2000–2009
真の友
脚注

Hide Footnotes

テーマ

真の友

わたしたちは皆、試しを受けます。そしてだれもが、聖霊を常に伴侶とすることができるように、愛し、耳を傾け、道を示し、真理を証してくれる真の友人を必要としているのです。

毎年、天の御父の数十万人にも及ぶ子どもたちが末日聖徒イエス・キリスト教会に加わります。たいていの場合、教会に加わる人々は生活に大きな変化を求められます。皆、大いなる約束を伴う、また堪え忍ぶという厳粛な誓いを伴う神聖な聖約を交わしています。その聖約は大変重要であるため、天の御父は聖約に伴う祝福とチャレンジを預言者ニーファイに示されました。

「わたしはまた、御父がこう言われる声を聞いた。『まことに、わたしの愛する者の言葉は真実であり、確かである。最後まで堪え忍ぶ者は救われる。』

さて、わたしの愛する同胞はらからよ、このことから、人は生ける神の御子の模範に倣ならって、最後まで堪え忍ばなければ救われないことが分かる。」1

救い主は、わたしたちが道を歩み始め十分に前進したとしても、途中で道をそれ救い主を否定するのであれば、最初から道に入らなかった方がよかったであろう、と警告しておられます。2

新会員を訪問する度に、わたしはそのことについて考えます。わたしは世界の至る所で新会員を訪問する機会がしばしばあります。彼らの信頼に満ちた表情を拝見し、しばしば信仰の試しについて話を伺う機会もあれば、差し迫った様子で「どうかわたしのために祈ってください」とささやかれることもあります。そのようなとき、主の生ける預言者からわたしたち一人一人に求められている責任の重要性について改めて考えま曳その責任とは、バプテスマの水に入るときに交わした「互いに重荷を負い合う」3という約束を守ることです。友人となることです。ヒンクレー大管長が述べた次の言葉はわたしに力を与えてくれます。「… … わたしは皆さん一人一人が、個々の新会員を心から受け入れてくださるよう望み、祈り、切に願っています。新会員の友人となってください。教会に定着できるよう働きかけてください。」4

ヒンクレー大管長はすべての新会員の友人としてそばにいることはできませんが、皆さんは、少なくとも一人の新会員のそばにいることができます。そのために必要なのは、新会員が感じている事柄と、救い主が彼らについて感じておられる事柄を幾分でも理解することだけなのです。これから、アフリカに住むナコシヤーボ・エディー・ルーパーラという若い男性が友人について書いた手紙をご紹介しますので、彼の気持ちになって聞いてください。

「1999年に教会に入る2年半前、親友のマブーティー・ヨーナが久しぶりにわたしを訪ねて来てくれました。わたしたちは10歳から17歳まで同じ学校に通った友人でしたが、その後別々の学校に進学したため離れ離れになっていました。

マブーティーは1999年の4月にバプテスマを受け、その4週間後、わたしの家を訪ねて福音を紹介してくれたのです。教会にまつわる悪いうわさがあったにもかかわらず、初めて教会に出席したときに『聖徒の兄弟たち』から心温まる歓迎を受け、わたしは感銘を受けました。宣教師を紹介されたのはその日曜日のことでした。学ぶ準備が整いました。マブーティーは、わたしが宣教師から教わるときにはいつも一緒に参加し、また活動に誘い続けてくれました。同じ価値観、関心、標準、目標を共有する人々と過ごせることを心からうれしく思いました。インスティテユートに出席し始めたのはちょうどこの時期でした。すべてがとても自然に思えました。火曜の夜は5時半から宣教師のレッスンがあり、その後インスティテユートに出席しました。

インスティテユートではたくさんのことを学びましたが、とりわけ『日の栄えの結婚』のクラスは貴重な経験となりました。1学期のクラスは、わたしが出席し始めて間もなく5月に終了したので、物足りなく感じました。しかし、幸いにも2学期に『生ける預言者の教え』のクラスに登録することができました。インスティテユートの受講中、自分で標準聖典を一そろい購入して学習を続け、ここにも少しそこにも少しと、教えに教え、訓戒に訓戒を加えられて、教会で成長を続けていきました。そして1999年9月17日に、インスティテユートに出席していたときに知り合った別の友人からバプテスマを受けました。

インステイテユートのプログラムに感謝しています。このプログラムのおかげで、信仰を築いただけでなく、宣教師になるうえでのふさわしさを身に付けられるようになりました。伝道については、バプテスマを受けて5か月後から準備を始めていたのです。わたしは伝道に先立ち、奉仕し教える多くの機会に恵まれました。

友人に感謝しています。友人が、わたしにしてくれたことの意味に気づいてくれるよう願っています。わたしたちはともに宣教師となり、わたしは南アフリカのダーバンで、彼は同じくケープタウンで奉仕しました。求められていゐのは、人の生活にこのような大きな変化をもたらしてくれる友人です。」5

