聖典
マルコによる福音書14
戻る 次へ

第14章

1 さて、過越すぎこし除酵じょこうとのまつりの二まえになった。祭司長さいしちょうたちや律法りっぽう学者がくしゃたちは、策略さくりゃくをもってイエスをとらえたうえ、なんとかしてころそうとはかっていた。

2 かれらは、「まつりあいだはいけない。民衆みんしゅうさわぎをおこすかもれない」とっていた。

3 イエスがベタニヤで、らい病人びょうにんシモンのいえにいて、食卓しょくたくについておられたとき、ひとりのおんなが、非常ひじょう高価こうか純粋じゅんすいなナルドの香油こうゆれてある石膏せっこうのつぼをってきて、それをこわし、香油こうゆをイエスのあたまそそぎかけた。

4 すると、ある人々ひとびといきどおってたがいった、「なんのために香油こうゆをこんなにむだにするのか。

5 この香油こうゆを三百デナリ以上いじょうにでもって、まずしいひとたちにほどこすことができたのに」。そしておんなをきびしくとがめた。

6 するとイエスはわれた、「するままにさせておきなさい。なぜおんなこまらせるのか。わたしによいことをしてくれたのだ。

7 まずしいひとたちはいつもあなたがたと一緒いっしょにいるから、したいときにはいつでも、よいことをしてやれる。しかし、わたしはあなたがたといつも一緒いっしょにいるわけではない。

8 このおんなはできるかぎりのことをしたのだ。すなわち、わたしのからだにあぶらそそいで、あらかじめほうむりの用意よういをしてくれたのである。

9 よくきなさい。ぜん世界せかいのどこででも、福音ふくいんつたえられるところでは、このおんなのしたこと記念きねんとしてかたられるであろう」。

10 ときに、十二弟子でしのひとりイスカリオテのユダは、イエスを祭司長さいしちょうたちにきわたそうとして、かれらのところった。

11 かれらはこれをいてよろこび、きんあたえることを約束やくそくした。そこでユダは、どうかしてイエスをきわたそうと、機会きかいをねらっていた。

12 除酵祭じょこうさいだいにち、すなわち過越すぎこし小羊こひつじをほふるに、弟子でしたちがイエスにたずねた、「わたしたちは、過越すぎこし食事しょくじをなさる用意よういを、どこへってしたらよいでしょうか」。

13 そこで、イエスはふたりの弟子でし使つかいにしてわれた、「市内しないくと、みずがめをっているおとこ出会であうであろう。そのひとについてきなさい。

14 そして、そのひとがはいっていえ主人しゅじんいなさい、『弟子でしたちと一緒いっしょ過越すぎこし食事しょくじをする座敷ざしきはどこか、と先生せんせいっておられます』。

15 するとその主人しゅじんは、せきととのえて用意よういされた二かい広間ひろませてくれるから、そこにわたしたちのために用意よういをしなさい」。

16 弟子でしたちはかけて市内しないってると、イエスがわれたとおりであったので、過越すぎこし食事しょくじ用意よういをした。

17 夕方ゆうがたになって、イエスは十二弟子でし一緒いっしょにそこにかれた。

18 そして、一同いちどうせきについて食事しょくじをしているときわれた、「とくにあなたがたにっておくが、あなたがたのなかのひとりで、わたしと一緒いっしょ食事しょくじをしているものが、わたしを裏切うらぎろうとしている」。

19 弟子でしたちは心配しんぱいして、ひとりびとり「まさか、わたしではないでしょう」とした。

20 イエスはわれた、「十二にんなかのひとりで、わたしと一緒いっしょおなはちにパンをひたしているものが、それである。

21 たしかにひとは、自分じぶんについていてあるとおりにってく。しかし、ひと裏切うらぎるそのひとは、わざわいである。そのひとうまれなかったほうが、かれのためによかったであろう」。

22 一同いちどう食事しょくじをしているとき、イエスはパンをり、祝福しゅくふくしてこれをさき、弟子でしたちにあたえてわれた、「れ、これはわたしのからだである」。

23 またさかずきり、感謝かんしゃしてかれらにあたえられると、一同いちどうはそのさかずきからんだ。

24 イエスはまたわれた、「これは、おおくのひとのためにながすわたしの契約けいやくである。

25 あなたがたによくっておく。かみくにあたらしくむそのまでは、わたしはけっして二と、ぶどうのからつくったものをむことをしない」。

26 かれらは、さんびをうたったのち、オリブやまかけてった。

27 そのとき、イエスは弟子でしたちにわれた、「あなたがたはみな、わたしにつまずくであろう。『わたしは羊飼ひつじかいつ。そして、ひつじらされるであろう』といてあるからである。

