コリント人への第一の手紙10
    脚注
    Theme

    第10章

    1 兄弟きょうだいたちよ。このことをらずにいてもらいたくない。わたしたちの先祖せんぞはみなくもしたにおり、みなうみとおり、

    2 みなくもなかうみなかで、モーセにつくバプテスマをけた。

    3 また、みなおなれい食物しょくもつべ、

    4 みなおなれいものんだ。すなわち、かれらについてきたれいいわからんだのであるが、このいわはキリストにほかならない。

    5 しかし、かれらのなか大多数だいたすうは、かみのみこころにかなわなかったので、荒野あらのほろぼされてしまった。

    6 これらの出来事できごとは、わたしたちにたいする警告けいこくであって、かれらがあくをむさぼったように、わたしたちもあくをむさぼることのないためなのである。

    7 だから、かれらのなかのあるものたちのように、偶像ぐうぞう礼拝者れいはいしゃになってはならない。すなわち、「たみしていをし、またっておどたわむれた」といてある。

    8 また、あるものたちがしたように、わたしたちは不品行ふひんこうをしてはならない。不品行ふひんこうをしたためたおされたものが、一にちに二万三千にんもあった。

    9 また、あるものたちがしたように、わたしたちはしゅこころみてはならない。しゅこころみたものは、へびにころされた。

    10 また、あるものたちがつぶやいたように、つぶやいてはならない。つぶやいたものは、「使つかい」にほろぼされた。

    11 これらのことかれらにおこったのは、ほかたいする警告けいこくとしてであって、それがかれたのは、おわりにのぞんでいるわたしたちにたいする訓戒くんかいのためである。

    12 だから、っているとおもものは、たおれないようにをつけるがよい。

    13 あなたがたのった試錬しれんで、つねでないものはない。かみ真実しんじつである。あなたがたをえられないような試錬しれんわせることはないばかりか、試錬しれん同時どうじに、それにえられるように、のがれるみちそなえてくださるのである。

    14 それだから、あいするものたちよ。偶像ぐうぞう礼拝れいはいけなさい。

    15 賢明けんめいなあなたがたにうったえる。わたしのうことを、みずか判断はんだんしてみるがよい。

    16 わたしたちが祝福しゅくふくする祝福しゅくふくさかずき、それはキリストのにあずかることではないか。わたしたちがさくパン、それはキリストのからだにあずかることではないか。

    17 パンが一つであるから、わたしたちはおおくいても、一つのからだなのである。みんなのものが一つのパンをともにいただくからである。

    18 にくによるイスラエルをるがよい。そなものべるひとたちは、祭壇さいだんにあずかるのではないか。

    19 すると、なんとったらよいか。偶像ぐうぞうにささげるそなものは、なに意味いみがあるのか。また、偶像ぐうぞうなにかほんとうにあるものか。

    20 そうではない。人々ひとびとそなえるものは、悪霊あくれいども、すなわち、かみならぬものそなえるのである。わたしは、あなたがたが悪霊あくれい仲間なかまになることをのぞまない。

    21 しゅさかずき悪霊あくれいどものさかずきとを、同時どうじむことはできない。しゅ食卓しょくたく悪霊あくれいどもの食卓しょくたくとに、同時どうじにあずかることはできない。

    22 それとも、わたしたちはしゅのねたみをおこしそうとするのか。わたしたちは、しゅよりもつよいのだろうか。

    23 すべてのことはゆるされている。しかし、すべてのことがえきになるわけではない。すべてのことはゆるされている。しかし、すべてのことがひととくたかめるのではない。

    24 だれでも、自分じぶんえきもとめないで、ほかのひとえきもとめるべきである。

    25 すべて市場いちばられているものは、いちいち良心りょうしんうことをしないで、べるがよい。

    26 とそれにちているものとは、しゅのものだからである。

    27 もしあなたがたが、不信者ふしんじゃのだれかにまねかれて、そこにこうとおも場合ばあい自分じぶんまえされるものはなんでも、いちいち良心りょうしんうことをしないで、べるがよい。

    28 しかし、だれかがあなたがたに、これはささげものにくだとったなら、それをらせてくれたひとのために、また良心りょうしんのために、べないがよい。

    29 良心りょうしんったのは、自分じぶん良心りょうしんではなく、他人たにん良心りょうしんのことである。なぜなら、わたしの自由じゆうが、どうして他人たにん良心りょうしんによって左右さゆうされることがあろうか。

    30 もしわたしが感謝かんしゃしてべる場合ばあい、その感謝かんしゃするものについて、どうしてひとのそしりをけるわけがあろうか。

    31 だから、むにもべるにも、また何事なにごとをするにも、すべてかみ栄光えいこうのためにすべきである。

    32 ユダヤじんにもギリシヤじんにもかみ教会きょうかいにも、つまずきになってはいけない。

    33 わたしもまた、何事なにごとにもすべてのひとよろこばれるようにつとめ、おおくのひとすくわれるために、自分じぶんえきではなくかれらのえきもとめている。