ところで、この話には何ら奇跡的なことはないように思われます。しかし、そこには人の能力を超えた知恵という奇跡があります。

恐らく、マブーティー自身が聖約に従う道を歩んでいたため、あるいは啓示を受けていたため、友人が堪え忍ぶために何を行うべきか知っていました。だからこそ、励まし助ける方法も知っていたのです。マブーティーは友人を宣教師に紹介しました。友人がバプテスマを受け、聖霊の賜物たまものを受けるのを見ました。また、友人がバプテスマを受ける前から、聖文を学び、神の善い言葉によって養われる場所へと案内しました。バプテスマを受ける前から、友人が次の約束を見いだせるように助けました。「さて、わたしは、キリストの言葉をよく味わうようにあなたがたに言った。見よ、キリストの言葉はあなたがたがなすべきことをすべて告げるからである。」6 この言葉によって、きっと友人は聖典を購入しようと心に感じたことでしょう。そして、実際に購入しました。

バプテスマを受けたルーパーラ兄弟は聖霊の賜物を授かりました。これによって、聖霊を求め、聖霊を受けるにふさわしい生活を送るかぎり、聖霊を常に伴侶はんりょとできるようになりました。また、もう一つの約束を確信することができました。「見よ、わたしは、もう一度あなたがたに言っておく。あなたがたがその道によって入り、聖霊を受けるならば、聖霊は、あなたがたがなすべきことをすべてあなたがたに示されるであろう。」7聖霊はきっと、伝道に出る準備を始めるよう語られたことでしょう。そして、ルーパーラ兄弟は実行しました。

彼がバプテスマを受ける前後にどの友人が一緒に聖餐せいさん会に出席したかは分かりませんが、初めて教会を訪れたときと同じように、温かく歓迎してくれた人がきっといたことでしょう。そこでルーパーラ兄弟は、常に主を覚え、主の戒めを守り、聖霊を伴侶とする約束を改めて受けるという聖約を新たにしました。この兄弟が奉仕の召しや話の責任を果たすときに、友人たちがどのような役割を果たしていたのかは分かりません。しかし、友人たちはきっと、彼が奉仕をしたり教えたりしているときに御霊みたまを感じたら、感謝を伝え、そのことを話していたでしょう。

わたしたちはこの兄弟の私生活の一部を知ることができます。思い出してください、ルーパーラ兄弟は学習を続けたと記しています。また、「ここにも少し、そこにも少しと、教えに教え、訓戒に訓戒を加えられて、教会で」成長していったと記しています。教会教育システムのインスティテユートでの経験から、信仰が築かれたと伝えています。わたしたちは聖文から、これらの変化が何によるものであるかが分かります。彼は救い主を信じる信仰をもって祈らなければなりませんでした。御霊によって証と導きを得ていました。そのうえ、霊感されたことを行うだけでなく、贖あがない効力が自分の生活に及ぶよう神に求めていたのです。

ニーファイは変化を及ぼす奇跡と、その奇跡を生じさせるものについてこう述べています。

「さて、わたしの愛する同胞よ、わたしはあなたがたがまだ心の中で深く考えているのを承知している。そして、このことについてあなたがたに述べなければならないのは、わたしにとって悲しいことである。あなたがたは、祈るように人に教えてくださる御霊に耳を傾けるならば、祈らなければならないことが分かるであろう。悪霊は祈るようにとは人に教えず、かえって祈ってはならないと人に教える。

しかし見よ、わたしはあなたがたに言っておく。あなたがたは気を落とさずに常に祈らなければならない。そして、主があなたがたの行うことを神聖にしてくださり、あなたがたの行うことが自分自身に幸いをもたらすものとなるように、キリストの名によってまず御父に祈らずには、主のためにどんなことも行ってはならない。」8

聖霊は慰め主であり、導き手であられます。その一方で、わたしたちを罪から清める御方でもあられます。堪え忍ぶために神の王国での奉仕がきわめて重要なのはそのためです。奉仕の召しを受けるとき、わたしたちは、聖霊が伴侶となってくださることを、確信をもって願い求めることができます。信仰をもって願い求めるなら、わたしたちの幸いのため、そして皆が直面しなければならない試しに対して強められるために、わたしたちの特質に変化が現れます。堪え忍ばなければならない人を友人が助けられる事柄には限界があります。新会員こそ祈らなければなりません。祈りの答えとして与えられる力を頼りとしなければならないのはこの人々です。新会員は、完全な友人である救い主を信頼し、バプテスマを受けることを自ら信仰をもって選択しなければなりません。また、救い主を信じる信仰をもって悔い改め、へりくだって悔いることを選択しなければなりません。

