コリント人への第一の手紙一
    脚注

    コリントびとへのだい一の手紙てがみ

    第一章

    かみ御旨みむねによりされてキリスト・イエスの使徒しととなったパウロと、兄弟きょうだいソステネから、

    コリントにあるかみ教会きょうかい、すなわち、わたしたちのしゅイエス・キリストの御名みないたところもとめているすべての人々ひとびとともに、キリスト・イエスにあってきよめられ、聖徒せいととしてされたかたがたへ。このキリストは、わたしたちのしゅであり、またかれらのしゅであられる。

    わたしたちのちちなるかみしゅイエス・キリストから、めぐみと平安へいあんとが、あなたがたにあるように。

    わたしは、あなたがたがキリスト・イエスにあってあたえられたかみめぐみをおもって、いつもかみ感謝かんしゃしている。

    あなたがたはキリストにあって、すべてのことに、すなわち、すべての言葉ことばにもすべての知識ちしきにもめぐまれ、

    キリストのためのあかしが、あなたがたのうちにたしかなものとされ、

    こうして、あなたがたはめぐみの賜物たまものにいささかもけることがなく、わたしたちのしゅイエス・キリストのあらわれるのをのぞんでいる。

    しゅもまた、あなたがたを最後さいごまでかたくささえて、わたしたちのしゅイエス・キリストのに、められるところのないものにしてくださるであろう。

    かみ真実しんじつなかたである。あなたがたはかみによってされ、御子みこ、わたしたちのしゅイエス・キリストとのまじわりに、はいらせていただいたのである。

    一〇 さて兄弟きょうだいたちよ。わたしたちのしゅイエス・キリストのによって、あなたがたにすすめる。みなかたることを一つにし、おたがいあいだ分争ぶんそうがないようにし、おなこころおなおもいになって、かたむすっていてほしい。

    一一 わたしの兄弟きょうだいたちよ。じつは、クロエのいえものたちから、あなたがたのあいだあらそいがあるとかされている。

    一二 はっきりうと、あなたがたがそれぞれ、「わたしはパウロにつく」「わたしはアポロに」「わたしはケパに」「わたしはキリストに」とっていることである。

    一三 キリストは、いくつにもけられたのか。パウロは、あなたがたのために十字架じゅうじかにつけられたことがあるのか。それとも、あなたがたは、パウロのによってバプテスマをけたのか。

    一四 わたしは感謝かんしゃしているが、クリスポとガイオ以外いがいには、あなたがたのうちのだれにも、バプテスマをさづけたことがない。

    一五 それはあなたがたがわたしのによってバプテスマをけたのだと、だれにもわれることのないためである。

    一六 もっとも、ステパナのいえものたちには、バプテスマをさづけたことがある。しかし、そのほかには、だれにもさづけたおぼえがない。

    一七 いったい、キリストがわたしをつかわされたのは、バプテスマをさづけるためではなく、福音ふくいんつたえるためであり、しかも知恵ちえ言葉ことばもちいずにつたえるためであった。それは、キリストの十字架じゅうじか無力むりょくなものになってしまわないためなのである。

    一八 十字架じゅうじかことばは、ほろものにはおろかであるが、すくいにあずかるわたしたちには、かみちからである。

    一九 すなわち、聖書せいしょに、「わたしは知者ちしゃ知恵ちえほろぼし、かしこものかしこさをむなしいものにする」といてある。

    二〇 知者ちしゃはどこにいるか。学者がくしゃはどこにいるか。この論者ろんしゃはどこにいるか。かみはこの知恵ちえを、おろかにされたではないか。

    二一 このは、自分じぶん知恵ちえによってかみみとめるにいたらなかった。それは、かみ知恵ちえにかなっている。そこでかみは、宣教せんきょうおろかさによって、しんじるものすくうこととされたのである。

    二二 ユダヤじんはしるしをい、ギリシヤじん知恵ちえもとめる。

    二三 しかしわたしたちは、十字架じゅうじかにつけられたキリストをつたえる。このキリストは、ユダヤじんにはつまずかせるもの、異邦人いほうじんにはおろかなものであるが、

    二四 されたもの自身じしんにとっては、ユダヤじんにもギリシヤじんにも、かみちからかみ知恵ちえたるキリストなのである。

    二五 かみおろかさはひとよりもかしこく、かみよわさはひとよりもつよいからである。

    二六 兄弟きょうだいたちよ。あなたがたがされたときのことをかんがえてみるがよい。人間にんげんてきには、知恵ちえのあるものおおくはなく、権力けんりょくのあるものおおくはなく、身分みぶんたかものおおくはいない。

    二七 それだのにかみは、知者ちしゃをはずかしめるために、このおろかなものえらび、つよものをはずかしめるために、このよわものえらび、

    二八 有力ゆうりょくもの無力むりょくものにするために、この身分みぶんひくものかろんじられているもの、すなわち、きにひとしいものを、あえてえらばれたのである。

    二九 それは、どんな人間にんげんでも、かみのみまえにほこることがないためである。

    三〇 あなたがたがキリスト・イエスにあるのは、かみによるのである。キリストはかみてられて、わたしたちの知恵ちえとなり、せいとあがないとになられたのである。

    三一 それは、「ほこものしゅほこれ」といてあるとおりである。