聖典
列王紀上11
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第11章

1 ソロモンおうおおくの外国がいこくおんなあいした。すなわちパロのむすめ、モアブびと、アンモンびと、エドムびと、シドンびと、ヘテびとのおんなあいした。

2 しゅはかつてこれらの国民こくみんについて、イスラエルの人々ひとびとわれた、「あなたがたはかれらとまじわってはならない。かれらもまたあなたがたとまじわってはならない。かれらはかならずあなたがたのこころてんじてかれらの神々かみがみしたがわせるからである」。しかしソロモンはかれらをあいしてはなれなかった。

3 かれには王妃おうひとしてのつま七百にん、そばめ三百にんがあった。そのつまたちがかれこころてんじたのである。

4 ソロモンが年老としおいたとき、そのつまたちがかれこころてんじて神々かみがみしたがわせたので、かれこころちちダビデのこころのようには、そのかみしゅ真実しんじつでなかった。

5 これはソロモンがシドンびとの女神めがみアシタロテにしたがい、アンモンびとのかみであるにくむべきものミルコムにしたがったからである。

6 このようにソロモンはしゅまえあくおこない、ちちダビデのようにまったくはしゅしたがわなかった。

7 そしてソロモンはモアブのかみであるにくむべきものケモシのために、またアンモンの人々ひとびとかみであるにくむべきものモレクのためにエルサレムのひがしやまたかところきずいた。

8 かれはまた外国がいこくのすべてのつまたちのためにもそうしたので、彼女かのじょたちはその神々かみがみこうをたき、犠牲ぎせいをささげた。

9 このようにソロモンのこころてんじて、イスラエルのかみしゅはなれたため、しゅかれいかられた。すなわちしゅがかつて二かれあらわれ、

10 このことについてかれに、神々かみがみしたがってはならないとめいじられたのに、かれしゅめいじられたことをまもらなかったからである。

11 それゆえ、しゅはソロモンにわれた、「これがあなたの本心ほんしんであり、わたしがめいじた契約けいやくさだめとをまもらなかったので、わたしはかならずあなたからくにはなして、それをあなたの家来けらいあたえる。

12 しかしあなたのちちダビデのために、あなたのにはそれをしないが、あなたのからそれをはなす。

13 ただし、わたしはくにをことごとくははなさず、わたしのしもべダビデのために、またわたしがえらんだエルサレムのために一つの部族ぶぞくをあなたのあたえるであろう」。

14 こうしてしゅはエドムびとハダデをおこして、ソロモンのてきとされた。かれはエドムのおういえものであった。

15 さきにダビデはエドムにいたが、ぐんちょうヨアブがのぼっていって、戦死せんししたものほうむり、エドムの男子だんしをことごとくころしたとき

16 (ヨアブはイスラエルの人々ひとびとともに六かげつそこにとどまって、エドムの男子だんしをことごとくった)。

17 ハダデはそのちちのしもべである数人すうにんのエドムびととともげてエジプトへこうとした。そのときハダデはまだ少年しょうねんであった。

18 かれらがミデアンをってパランへき、パランから人々ひとびとともなってエジプトへき、エジプトのおうパロのところへくと、パロはかれいえあたえ、食糧しょくりょうさだめ、かつ土地とちあたえた。

19 ハダデはおおいにパロのこころにかなったので、パロは自分じぶんつまいもうとすなわち王妃おうひタペネスのいもうとつまとしてかれあたえた。

20 タペネスのいもうとかれおとこゲヌバテをんだので、タペネスはそのをパロのいえのうちで乳離ちばなれさせた。ゲヌバテはパロのいえで、パロのどもたちと一緒いっしょにいた。

21 さてハダデはエジプトで、ダビデがその先祖せんぞともねむったことと、ぐんちょうヨアブがんだことをいたので、ハダデはパロにった、「わたしをらせて、くにかえらせてください」。

