聖典
コリント人への第一の手紙12

第12章

1 兄弟きょうだいたちよ。れい賜物たまものについては、つぎのことをらずにいてもらいたくない。

2 あなたがたがまだ異邦人いほうじんであったときさそわれるまま、ものえない偶像ぐうぞうのところにかれてったことは、あなたがたの承知しょうちしているとおりである。

3 そこで、あなたがたにっておくが、かみれいによってかたものはだれも「イエスはのろわれよ」とはわないし、また、聖霊せいれいによらなければ、だれも「イエスはしゅである」とうことができない。

4 れい賜物たまもの種々しゅじゅあるが、御霊みたまおなじである。

5 つとめ種々しゅじゅあるが、しゅおなじである。

6 はたらきは種々しゅじゅあるが、すべてのもののなかはたらいてすべてのことをなさるかみは、おなじである。

7 各自かくじ御霊みたまあらわれをたまわっているのは、全体ぜんたいえきになるためである。

8 すなわち、あるひとには御霊みたまによって知恵ちえ言葉ことばあたえられ、ほかのひとには、おな御霊みたまによって知識ちしきことば

9 またほかのひとには、おな御霊みたまによって信仰しんこう、またほかのひとには、一つの御霊みたまによっていやしの賜物たまもの

10 またほかのひとにはちからあるわざ、またほかのひとには預言よげん、またほかのひとにはれいわけるちから、またほかのひとには種々しゅじゅ異言いげん、またほかのひとには異言いげんちからが、あたえられている。

11 すべてこれらのものは、一つのおな御霊みたまはたらきであって、御霊みたまおもいのままに、それらを各自かくじあたえられるのである。

12 からだが一つであっても肢体したいおおくあり、また、からだのすべての肢体したいおおくあっても、からだは一つであるように、キリストの場合ばあい同様どうようである。

13 なぜなら、わたしたちはみな、ユダヤじんもギリシヤじんも、奴隷どれい自由人じゆうじんも、一つの御霊みたまによって、一つのからだとなるようにバプテスマをけ、そしてみな一つの御霊みたまんだからである。

14 実際じっさい、からだは一つの肢体したいだけではなく、おおくのものからできている。

15 もしあしが、わたしはではないから、からだにぞくしていないとっても、それで、からだにぞくさないわけではない。

16 また、もしみみが、わたしはではないから、からだにぞくしていないとっても、それで、からだにぞくさないわけではない。

17 もしからだ全体ぜんたいだとすれば、どこでくのか。もし、からだ全体ぜんたいみみだとすれば、どこでかぐのか。

18 そこでかみ御旨みむねのままに、肢体したいをそれぞれ、からだにそなえられたのである。

19 もし、すべてのものが一つの肢体したいなら、どこにからだがあるのか。

20 ところが実際じっさい肢体したいおおくあるが、からだは一つなのである。

21 にむかって、「おまえはいらない」とはえず、またあたまあしにむかって、「おまえはいらない」ともえない。

22 そうではなく、むしろ、からだのうちでほかよりもよわえる肢体したいが、かえって必要ひつようなのであり、

23 からだのうちで、ほかよりもおとりがするとおもえるところに、ものをせていっそうよくする。うるわしくない部分ぶぶんはいっそううるわしくするが、

24 うるわしい部分ぶぶんはそうする必要ひつようがない。かみおとっている部分ぶぶんをいっそうよくして、からだに調和ちょうわをおあたえになったのである。

25 それは、からだのなか分裂ぶんれつがなく、それぞれの肢体したいたがいにいたわりうためなのである。

26 もし一つの肢体したいなやめば、ほかの肢体したいもみなともなやみ、一つの肢体したいたっとばれると、ほかの肢体したいもみなともよろこぶ。

27 あなたがたはキリストのからだであり、ひとりびとりはその肢体したいである。

28 そして、かみ教会きょうかいなかで、人々ひとびとてて、だい一に使徒しとだい二に預言者よげんしゃだい三に教師きょうしとし、つぎちからあるわざをおこなものつぎにいやしの賜物たまものもの、また補助者ほじょしゃ管理者かんりしゃ種々しゅじゅ異言いげんかたものをおかれた。

29 みんなが使徒しとだろうか。みんなが預言者よげんしゃだろうか。みんなが教師きょうしだろうか。みんながちからあるわざをおこなものだろうか。

30 みんながいやしの賜物たまものっているのだろうか。みんなが異言いげんかたるのだろうか。みんなが異言いげんくのだろうか。

31 だが、あなたがたは、さらおおいなる賜物たまものようと熱心ねっしんつとめなさい。そこで、わたしはもっともすぐれたみちをあなたがたにしめそう。