第19章:悔い改め
    脚注

    第19章

    悔い改め

    わたしたちは皆,悔い改める必要がある

    • 罪とは何でしょうか。罪はわたしたちにどのような影響を及ぼすでしょうか。

    イエス・キリストを信じる信仰を持てば,自然に悔い改めへと結びつきます。アダムの時代から今日こんにちに至るまで,この世の人には悔い改めが必要でした。主はアダムに次のように言われました。「それゆえ,あなたの子供たちに次のことを教えなさい。すなわち,どこにいる人でもすべての人が,悔い改めなければならない。そうしなければ,決して神の王国を受け継ぐことはできない。清くない者はそこに住むことができない,すなわち,神の前に住むことができないからである。」(モーセ6:57

    わたしたちがこの世に来たのは,進歩成長するためであり,これは一生続く過程です。この間にすべての人は罪を犯すので(ローマ3:23参照),悔い改めが必要となります。あるときは無知で,またあるときは弱さや,故意の不従順から罪を犯します。聖書には次のように記されています。「善を行い,罪を犯さない正しい人は世にいない。」(伝道7:20)「もし,罪がないと言うなら,それは自分をあざむくことであって,真理はわたしたちのうちにない。」(1 ヨハネ1:8

    罪とは何でしょうか。ヤコブは次のように述べています。「人が,なすべき善を知りながら行わなければ,それは彼にとって罪である。」(ヤコブの手紙4:17)また,ヨハネは「不義はすべて」罪であり(1 ヨハネ5:17),罪は「不法」である(1 ヨハネ3:4)と記しています。

    これらの理由から,主は「どこにいる人でもすべての人が,悔い改めなければならない」と言われたのです(モーセ6:57)。完全な生涯を送られたイエス・キリストを除き,この世に生を受けたすべての人は罪を犯しています。天の御父は大いなる愛をもって,罪を悔い改める機会を備えてくださったのです。

    悔い改めによって罪から解き放たれる

    • 悔い改めとは何でしょうか。

    悔い改めは罪から解き放たれ,ゆるしを得るために備えられた方法です。罪は霊的成長を妨げ,さえします。悔い改めは再び霊的に成長し進歩できるようにしてくれます。

    悔い改めるという特権は,イエス・キリストのあがないを通して可能になります。イエスが罪の代価を支払ってくださったことを,わたしたちはある意味では完全に理解していません。ジョセフ・フィールディング・スミス大管長は,このことについて次のように述べています。

    「わたしも苦しんだことがありますし,あなたがたも苦しんだことがあります。そして時には厳しい苦悩もあります。しかしわたしは……血が汗のように体から出てくるような苦悩というものを理解することはできません。それは何か恐ろしいぞっとするようなものでした。……

    ……神の御子はわたしたちが自分の罪から逃れられるように,わたしやあなたの罪を背負われました。その重荷に耐えられる人はこれまで地上に一人もいませんでした。」(Doctrines of Salvation,ブルース・R・マッコンキー選,全3巻〔1954-1956年〕,第1巻,130-131。強調は原文のまま)

    悔い改めは時として,非常な勇気と力,多くの涙,絶え間ない祈り,そして主の戒めに従う不屈の努力を要します。

    悔い改めの原則

    • 悔い改めの原則とは何でしょうか。

    スペンサー・W・キンボール大管長は次のように言明しています。「悔い改めに王道はなく,赦しに至る優先道路はありません。金持ちであろうと貧しい者であろうと,教育があろうとなかろうと,背が高かろうと低かろうと,王子であろうと貧民であろうと,王であろうと平民であろうと,すべての人が同じ道を行かなければなりません。」(『歴代大管長の教え-スペンサー・W・キンボール』38。強調は原文のまま)

    罪を認めなければならない

    悔い改めるには,罪を犯したことを認識しなければなりません。罪を認識しなければ,悔い改めることはできません。

    伝道の召しをおろそかにし,そのうえ重大な罪を犯した息子のコリアントンに,アルマは次のように勧告しています。「ただ自分の罪にだけ心を悩まし,その悩みによって悔い改めに導かれるようにしてもらいたい。……どんなささいなことでも罪の言い訳をしようとしてはならない。」(アルマ42:29-30)聖文は罪深い行いを正当化してはならないと教えています(ルカ16:15-16参照)。

    生活のいかなる行いも,自分自身や主の目から隠すことはできません。

    罪を悲しまなければならない

    罪を認めたうえで,自分のしたことを心から悲しまなければなりません。罪を恐ろしいことであると感じ,捨て去りたいと思わなければなりません。聖文には次のように記されています。「神の前にへりくだって,バプテスマを受けたいと願い,打ち砕かれた心と悔いる霊をもって進み出て,自分のすべての罪を心から悔い改め〔る〕人は皆,バプテスマによってキリストの教会に受け入れられる。」(教義と聖約20:37

    罪を捨てなければならない

    心から罪を悲しむならば,人はおのずと罪を捨てる(やめる)ようになります。盗んだら二度と盗まず,うそをついたらもはやうそをつかず,かんいんを犯したら,やめることです。主は預言者ジョセフ・スミスに次のように啓示しておられます。「人が罪を悔い改めたかどうかは,これによって分かる。すなわち,見よ,彼はそれを告白し,そしてそれを捨てる。」(教義と聖約58:43