22 パロはかれった、「わたしとともにいて、なんの不足ふそくがあってくにかえることをもとめるのですか」。かれった、「ただ、わたしをかえらせてください」。

23 かみはまたエリアダのレゾンをおこしてソロモンのてきとされた。かれはその主人しゅじんゾバのおうハダデゼルのもとをったものであった。

24 ダビデがゾバの人々ひとびところしたのちかれ人々ひとびと自分じぶんのまわりにあつめて略奪りゃくだつたい首領しゅりょうとなった。かれらはダマスコへって、そこにみ、ダマスコでかれおうとした。

25 かれはソロモンの一生いっしょうあいだ、イスラエルのてきとなって、ハダデがしたようにがいをなし、イスラエルをにくんでスリヤをおさめた。

26 ゼレダのエフライムびとネバテのヤラベアムはソロモンの家来けらいであったが、そのはははゼルヤといって寡婦かふであった。かれもまたそのをあげておうてきした。

27 かれをあげて、おうてきした事情じじょうはこうである。ソロモンはミロをきずき、ちちダビデのまちやぶくちをふさいでいた。

28 ヤラベアムは非常ひじょう手腕しゅわんのあるひとであったが、ソロモンはこの若者わかものがよくはたらくのをて、かれにヨセフのいえのすべての強制きょうせい労働ろうどう監督かんとくをさせた。

29 そのころ、ヤラベアムがエルサレムをたとき、シロびとである預言者よげんしゃアヒヤがみちかれった。アヒヤはあたらしい着物きものていた。そしてかれらふたりだけがにいた。

30 アヒヤはている着物きものをつかんで、それを十二れにき、

31 ヤラベアムにった、「あなたは十れをりなさい。イスラエルのかみしゅはこうわれる、『よ、わたしはくにをソロモンのからはなして、あなたに十部族ぶぞくあたえよう。

32 (ただしかれはわたしのしもべダビデのために、またわたしがイスラエルのすべての部族ぶぞくのうちからえらんだまちエルサレムのために、一つの部族ぶぞくをもつであろう)。

33 それはかれがわたしをてて、シドンびとの女神めがみアシタロテと、モアブのかみケモシと、アンモンの人々ひとびとかみミルコムをおがみ、ちちダビデのように、わたしのみちあゆんで、わたしのにかなうことおこない、わたしのさだめと、おきてをまもることをしなかったからである。

34 しかし、わたしはくにをことごとくはかれかららない。わたしがえらんだ、わたしのしもべダビデが、わたしの命令めいれいさだめとをまもったので、わたしはかれのためにソロモンを一生いっしょうあいだきみとしよう。

35 そして、わたしはそのからくにって、その十部族ぶぞくをあなたにあたえる。

36 そのには一つの部族ぶぞくあたえて、わたしのくためにえらんだまちエルサレムで、わたしのしもべダビデに、わたしのまえつねに一つのともしびをたもたせるであろう。

37 わたしがあなたをえらび、あなたはすべてこころのぞむところをおさめて、イスラエルのうえおうとなるであろう。

38 もし、あなたが、わたしのめいじるすべてのこといて、わたしのみちあゆみ、わたしのにかなうことおこない、わたしのしもべダビデがしたように、わたしのさだめといましめとをまもるならば、わたしはあなたとともにいて、わたしがダビデのためにてたように、あなたのために堅固けんごいえてて、イスラエルをあなたにあたえよう。

39 わたしはこのためにダビデの子孫しそんくるしめる。しかし永久えいきゅうにではない』」。

40 ソロモンはヤラベアムをころそうとしたが、ヤラベアムはってエジプトにのがれ、エジプトおうシシャクのところへって、ソロモンのぬまでエジプトにいた。

41 ソロモンのそのほかの事績じせきと、かれがしたすべてのことおよびその知恵ちえは、ソロモンの事績じせきしょにしるされているではないか。

42 ソロモンがエルサレムでイスラエルのぜんおさめたは四十ねんであった。

43 ソロモンはその先祖せんぞともねむって、ちちダビデのまちほうむられ、そのレハベアムがかわっておうとなった。