列王紀上14
    脚注
    Theme

    第14章

    1 そのころヤラベアムのアビヤが病気びょうきになったので、

    2 ヤラベアムはつまった、「って姿すがたえ、ヤラベアムのつまであることのられないようにしてシロへきなさい。わたしがこのたみおうとなることを、わたしにげた預言者よげんしゃアヒヤがそこにいます。

    3 パン十菓子かし数個すうこおよび、みつ一びんをたずさえてかれのところへきなさい。かれはこのがどうなるかをあなたにげるでしょう」。

    4 ヤラベアムのつまはそのようにして、ってシロへき、アヒヤのいえいたが、アヒヤは年老としおいたため、がかすんでることができなかった。

    5 しかししゅはアヒヤにわれた、「ヤラベアムのつま子供こどもことをあなたにたずねるためにる。子供こども病気びょうきだ。あなたは彼女かのじょにこうこうわなければならない」。彼女かのじょるとき、他人たにんよそおっていた。

    6 しかし彼女かのじょ戸口とぐちにはいってきたとき、アヒヤはその足音あしおといてった、「ヤラベアムのつまよ、はいりなさい。なぜ、他人たにんよそおうのですか。わたしはあなたにきびしいことげるよう、めいじられています。

    7 ってヤラベアムにいなさい、『イスラエルのかみしゅはこうおおせられる、「わたしはあなたをたみのうちからあげ、わたしのたみイスラエルのうえててきみとし、

    8 くにをダビデのいえからはなして、それをあなたにあたえたのに、あなたはわたしのしもべダビデが、わたしの命令めいれいまもって一心いっしんにわたしにしたがい、ただわたしのにかなったことのみをおこなったようにではなく、

    9 あなたよりもさきにいたすべてのものにまさってあくをなし、って自分じぶんのために神々かみがみぞうつくり、わたしをいからせ、わたしをうしろにった。

    10 それゆえ、よ、わたしはヤラベアムのいえわざわいくだし、ヤラベアムにぞくするおとこは、イスラエルについて、つながれたものも、自由じゆうものもことごとくち、ひとがあくたをのこりなくきつくすように、ヤラベアムのいえまったほろぼすであろう。

    11 ヤラベアムにぞくするものは、まちものいぬべ、ものそらとりべるであろう。しゅがこれをわれるのである」』。

    12 あなたはって、いえかえりなさい。あなたのあしまちにはいるときに、どもはにます。

    13 そしてイスラエルはみなかれのためにかなしんでかれほうむるでしょう。ヤラベアムにぞくするものは、ただかれだけはかほうむられるでしょう。ヤラベアムのいえのうちで、かれはイスラエルのかみしゅにむかっておもいをいだいていたからです。

    14 しゅはイスラエルのうえにひとりのおうおこされます。かれはそのヤラベアムのいえつでしょう。

    15 そののちしゅはイスラエルをって、みずらぐあしのようにし、イスラエルを、その先祖せんぞたまわったこのからって、ユフラテかわこうにらされるでしょう。かれらがアシラぞうつくってしゅいからせたからです。

    16 しゅはヤラベアムのつみのゆえに、すなわちかれがみずからおかし、またイスラエルにおかさせたそのつみのゆえにイスラエルをてられるでしょう」。

    17 ヤラベアムのつまってり、テルザへって、いえ敷居しきいをまたいだときどもはんだ。

    18 イスラエルはみなかれほうむり、かれのためにかなしんだ。しゅがそのしもべ預言者よげんしゃアヒヤによってわれた言葉ことばのとおりである。

    19 ヤラベアムのその事績じせきかれがどのようにたたかい、どのようにおさめたかは、イスラエルのおう歴代志れきだいししょにしるされている。

    20 ヤラベアムがおさめたは二十二ねんであった。かれはその先祖せんぞともねむって、そのナダブがかわっておうとなった。

    21 ソロモンのレハベアムはユダでおさめた。レハベアムはおうとなったとき四十一さいであったが、しゅがそのくために、イスラエルのすべての部族ぶぞくのうちからえらばれたまちエルサレムで、十七ねんおさめた。そのはははナアマといってアンモンびとであった。

    22 ユダの人々ひとびとはその先祖せんぞおこなったすべてのことにまさって、しゅまえあくおこない、そのおかしたつみによってしゅいかりをおこした。

    23 かれらもすべてのたかおかうえと、すべてのあおしたに、たかところいしはしらとアシラぞうとをてたからである。

    24 そのくににはまた神殿しんでん男娼だんしょうたちがいた。かれらはしゅがイスラエルの人々ひとびとまえからはらわれた国民こくみんのすべてのにくむべきことをならいった。

    25 レハベアムのおうだいねんにエジプトのおうシシャクがエルサレムにのぼってきて、

    26 しゅみや宝物ほうもつと、おう宮殿きゅうでん宝物ほうもつうばった。かれはそれをことごとくうばり、またソロモンのつくったきんたてをみなうばった。

    27 レハベアムはそのかわりに青銅せいどうたてつくって、おう宮殿きゅうでんもんまも侍衛じえいちょうにわたした。

    28 おうしゅみやにはいるごとに、侍衛じえいはそれをたずさえ、また、それを侍衛じえいのへやへかえった。

    29 レハベアムのその事績じせきと、かれがしたすべてのことは、ユダのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

    30 レハベアムとヤラベアムのあいだにはえず戦争せんそうがあった。

    31 レハベアムはその先祖せんぞともねむって先祖せんぞともにダビデのまちほうむられた。そのはははナアマといってアンモンびとであった。そのアビヤムがかわっておうとなった。