列王紀上12
    脚注
    Theme

    第12章

    1 レハベアムはシケムへった。すべてのイスラエルびとがかれおうにしようとシケムへったからである。

    2 ネバテのヤラベアムはソロモンをけてエジプトにのがれ、なおそこにいたが、これをいてエジプトからかえったので、

    3 人々ひとびとひとをつかわしてかれまねいた。そしてヤラベアムとイスラエルの会衆かいしゅうみなレハベアムのところにきてった、

    4 父上ちちうえはわれわれのくびきをおもくされましたが、いま父上ちちうえのきびしい使役しえきと、父上ちちうえがわれわれにわせられたおもいくびきとをかるくしてください。そうすればわれわれはあなたにつかえます」。

    5 レハベアムはかれらにった、「って、三ぎてから、またわたしのところにきなさい」。それでたみった。

    6 レハベアムおうちちソロモンの存命ぞんめいなかソロモンにつかえた老人ろうじんたちに相談そうだんしてった、「このたみにどう返答へんとうすればよいとおもいますか」。

    7 かれらはレハベアムにった、「もし、あなたが、きょう、このたみのしもべとなってかれらにつかえ、かれらにこたえるとき、ねんごろにかたられるならば、かれらは永久えいきゅうにあなたのしもべとなるでしょう」。

    8 しかしかれ老人ろうじんたちがあたえたすすめをてて、自分じぶん一緒いっしょおおきくなって自分じぶんつかえている若者わかものたちに相談そうだんして、

    9 かれらにった、「このたみがわたしにむかって『あなたのちちがわれわれにわせたくびきをかるくしてください』というのに、われわれはなんと返答へんとうすればよいとおもいますか」。

    10 かれ一緒いっしょおおきくなった若者わかものたちはかれった、「あなたにむかって『父上ちちうえはわれわれのくびきをおもくされましたが、あなたは、それをわれわれのためにかるくしてください』とうこのたみに、こういなさい、『わたしの小指こゆびちちこしよりもふとい。

    11 ちちはあなたがたにおもいくびきをわせたが、わたしはさらに、あなたがたのくびきをおもくしよう。ちちはむちであなたがたをらしたが、わたしはさそりをもってあなたがたをらそう』と」。

    12 さてヤラベアムとたみみなおうが「三ふたたびわたしのところにるように」とったとおりに、三にレハベアムのところにきた。

    13 おう荒々あらあらしくたみこたえ、老人ろうじんたちがあたえたすすめをてて、

    14 若者わかものたちのすすめにしたがい、かれらにげてった、「ちちはあなたがたのくびきをおもくしたが、わたしはあなたがたのくびきを、さらにおもくしよう。ちちはむちであなたがたをらしたが、わたしはさそりをもってあなたがたをらそう」。

    15 このようにおうたみうことをきいれなかった。これはかつてしゅがシロびとアヒヤによって、ネバテのヤラベアムにわれた言葉ことば成就じょうじゅするために、しゅ仕向しむけられたことであった。

    16 イスラエルの人々ひとびとみなおう自分じぶんたちのうことをきいれないのをたので、たみおうこたえてった、「われわれはダビデのうちになにぶんがあろうか、エッサイののうちにぎょうがない。イスラエルよ、あなたがたの天幕てんまくかえれ。ダビデよ、いま自分じぶんいえことよ」。そしてイスラエルはその天幕てんまくっていった。

    17 しかしレハベアムはユダの町々まちまちんでいるイスラエルの人々ひとびとおさめた。

    18 レハベアムおう徴募ちょうぼ監督かんとくであったアドラムをつかわしたが、イスラエルがみなかれいしころしたので、レハベアムおういそいでくるまり、エルサレムへげた。

    19 こうしてイスラエルはダビデのいえにそむいて今日こんにちいたった。

    20 イスラエルはみなヤラベアムのかえってきたのをき、ひとをつかわしてかれ集会しゅうかいまねき、イスラエルの全家ぜんかうえおうとした。ユダの部族ぶぞくのほかはダビデのいえしたがものがなかった。

    21 ソロモンのレハベアムはエルサレムにて、ユダの全家ぜんかとベニヤミンの部族ぶぞくもの、すなわちえりきの軍人ぐんじん十八万をあつめ、くにりもどすために、イスラエルのいえたたかおうとしたが、

    22 かみ言葉ことばかみひとシマヤにのぞんだ、

    23 「ソロモンのであるユダのおうレハベアム、およびユダとベニヤミンの全家ぜんか、ならびにそのほかのたみいなさい、

    24 しゅはこうおおせられる。あなたがたはのぼっていってはならない。あなたがたの兄弟きょうだいであるイスラエルの人々ひとびとたたかってはならない。おのおのいえかえりなさい。このことはわたしからたのである』」。それでかれらはしゅ言葉ことばをきき、しゅ言葉ことばしたがってかえっていった。

    25 ヤラベアムはエフライムの山地さんちにシケムをてて、そこにんだ。かれはまたそこからてペヌエルをてた。

    26 しかしヤラベアムはそのこころのうちにった、「くにいまダビデのいえにもどるであろう。

    27 もしこのたみがエルサレムにあるしゅみや犠牲ぎせいをささげるためにのぼるならば、このたみこころはユダのおうであるかれらの主君しゅくんレハベアムにかえり、わたしをころして、ユダのおうレハベアムにかえるであろう」。

    28 そこでおう相談そうだんして、二つのきんうしつくり、たみった、「あなたがたはもはやエルサレムにのぼるには、およばない。イスラエルよ、あなたがたをエジプトのくにからみちびのぼったあなたがたのかみよ」。

    29 そしてかれは一つをベテルにすえ、一つをダンにいた。

    30 このことつみとなった。たみがベテルへって一つを礼拝れいはいし、ダンへって一つを礼拝れいはいしたからである。

    31 かれはまたたかところいえつくり、レビの子孫しそんでない一般いっぱんたみ祭司さいし任命にんめいした。

    32 またヤラベアムはユダでおこなまつりおなまつりを八がつの十五にちさだめ、そして祭壇さいだんのぼった。かれはベテルでそのようにおこない、かれつくったうし犠牲ぎせいをささげた。また自分じぶんつくったたかところ祭司さいしをベテルにてた。

    33 こうしてかれはベテルにつくった祭壇さいだんに八がつの十五にちのぼった。これはかれ自分じぶん勝手かってかんがえついたつきであった。そしてかれはイスラエルの人々ひとびとのためにまつりさだめ、祭壇さいだんのぼってこうをたいた。