新会員は聖霊の賜物を受けることを選択しなければなりません。教会の会員に確認する言葉は、「聖霊を受けなさい」という招きの言葉です。この選択は1度だけのものではなく、毎日、毎時間、毎分行うものです。聖霊が訪れ、行うべきことについて霊感を与えてくださるときでさえ、それを実行するか否かは選択にかかっています。聖文を定期的に読んでいる場合でさえ、「キリストの言葉をよく味わう」か否かは選択を要するのです。キリストの言葉によって行うよう求められている事柄を実行すると選択しなければ、その言葉ですら養いを与えることはありません。十分長い期間にわたって信仰を行使し、従順さを示すことにより、聖霊は常に伴侶となり、人の特質は変わり、忠実さは確かなものとなります。会員はこれらの選択をしなければなりませんが、真の友人は不可欠です。わたしたちが新会員の重荷をともに背負い、耐えられるようにする大切な方法があります。わたしたちは愛し、耳を傾け、模範を示し、証することができます。まず、愛さなければなりません。それは救い主の業です。救い主とともに、そして救い主に代わって彼らを愛することができます、救い主は現世での務めにおいて、その方法を示されました。主は教えと模範によって、主の弟子を愛さなければならないことを教えられたのです。

「わたしのいましめは、これである。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互たがいに愛し合いなさい。

人がその友のために自分の命を捨てること、これよりも大きな愛はない。

あなたがたにわたしが命じることを行うならば、あなたがたはわたしの友である。

わたしはもう、あなたがたを僕しもべとは呼ばない。僕は主人のしていることを知らないからである。わたしはあなたがたを友と呼んだ。わたしの父から聞いたことを皆、あなたがたに知らせたからである。」9

救い主は友として、熱心に努力する会員を見守っておられます。わたしたち全員のために御自分の命を捨てられたのです。救い主はわたしたちを愛しておられ、忠実であるなら、救い主が彼らに抱いておられる愛の幾分かを感じることのできる賜物たまものを授けてくださいます。わたしは時折、聖霊による恵みによらて、熱心に努力する新会員に対して救い主が抱いておられる愛を感じてきました。それは可能であると自分で知っています。

第2に、新会員に対し、理解と共感の心をもって耳を傾けなければなりません。わたしたちは彼らとまったく同じ経験をすることはほとんどないわけですから、そのためには、霊的な賜物が必要となります。相手の気持ちを理解しなければ、「お気持ちは分かります」と言うだけでは不十分でしょう。でも、救い主ならおできになります。皆さんが信仰をもって求めるならば、たとえ会ったばかりの人でもその気持ちを理解できる友入となれるよう、主は皆さんを助ける備えができておられるのです。主の降臨の前から、皆さんが救い主の代わりに人々の友となれるよう救い主が何を行われるかを、預言者たちは知っていました。

「そして神の御子は、あらゆる苦痛と苦難と試練を受けられる。これは、神の御子は御自分の民の苦痛と病を身に受けられるという御言葉みことばが成就するためである。

また神の御子は、御自分の民を束縛している死の縄目を解くために、御自身に死を受けられる。また神の御子は、肉において御自分の心が憐あわれみで満たされるように、また御自分の民を彼らの弱さに応じてどのように救うかを肉において知ることができるように、彼らの弱さを御自分に受けられる。」10

第3に、新会員に模範を示さなくてはなりません。わたしたちは、神の御言葉をよく味わうことができます。聖霊を伴侶とすることを願い、またそうできるように生活することができます。イエス・キリストを信じる信仰のゆえに従順になることができます。そして時を経て、贖いを通じて再び生まれる弟子として模範を示すことができます。その過程は緩やかなものかもしれませんし、自覚するのが困難かもしれません。しかし、実際に起こるものです。それによって新会員や永遠の命への道の途上でわたしたちが友人となるすべての人々に希望がもたらされます。第4に、わたしたちは新会員に真理を証しなければなりません。証は誠実でなければならず、また簡潔であれば最も望ましいものです。救い主が実在されることと救い主の使命について、天の御父の愛について、聖霊の賜物と聖霊を伴侶とすることについて証すると最も大きな助けとなります。そして不可欠なのは、御父と御子が少年ジョセフ・スミスに御姿みすがたを現されたこと、天の使者によって完全な福音と真実の教会が回復されたことを証することです。聖霊はこの簡潔な宣言が真理であると確認してくださいます。

新会員は何度でも、この確認を必要とします。わたしたちが証するためにその場にいないときでさえそうなのです。聖霊が伴侶となることを拒むことを選ぶ新会員は、堪え忍ぶことはできません。しかしこの原則はわたしたちがどこにいようと、また以前からどれほど忠実であろうともわたしたち全員に当てはまるものです。わたしたちは皆、試しを受けます。そしてだれもが、聖霊を常に伴侶とすることができるように、愛し、耳を傾け、道を示し、真理を証してくれる真の友人を必要としているのです。皆さんはそのような真の友とならなくてはなりません。

ずっと以前にわたしの人生に良い影響を及ぼしてくれた友人たちのことは、今でも鮮明に覚えています。すでにこの世を去ってしまいましたが、彼らが示してくれた愛と模範、信仰そして証の思い出は今なおわたしを高めてくれます。友人となる新会員がわずか一人だとしても、現世と来世において、多くの先祖と子孫が皆さんを幸いな者と見なすでしょう。

この教会はイエス・キリストの真の教会です、主は生きておられま曳主は皆さんを愛し、皆さんが仕えなければならない人々や永遠に皆さんの真の友人となる人々も愛しておられます。

イエス・キリストの聖なる御名みなによって、アーメン。