聖典
マルコによる福音書16
戻る 次へ

第16章

1 さて、安息日あんそくにちおわったので、マグダラのマリヤとヤコブのははマリヤとサロメとが、ってイエスにるために、香料こうりょうもとめた。

2 そしてしゅうはじめのに、早朝そうちょうのころはかった。

3 そして、かれらは「だれが、わたしたちのために、はか入口いりぐちからいしをころがしてくれるのでしょうか」とはなっていた。

4 ところが、をあげてると、いしはすでにころがしてあった。このいし非常ひじょうおおきかった。

5 はかなかにはいると、右手みぎて真白まっしろながころも若者わかものがすわっているのをて、非常ひじょうおどろいた。

6 するとこの若者わかものった、「おどろくことはない。あなたがたは十字架じゅうじかにつけられたナザレびとイエスをさがしているのであろうが、イエスはよみがえって、ここにはおられない。ごらんなさい、ここがおおさめした場所ばしょである。

7 いまから弟子でしたちとペテロとのところって、こうつたえなさい。イエスはあなたがたよりさきにガリラヤへかれる。かねて、あなたがたにわれたとおり、そこでおいできるであろう、と」。

8 おんなたちはおののきおそれながら、はかからった。そして、ひとにはなにわなかった。おそろしかったからである。

9 しゅうはじめのあさはやく、イエスはよみがえって、まずマグダラのマリヤに自身じしんをあらわされた。イエスは以前いぜんに、このおんなから七つの悪霊あくれいされたことがある。

10 マリヤは、イエスと一緒いっしょにいた人々ひとびとかなしんでいるところって、それをらせた。

11 かれらは、イエスがきておられることと、彼女かのじょ自身じしんをあらわされたこととをいたが、しんじなかった。

12 こののち、そのうちのふたりが、いなかのほうあるいていると、イエスはちがった姿すがた自身じしんをあらわされた。

13 このふたりも、ほかの人々ひとびとところってはなしたが、かれらはそのはなししんじなかった。

14 そののち、イエスは十一弟子でし食卓しょくたくについているところにあらわれ、かれらの信仰しんこうと、こころのかたくななことをおめになった。かれらは、よみがえられたイエスを人々ひとびとうことを、しんじなかったからである。

15 そしてかれらにわれた、「ぜん世界せかいって、すべてのつくられたものに福音ふくいんつたえよ。

16 しんじてバプテスマをけるものすくわれる。しかし、信仰しんこうものつみさだめられる。

17 しんじるものには、このようなしるしがともなう。すなわち、かれらはわたしの悪霊あくれいし、あたらしい言葉ことばかたり、

18 へびをつかむであろう。また、どくんでも、けっしてがいけない。病人びょうにんをおけば、いやされる」。

19 しゅイエスはかれらにかたおわってから、てんにあげられ、かみみぎにすわられた。

20 弟子でしたちはって、いたところ福音ふくいんつたえた。しゅかれらとともはたらき、御言みことばともなうしるしをもって、そのたしかなことをおしめしになった。〕