聖典
マルコによる福音書4
戻る 次へ

第4章

1 イエスはまたも、うみべでおしえはじめられた。おびただしい群衆ぐんしゅうがみもとにあつまったので、イエスはふねってすわったまま、海上かいじょうにおられ、群衆ぐんしゅうはみなうみ沿って陸地りくちにいた。

2 イエスはたとえおおくのことおしえられたが、そのおしえなかかれらにこうわれた、

3 きなさい、たねまきがたねをまきにった。

4 まいているうちに、みちばたにちたたねがあった。すると、とりがきてべてしまった。

5 ほかのたねつちうす石地いしじちた。そこはつちふかくないので、すぐしたが、

6 のぼるとけて、がないためにれてしまった。

7 ほかのたねはいばらのなかちた。すると、いばらがびて、ふさいでしまったので、むすばなかった。

8 ほかのたねちた。そしてはえて、そだって、ますますむすび、三十ばい、六十ばい、百ばいにもなった」。

9 そしてわれた、「みみのあるものくがよい」。

10 イエスがひとりになられたとき、そばにいたものたちが、十二弟子でしともに、これらのたとえについてたずねた。

11 そこでイエスはわれた、「あなたがたにはかみくに奥義おくぎさづけられているが、ほかのものたちには、すべてがたとえかたられる。

12 それは『かれらはるにはるが、みとめず、くにはくが、さとらず、あらためてゆるされることがない』ためである」。

13 またかれらにわれた、「あなたがたはこのたとえがわからないのか。それでは、どうしてすべてのたとえがわかるだろうか。

14 たねまきは御言みことばをまくのである。

15 みちばたに御言みことばがまかれたとは、こういうひとたちのことである。すなわち、御言みことばくと、すぐにサタンがきて、かれらのなかにまかれた御言みことばを、うばってくのである。

16 おなじように、石地いしじにまかれたものとは、こういうひとたちのことである。御言みことばくと、すぐによろこんでけるが、

17 自分じぶんなかがないので、しばらくつづくだけである。そののち、御言みことばのために困難こんなん迫害はくがいおこってくると、すぐつまずいてしまう。

18 また、いばらのなかにまかれたものとは、こういうひとたちのことである。御言みことばくが、

19 こころづかいと、とみまどわしと、そのいろいろなよくとがはいってきて、御言みことばをふさぐので、むすばなくなる。

20 また、にまかれたものとは、こういうひとたちのことである。御言みことばいてけいれ、三十ばい、六十ばい、百ばいむすぶのである」。

21 またかれらにわれた、「ますのした寝台しんだいしたくために、あかりをってくることがあろうか。燭台しょくだいうえくためではないか。

22 なんでも、かくされているもので、あらわれないものはなく、秘密ひみつにされているもので、あかるみにないものはない。

23 みみのあるものくがよい」。

24 またかれらにわれた、「くことがらに注意ちゅういしなさい。あなたがたのはかるそのはかりで、自分じぶんにもはかあたえられ、そのうえになおくわえられるであろう。

25 だれでも、っているひとさらあたえられ、っていないひとは、っているものまでもげられるであろう」。

26 またわれた、「かみくには、あるひとたねをまくようなものである。

27 夜昼よるひる寝起ねおきしているあいだに、たねしてそだってくが、どうしてそうなるのか、そのひとらない。

28 はおのずからむすばせるもので、はじめに、つぎに、つぎになかゆたかなができる。

29 がいると、すぐにかまをれる。刈入かりいときがきたからである」。

30 またわれた、「かみくになにくらべようか。また、どんなたとえいあらわそうか。

31 それは一つぶのからしたねのようなものである。にまかれるときには、地上ちじょうのどんなたねよりもちいさいが、

32 まかれると、成長せいちょうしてどんな野菜やさいよりもおおきくなり、おおきなえだり、そのかげそらとり宿やどるほどになる」。

33 イエスはこのようなおおくのたとえで、人々ひとびとちからにしたがって、御言みことばかたられた。

34 たとえによらないではかたられなかったが、自分じぶん弟子でしたちには、ひそかにすべてのことをかされた。

35 さてその夕方ゆうがたになると、イエスは弟子でしたちに、「こうぎしわたろう」とわれた。

36 そこで、かれらは群衆ぐんしゅうをあとにのこし、イエスがふねっておられるまま、した。ほかのふね一緒いっしょった。

37 すると、はげしい突風とっぷうおこり、なみふねなかんできて、ふねちそうになった。

38 ところがイエス自身じしんは、ともほうでまくらをして、ねむっておられた。そこで、弟子でしたちはイエスをおこして、「先生せんせい、わたしどもがおぼれんでも、おかまいにならないのですか」とった。

39 イエスはきあがってかぜをしかり、うみにむかって、「しずまれ、だまれ」とわれると、かぜはやんで、おおなぎになった。

40 イエスはかれらにわれた、「なぜ、そんなにこわがるのか。どうして信仰しんこうがないのか」。

41 かれらはおそれおののいて、たがいった、「いったい、このほうはだれだろう。かぜうみしたがわせるとは」。