    罪を告白しなければならない

    罪の告白は非常に大切なことです。主は罪を告白するよう命じられました。告白することにより,罪を犯した人は重荷を下ろすのです。主は次のように約束しておられます。「主なるわたしは罪を赦し,またへりくだった心をもって自分の罪を告白する者たちにあわれみ深い……。」教義と聖約61:2

    すべての罪を主に告白しなければなりません。また,姦淫,私通,同性愛関係,はんりょや子供への虐待,違法薬物の販売や使用など,教会員の資格に影響を及ぼす重大な罪を犯した場合は,しかるべき神権役員に告白しなければなりません。だれかほかの人に対して罪を犯したときは,傷つけた相手に告白すべきです。主と自分だけにかかわるさほど深刻でない罪は,他人を挟まず独りで主に告白すればよいでしょう。

    罪を償わなければならない

    罪の償いは悔い改めの一部です。これは,できる限りのことをして犯した過ちを埋め合わせることです。つまり,盗んだものを返すことであり,真実を告げることであり,中傷して傷つけた相手の名誉を取り戻すように尽力することです。このようにするならば,神は裁きの場でわたしたちの罪に言及されることはないでしょう(エゼキエル33:15-16参照)。

    人を赦さなければならない

    自分に対して罪を犯した人を赦すことも,悔い改めのひっ条件です。人への憎悪や恨み,悪感情から完全に心が清められないかぎり,主はわたしたちを赦してくださいません(3ニーファイ13:14-15参照)。「それゆえ,わたしはあなたがたに言う。あなたがたは互いに赦し合うべきである。自分の兄弟の過ちを赦さない者は,主の前に罪があるとされ,彼の中にもっと大きな罪が残るからである。」(教義と聖約64:9

    神の戒めを守らなければならない

    悔い改めが完結するには,主の戒めを守らなければなりません(教義と聖約1:32参照)。じゅうぶんの一を納めない,安息日をきよく過ごさない,知恵の言葉を守らない,教会の指導者を支持しない,主や隣人を愛さないとしたら,完全に悔い改めているとは言えません。祈りを怠り,人に不親切なら悔い改めていないに違いありません。悔い改めると,生活は変わります。

    キンボール大管長は次のように述べています。「まず,悔い改めます。その状態に到達したら,次に主の戒めに従うことによって,その状態を維持しなければなりません。これは完全な赦しを得るうえで必要なことです。」(『歴代大管長の教え-スペンサー・W・キンボール』43)

    • この項にある教えは,悔い改めとは形式だけの一連の行為であるという間違った考えとどのように異なっているでしょうか。

    悔い改めはどのように助けとなるか

    • 悔い改めはどのようにわたしたちの助けとなるでしょうか。

    悔い改めると,イエス・キリストの贖いが完全に生活に影響を及ぼすようになり,主は罪を赦してくださいます。わたしたちは罪の縄目を解かれ,喜びを見いだすのです。

    アルマは罪深い過去を悔い改めた経験を次のように語っています。

    「わたしはきわめてひどい苦しみを受け,自分のすべての罪に責めさいなまれた。

    まことに,わたしは自分のあらゆる罪と不義を思い出し,そのために地獄の苦しみを味わった。わたしは自分が神に逆らってきたことと,神の聖なる戒めを守っていなかったことを知ったのである。

    ……わたしの罪悪が非常に大きかったので,神のまえに行くことを考えるだけで,わたしは言いようのない恐怖に責めさいなまれた。

    ……そして……わたしは自分の多くの罪を思い出してひどく苦しみながら,見よ,かつて父がイエス・キリストという御方の来臨について……預言するのを聞いたことを思い出した。イエス・キリストは神の御子であり,世の罪を贖うために来られるというのである。

    心にこの思いがはっきりと浮かんできたとき,わたしは心の中で,『おお,神の御子イエスよ,……わたしを憐れんでください』と叫んだ。

    さて見よ,このことを思ったとき,わたしはもはや苦痛を忘れることができた。……

    おお,何という喜びであったことか。何という驚くべき光をわたしは見たことか。まことに,わたしは前に感じた苦痛に勝るほどの喜びに満たされたのである。

    ……わたしはほかにあり得ないほど麗しく,また快い喜びを味わった。」(アルマ36:12-14,17-21

    • 悔い改めと赦しは,アルマにどのように喜びをもたらしましたか。

    悔い改めを先送りすることの危険性

    • 悔い改めを先送りすると,どのようなことになりかねないでしょうか。

    預言者は「現世は人が神にお会いする用意をする時期である」と述べています(アルマ34:32)。わたしたちは今,そして毎日悔い改める必要があります。朝目覚めたら,まず神のたまを感じているか内省すべきです。夜,床に就くときは,一日の言動を思い起こし,悔い改めるべき点を認識できるよう主に助けを祈り求めるべきです。日々悔い改め,主の赦しを受けるならば,完全に向かって日ごとに前進するでしょう。アルマと同じように甘く,この上ない幸福と喜びを享受することができるのです。

    参照聖句