きてべなさい。みちとおくてえられないでしょうから」。

    8 かれきてべ、かつみ、その食物しょくもつちからづいて四十にち四十って、かみやまホレブにいた。

    9 そのところかれはほらあなにはいって、そこに宿やどったが、しゅ言葉ことばかれのぞんで、かれわれた、「エリヤよ、あなたはここでなにをしているのか」。

    10 かれった、「わたしは万軍ばんぐんかみしゅのために非常ひじょう熱心ねっしんでありました。イスラエルの人々ひとびとはあなたの契約けいやくて、あなたの祭壇さいだんをこわし、かたなをもってあなたの預言者よげんしゃたちをころしたのです。ただわたしだけのこりましたが、かれらはわたしのいのちろうとしています」。

    11 しゅわれた、「て、やまうえしゅまえに、ちなさい」。そのときしゅとおぎられ、しゅまえおおきなつよかぜき、やまき、いわくだいた。しかししゅかぜなかにおられなかった。かぜのち地震じしんがあったが、地震じしんなかにもしゅはおられなかった。

    12 地震じしんのちがあったが、なかにもしゅはおられなかった。のちしずかなほそこえきこえた。

    13 エリヤはそれをいてかお外套がいとうつつみ、てほらあなくちつと、かれかたこえきこえた、「エリヤよ、あなたはここでなにをしているのか」。

    14 かれった、「わたしは万軍ばんぐんかみしゅのために非常ひじょう熱心ねっしんでありました。イスラエルの人々ひとびとはあなたの契約けいやくて、あなたの祭壇さいだんをこわし、かたなであなたの預言者よげんしゃたちをころしたからです。ただわたしだけのこりましたが、かれらはわたしのいのちろうとしています」。

    15 しゅかれわれた、「あなたのみちかえってって、ダマスコの荒野あらのにおもむき、ダマスコにいて、ハザエルにあぶらそそぎ、スリヤのおうとしなさい。

    16 またニムシのエヒウにあぶらそそいでイスラエルのおうとしなさい。またアベルメホラのシャパテのエリシャにあぶらそそいで、あなたにかわって預言者よげんしゃとしなさい。

    17 ハザエルのつるぎをのがれるものをエヒウがころし、エヒウのつるぎをのがれるものをエリシャがころすであろう。

    18 また、わたしはイスラエルのうちに七千にんのこすであろう。みなバアルにひざをかがめず、それにくちづけしないものである」。

    19 さてエリヤはそこをってって、シャパテのエリシャにった。かれは十二くびきのうしまえかせ、自分じぶんは十二番目ばんめのくびきとともにいてたがやしていた。エリヤはかれのかたわらをとおぎて外套がいとうかれうえにかけた。

    20 エリシャはうして、エリヤのあとにはしってきてった、「わたしの父母ふぼくちづけさせてください。そしてのちあなたにしたがいましょう」。エリヤはかれった、「ってきなさい。わたしはあなたになにをしましたか」。

    21 エリシャはかれはなれてかえり、ひとくびきのうしってころし、うしのくびきをやしてそのにく、それをたみあたえてべさせ、ってってエリヤにしたがい、かれつかえた。