聖典
マルコによる福音書8
戻る 次へ

第8章

1 そのころ、またおおぜいの群衆ぐんしゅうあつまっていたが、なにべるものがなかったので、イエスは弟子でしたちをせてわれた、

2 「この群衆ぐんしゅうがかわいそうである。もう三日間かかんもわたしと一緒いっしょにいるのに、なにべるものがない。

3 もし、かれらを空腹くうふくのままいえかえらせるなら、途中とちゅうよわってしまうであろう。それに、なかにはとおくからきているものもある」。

4 弟子でしたちはこたえた、「こんな荒野あらので、どこからパンをれて、これらの人々ひとびとにじゅうぶんべさせることができましょうか」。

5 イエスが弟子でしたちに、「パンはいくつあるか」とたずねられると、「七つあります」とこたえた。

6 そこでイエスは群衆ぐんしゅうにすわるようにめいじられた。そして七つのパンをり、感謝かんしゃしてこれをさき、人々ひとびとくばるように弟子でしたちにわたされると、弟子でしたちはそれを群衆ぐんしゅうくばった。

7 またちいさいうおすこしばかりあったので、祝福しゅくふくして、それをも人々ひとびとくばるようにとわれた。

8 かれらはべて満腹まんぷくした。そしてのこったパンくずをあつめると、七かごになった。

9 人々ひとびとかずはおよそ四千にんであった。それからイエスはかれらを解散かいさんさせ、

10 すぐ弟子でしたちとともふねって、ダルマヌタの地方ちほうかれた。

11 パリサイびとたちがてきて、イエスをこころみようとして議論ぎろんをしかけ、てんからのしるしをもとめた。

12 イエスは、こころなかふか嘆息たんそくしてわれた、「なぜ、いま時代じだいはしるしをもとめるのだろう。よくかせておくが、しるしはいま時代じだいにはけっしてあたえられない」。

13 そして、イエスはかれらをあとにのこし、またふねってこうぎしかれた。

14 弟子でしたちはパンをってるのをわすれていたので、ふねなかにはパン一つしかわせがなかった。

15 そのとき、イエスはかれらをいましめて、「パリサイびとのパンだねとヘロデのパンだねとを、よくよく警戒けいかいせよ」とわれた。

16 弟子でしたちは、これは自分じぶんたちがパンをっていないためであろうと、たがいろんった。

17 イエスはそれとって、かれらにわれた、「なぜ、パンがないからだとろんっているのか。まだわからないのか、さとらないのか。あなたがたのこころにぶくなっているのか。

18 があってもえないのか。みみがあってもきこえないのか。まだおもさないのか。

19 五つのパンをさいて五千にんけたとき、ひろあつめたパンくずは、いくつのかごになったか」。弟子でしたちはこたえた、「十二かごです」。

20 「七つのパンを四千にんけたときには、パンくずをいくつのかごにひろあつめたか」。「七かごです」とこたえた。

21 そこでイエスはかれらにわれた、「まださとらないのか」。

22 そのうちに、かれらはベツサイダにいた。すると人々ひとびとが、ひとりの盲人もうじんれてきて、さわってやっていただきたいとおねがいした。

23 イエスはこの盲人もうじんをとって、むらそとし、その両方りょうほうにつばきをつけ、両手りょうてかれてて、「なにえるか」とたずねられた。

24 するとかれかおげてった、「ひとえます。のようにえます。あるいているようです」。

25 それから、イエスがふたたうえ両手りょうててられると、盲人もうじんつめているうちに、なおってきて、すべてのものがはっきりとえだした。

26 そこでイエスは、「むらにはいってはいけない」とって、かれいえかえされた。

27 さて、イエスは弟子でしたちとピリポ・カイザリヤの村々むらむらかけられたが、その途中とちゅうで、弟子でしたちにたずねてわれた、「人々ひとびとは、わたしをだれとっているか」。

28 かれらはこたえてった、「バプテスマのヨハネだと、っています。また、エリヤだとい、また、預言者よげんしゃのひとりだとっているものもあります」。

29 そこでイエスはかれらにたずねられた、「それでは、あなたがたはわたしをだれとうか」。ペテロがこたえてった、「あなたこそキリストです」。

30 するとイエスは、自分じぶんのことをだれにもってはいけないと、かれらをいましめられた。

31 それから、ひとかならおおくのくるしみをけ、長老ちょうろう祭司長さいしちょう律法りっぽう学者がくしゃたちにてられ、またころされ、そして三のちによみがえるべきことを、かれらにおしえはじめ、

32 しかもあからさまに、このことはなされた。すると、ペテロはイエスをわきへせて、いさめはじめたので、

33 イエスはかえって、弟子でしたちをながら、ペテロをしかってわれた、「サタンよ、きさがれ。あなたはかみのことをおもわないで、ひとのことをおもっている」。

34 それから群衆ぐんしゅう弟子でしたちと一緒いっしょせて、かれらにわれた、「だれでもわたしについてきたいとおもうなら、自分じぶんて、自分じぶん十字架じゅうじかうて、わたしにしたがってきなさい。

35 自分じぶんいのちすくおうとおもものはそれをうしない、わたしのため、また福音ふくいんのために、自分じぶんいのちうしなものは、それをすくうであろう。

36 ひとぜん世界せかいをもうけても、自分じぶんいのちそんしたら、なんのとくになろうか。

37 また、ひとはどんな代価だいかはらって、そのいのちいもどすことができようか。

38 邪悪じゃあく罪深つみぶかいこの時代じだいにあって、わたしとわたしの言葉ことばとをじるものたいしては、ひともまた、ちち栄光えいこうのうちにせいなる御使みつかいたちとともるときに、そのものじるであろう」。