列王紀上15
    脚注
    Theme

    第15章

    1 ネバテのヤラベアムおうだい十八ねんにアビヤムがユダのおうとなり、

    2 エルサレムで三ねんおさめた。そのはははマアカといって、アブサロムのむすめであった。

    3 かれはそのちちさきおこなったもろもろのつみをおこない、そのこころちちダビデのこころのようにそのかみしゅたいしてまった真実しんじつではなかった。

    4 それにもかかわらず、そのかみしゅはダビデのために、エルサレムにおいてかれに一つのともしびをあたえ、そのかれのあとにてて、エルサレムをかためられた。

    5 それはダビデがヘテびとウリヤのことのほか、一生いっしょうあいだしゅにかなうことおこない、しゅめいじられたすべてのことに、そむかなかったからである。

    6 レハベアムとヤラベアムのあいだには一生いっしょうあいだ戦争せんそうがあった。

    7 アビヤムのその行為こういと、かれがしたすべてのことは、ユダのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。アビヤムとヤラベアムのあいだにも戦争せんそうがあった。

    8 アビヤムはその先祖せんぞともねむって、ダビデのまちほうむられ、そのアサがかわっておうとなった。

    9 イスラエルのおうヤラベアムのだい二十ねんにアサはユダのおうとなり、

    10 エルサレムで四十一ねんおさめた。そのはははマアカといってアブサロムのむすめであった。

    11 アサはそのちちダビデがしたようにしゅにかなうことをし、

    12 神殿しんでん男娼だんしょうくにからし、先祖せんぞたちのつくったもろもろの偶像ぐうぞうのぞいた。

    13 かれはまたそのははマアカが、アシラのためににくむべきぞうつくらせたので、彼女かのじょ太后たいこうくらいから退しりぞけた。そしてアサはそのにくむべきぞうたおしてキデロンのたにてた。

    14 ただしたかところのぞかなかった。けれどもアサのこころ一生いっしょうあいだしゅたいしてまった真実しんじつであった。

    15 かれちち献納けんのうしたもの自分じぶん献納けんのうしたもの金銀きんぎんおよび器物うつわものしゅみやたずされた。

    16 アサとイスラエルのおうバアシャのあいだには一生いっしょうあいだ戦争せんそうがあった。

    17 イスラエルのおうバアシャはユダにのぼり、ユダのおうアサのところに、だれをも出入でいりさせないためにラマをきずいた。

    18 そこでアサはしゅみや宝蔵ほうぞうと、おう宮殿きゅうでん宝蔵ほうぞうのこっている金銀きんぎんをことごとくって、これを家来けらいたちのにわたし、そしてアサおうかれらをダマスコにんでいるスリヤのおう、ヘジョンのタブリモンのであるベネハダデにつかわしてわせた、

    19 「わたしのちちとあなたのちちとのあいだむすばれていたように、わたしとあなたのあいだ同盟どうめいむすびましょう。わたしはあなたに金銀きんぎんおくものをさしあげます。って、あなたとイスラエルのおうバアシャとの同盟どうめい破棄はきし、かれをわたしのところから撤退てったいさせてください」。

    20 ベネハダデはアサおううことをき、自分じぶん軍勢ぐんぜいちょうたちをつかわしてイスラエルの町々まちまちめ、イヨンとダンとアベル・ベテ・マアカおよびキンネレテのぜんと、ナフタリのぜんった。

    21 バアシャはこれをき、ラマをきずくことをやめて、テルザにとどまった。

    22 そこでアサおうはユダ全国ぜんこく布告ふこくはっした。ひとりもまぬかれるものはなかった。すなわちバアシャがラマをきずくためにもちいたいし材木ざいもくはこびこさせ、アサおうはそれをもちいて、ベニヤミンのゲバとミヅパをきずいた。

    23 アサのその事績じせきとそのすべての勲功くんこうと、かれがしたすべてのことおよびかれてた町々まちまちは、ユダのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。かれ老年ろうねんになってあしんだ。

    24 アサはその先祖せんぞともねむって、ちちダビデのまち先祖せんぞともほうむられ、そのヨシャパテがかわっておうとなった。

    25 ユダのおうアサのだいねんにヤラベアムのナダブがイスラエルのおうとなって、二ねんイスラエルをおさめた。

    26 かれしゅまえあくおこない、そのちちみちあゆみ、ちちがイスラエルにおかさせたつみをおこなった。

    27 イッサカルのいえのアヒヤのバアシャはかれたいしてむほんをくわだて、ペリシテびとにぞくするギベトンでかれった。これはナダブとイスラエルがみなギベトンをかこんでいたからである。

    28 こうしてユダのおうアサのだいねんにバアシャはかれころし、かれかわっておうとなった。

    29 かれおうとなるとすぐヤラベアムの全家ぜんかち、いきのあるものをひとりもヤラベアムのいえのこさず、ことごとくほろぼした。しゅがそのしもべシロびとアヒヤによってわれた言葉ことばのとおりであって、

    30 これはヤラベアムがみずからおかし、またイスラエルにおかさせたつみのため、またかれがイスラエルのかみしゅいからせたそのいかりによるのであった。

    31 ナダブのその事績じせきと、かれがしたすべてのことは、イスラエルのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

    32 アサとイスラエルのおうバアシャのあいだには一生いっしょうあいだ戦争せんそうがあった。

    33 ユダのおうアサのだいねんにアヒヤのバアシャはテルザでイスラエルのぜんおうとなって、二十四ねんおさめた。

    34 かれしゅまえあくおこない、ヤラベアムのみちあゆみ、ヤラベアムがイスラエルにおかさせたつみをおこなった。