聖典
マルコによる福音書15
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第15章

1 けるとすぐ、祭司長さいしちょうたちは長老ちょうろう律法りっぽう学者がくしゃたち、およびぜん議会ぎかい協議きょうぎをこらしたすえ、イエスをしばってし、ピラトにわたした。

2 ピラトはイエスにたずねた、「あなたがユダヤじんおうであるか」。イエスは、「そのとおりである」とおこたえになった。

3 そこで祭司長さいしちょうたちは、イエスのことをいろいろとうったえた。

4 ピラトはもう一度いちどイエスにたずねた、「なにこたえないのか。よ、あなたにたいしてあんなにまで次々つぎつぎうったえているではないか」。

5 しかし、イエスはピラトが不思議ふしぎおもうほどに、もうなにもおこたえにならなかった。

6 さて、まつりのたびごとに、ピラトは人々ひとびとねが囚人しゅうじんひとりを、ゆるしてやることにしていた。

7 ここに、暴動ぼうどうおこ人殺ひとごろしをしてつながれていた暴徒ぼうとなかに、バラバというものがいた。

8 群衆ぐんしゅうしかけてきて、いつものとおりにしてほしいと要求ようきゅうしはじめたので、

9 ピラトはかれらにむかって、「おまえたちはユダヤじんおうをゆるしてもらいたいのか」とった。

10 それは、祭司長さいしちょうたちがイエスをきわたしたのは、ねたみのためであることが、ピラトにわかっていたからである。

11 しかし祭司長さいしちょうたちは、バラバのほうをゆるしてもらうように、群衆ぐんしゅう煽動せんどうした。

12 そこでピラトはまたかれらにった、「それでは、おまえたちがユダヤじんおうんでいるあのひとは、どうしたらよいか」。

13 かれらは、またさけんだ、「十字架じゅうじかにつけよ」。

14 ピラトはった、「あのひとは、いったい、どんな悪事あくじをしたのか」。すると、かれらは一そうはげしくさけんで、「十字架じゅうじかにつけよ」とった。

15 それで、ピラトは群衆ぐんしゅう満足まんぞくさせようとおもって、バラバをゆるしてやり、イエスをむちったのち、十字架じゅうじかにつけるためにきわたした。

16 兵士へいしたちはイエスを、邸宅ていたく、すなわち総督そうとく官邸かんていうちれてき、ぜん部隊ぶたいあつめた。

17 そしてイエスにむらさきころもせ、いばらのかんむりんでかぶらせ、

18 「ユダヤじんおう、ばんざい」とって敬礼けいれいをしはじめた。

19 また、あしぼうでそのあたまをたたき、つばきをかけ、ひざまずいておがんだりした。

20 こうして、イエスを嘲弄ちょうろうしたあげく、むらさきころもをはぎとり、もと上着うわぎせた。それから、かれらはイエスを十字架じゅうじかにつけるためにした。

21 そこへ、アレキサンデルとルポスとのちちシモンというクレネびとが、郊外こうがいからきてとおりかかったので、人々ひとびとはイエスの十字架じゅうじか無理むりわせた。

22 そしてイエスをゴルゴタ、その意味いみは、されこうべ、というところれてった。

23 そしてイエスに、没薬もつやくをまぜたぶどうしゅをさししたが、おけにならなかった。

24 それから、イエスを十字架じゅうじかにつけた。そしてくじをいて、だれがなにるかをさだめたうえ、イエスの着物きものけた。

25 イエスを十字架じゅうじかにつけたのは、あさの九ごろであった。

26 イエスの罪状ざいじょうきには「ユダヤじんおう」と、しるしてあった。

27 また、イエスとともにふたりの強盗ごうとうを、ひとりをみぎに、ひとりをひだりに、十字架じゅうじかにつけた。

28 こうして「かれ罪人つみびとたちのひとりにかぞえられた」といてある言葉ことば成就じょうじゅしたのである。〕

29 そこをとおりかかったものたちは、あたまりながら、イエスをののしってった、「ああ、神殿しんでんちこわして三のうちにてるものよ、

30 十字架じゅうじかからおりてきて自分じぶんすくえ」。

31 祭司長さいしちょうたちもおなじように、律法りっぽう学者がくしゃたちと一緒いっしょになって、かわるがわる嘲弄ちょうろうしてった、「他人たにんすくったが、自分じぶん自身じしんすくうことができない。

32 イスラエルのおうキリスト、いま十字架じゅうじかからおりてみるがよい。それをたらしんじよう」。また、一緒いっしょ十字架じゅうじかにつけられたものたちも、イエスをののしった。

33 ひるの十二になると、ぜんくらくなって、三およんだ。

34 そして三に、イエスは大声おおごえで、「エロイ、エロイ、ラマ、サバクタニ」とさけばれた。それは「わがかみ、わがかみ、どうしてわたしをお見捨みすてになったのですか」という意味いみである。

35 すると、そばにっていたある人々ひとびとが、これをいてった、「そら、エリヤをんでいる」。

36 ひとりのひとはしってき、海綿かいめんいぶどうしゅふくませてあしぼうにつけ、イエスにませようとしてった、「て、エリヤがかれをおろしにるかどうか、ていよう」。

37 イエスはこえたかさけんで、ついにいきをひきとられた。

38 そのとき、神殿しんでんまくうえからしたまで真二まっぷたつにけた。

39 イエスにむかってっていた百卒長ひゃくそつちょうは、このようにしていきをひきとられたのをった、「まことに、このひとかみであった」。

40 また、とおくのほうからているおんなたちもいた。そのなかには、マグダラのマリヤ、しょうヤコブとヨセとのははマリヤ、またサロメがいた。

41 かれらはイエスがガリラヤにおられたとき、そのあとにしたがってつかえたおんなたちであった。なおそのほか、イエスとともにエルサレムにのぼってきたおおくのおんなたちもいた。

42 さて、すでにゆうがたになったが、その準備じゅんび、すなわち安息日あんそくにち前日ぜんじつであったので、

43 アリマタヤのヨセフが大胆だいたんにもピラトのところき、イエスのからだの引取りかたをねがった。かれ地位ちいたか議員ぎいんであって、かれ自身じしんかみくにのぞんでいるひとであった。

44 ピラトは、イエスがもはやんでしまったのかと不審ふしんおもい、百卒長ひゃくそつちょうんで、もうんだのかとたずねた。

45 そして、百卒長ひゃくそつちょうからたしかめたうえ死体したいをヨセフにわたした。

46 そこで、ヨセフは亜麻布あまぬのもとめ、イエスをとりおろして、その亜麻布あまぬのつつみ、いわってつくったはかおさめ、はか入口いりぐちいしをころがしておいた。

47 マグダラのマリヤとヨセのははマリヤとは、イエスがおさめられた場所ばしょとどけた。