コリント人への第一の手紙6
    脚注
    Theme

    第6章

    1 あなたがたのなかのひとりが、仲間なかまものなにあらそいをおこした場合ばあい、それを聖徒せいとうったえないで、ただしくないものうったるようなことをするのか。

    2 それとも、聖徒せいとをさばくものであることを、あなたがたはらないのか。そして、があなたがたによってさばかれるべきであるのに、きわめてちいさい事件じけんでもさばくちからがないのか。

    3 あなたがたはらないのか、わたしたちは御使みつかいをさえさばくものである。ましてこの事件じけんなどは、いうまでもないではないか。

    4 それだのに、この事件じけんおこると、教会きょうかいかろんじられているひとたちを、裁判さいばんせきにつかせるのか。

    5 わたしがこううのは、あなたがたをはずかしめるためである。いったい、あなたがたのなかには、兄弟きょうだいあいだあらそいを仲裁ちゅうさいすることができるほどの知者ちしゃは、ひとりもいないのか。

    6 しかるに、兄弟きょうだい兄弟きょうだいうったえ、しかもそれを不信者ふしんじゃまえすのか。

    7 そもそも、たがいうったうこと自体じたいが、すでにあなたがたの敗北はいぼくなのだ。なぜ、むしろ不義ふぎけないのか。なぜ、むしろだまされていないのか。

    8 しかるに、あなたがたは不義ふぎはたらき、だましり、しかも兄弟きょうだいたいしてそうしているのである。

    9 それとも、ただしくないものかみくにをつぐことはないのを、らないのか。まちがってはいけない。不品行ふひんこうもの偶像ぐうぞう礼拝れいはいするもの姦淫かんいんをするもの男娼だんしょうとなるもの男色なんしょくをするものぬすもの

    10 貪欲どんよくものさけもの、そしるもの略奪りゃくだつするものは、いずれもかみくにをつぐことはないのである。

    11 あなたがたのなかには、以前いぜんはそんなひともいた。しかし、あなたがたは、しゅイエス・キリストのによって、またわたしたちのかみれいによって、あらわれ、きよめられ、とされたのである。

    12 すべてのことは、わたしにゆるされている。しかし、すべてのことがえきになるわけではない。すべてのことは、わたしにゆるされている。しかし、わたしはなにものにも支配しはいされることはない。

    13 食物しょくもつはらのため、はら食物しょくもつのためである。しかしかみは、それもこれもほろぼすであろう。からだは不品行ふひんこうのためではなく、しゅのためであり、しゅはからだのためである。

    14 そして、かみしゅをよみがえらせたが、そのちからで、わたしたちをもよみがえらせてくださるであろう。

    15 あなたがたは自分じぶんのからだがキリストの肢体したいであることを、らないのか。それだのに、キリストの肢体したいって遊女ゆうじょ肢体したいとしてよいのか。だんじていけない。

    16 それとも、遊女ゆうじょにつくものはそれと一つのからだになることを、らないのか。「ふたりのもの一体いったいとなるべきである」とあるからである。

    17 しかししゅにつくものは、しゅと一つのれいになるのである。

    18 不品行ふひんこうけなさい。ひとおかすすべてのつみは、からだのそとにある。しかし不品行ふひんこうをするものは、自分じぶんのからだにたいしてつみおかすのである。

    19 あなたがたはらないのか。自分じぶんのからだは、かみからけて自分じぶんうち宿やどっている聖霊せいれいみやであって、あなたがたは、もはや自分じぶん自身じしんのものではないのである。

    20 あなたがたは、代価だいかはらっていとられたのだ。それだから、自分じぶんのからだをもって、かみ栄光えいこうをあらわしなさい。