28 しかしわたしは、よみがえってから、あなたがたよりさきにガリラヤへくであろう」。

29 するとペテロはイエスにった、「たとい、みんなのものがつまずいても、わたしはつまずきません」。

30 イエスはわれた、「あなたによくっておく。きょう、今夜こんや、にわとりが二まえに、そううあなたが、三わたしをらないとうだろう」。

31 ペテロはちからをこめてった、「たといあなたと一緒いっしょなねばならなくなっても、あなたをらないなどとは、けっしてもうしません」。みんなのものもまた、おなじようなことをった。

32 さて、一同いちどうはゲツセマネというところにきた。そしてイエスは弟子でしたちにわれた、「わたしがいのっているあいだ、ここにすわっていなさい」。

33 そしてペテロ、ヤコブ、ヨハネを一緒いっしょれてかれたが、おそれおののき、またなやみはじめて、かれらにわれた、

34 「わたしはかなしみのあまりぬほどである。ここにっていて、をさましていなさい」。

35 そしてすこすすんでき、にひれし、もしできることなら、このときらせてくださるようにといのりつづけ、そしてわれた、

36 「アバ、ちちよ、あなたには、できないことはありません。どうか、このさかずきをわたしからりのけてください。しかし、わたしのおもいではなく、みこころのままになさってください」。

37 それから、きてごらんになると、弟子でしたちがねむっていたので、ペテロにわれた、「シモンよ、ねむっているのか、ひとときをさましていることができなかったのか。

38 誘惑ゆうわくおちいらないように、をさましていのっていなさい。こころねっしているが、肉体にくたいよわいのである」。

39 またはなれてっておな言葉ことばいのられた。

40 またきてごらんになると、かれらはまだねむっていた。そのおもくなっていたのである。そして、かれらはどうおこたえしてよいか、わからなかった。

41 度目どめにきてわれた、「まだねむっているのか、やすんでいるのか。もうそれでよかろう。ときがきた。よ、ひと罪人つみびとらのわたされるのだ。

42 て、さあこう。よ、わたしを裏切うらぎものちかづいてきた」。

43 そしてすぐ、イエスがまだはなしておられるうちに、十二弟子でしのひとりのユダがすすみよってきた。また祭司長さいしちょう律法りっぽう学者がくしゃ長老ちょうろうたちからおくられた群衆ぐんしゅうも、けんぼうとをってかれについてきた。

44 イエスを裏切うらぎものは、あらかじめかれらに合図あいずをしておいた、「わたしの接吻せっぷんするものが、そのひとだ。そのひとをつかまえて、まちがいなくひっぱってけ」。

45 かれるとすぐ、イエスに近寄ちかより、「先生せんせい」とって接吻せっぷんした。

46 人々ひとびとはイエスにをかけてつかまえた。

47 すると、イエスのそばにっていたもののひとりが、けんいて大祭司だいさいししもべりかかり、その片耳かたみみおとした。

48 イエスはかれらにむかってわれた、「あなたがたは強盗ごうとうにむかうように、けんぼうってわたしをとらえにきたのか。

49 わたしは毎日まいにちあなたがたと一緒いっしょみやにいておしえていたのに、わたしをつかまえはしなかった。しかし聖書せいしょ言葉ことば成就じょうじゅされねばならない」。

50 弟子でしたちはみなイエスを見捨みすててった。

51 ときに、ある若者わかもの亜麻布あまぬのをまとって、イエスのあとについてったが、人々ひとびとかれをつかまえようとしたので、

52 その亜麻布あまぬのてて、はだかげてった。

53 それから、イエスを大祭司だいさいしのところにれてくと、祭司長さいしちょう長老ちょうろう律法りっぽう学者がくしゃたちがみなあつまってきた。

54 ペテロはとおくからイエスについてって、大祭司だいさいし中庭なかにわまではいりみ、その下役したやくどもにまじってすわり、にあたっていた。

55 さて、祭司長さいしちょうたちとぜん議会ぎかいとは、イエスを死刑しけいにするために、イエスに不利ふり証拠しょうこつけようとしたが、られなかった。

56 おおくのものがイエスにたいして偽証ぎしょうてたが、その証言しょうげんわなかったからである。

57 ついに、ある人々ひとびとちあがり、イエスにたいして偽証ぎしょうててった、

58 「わたしたちはこのひとが『わたしはつくったこの神殿しんでんちこわし、三のちつくられないべつ神殿しんでんてるのだ』とうのをきました」。

59 しかし、このような証言しょうげんたがいわなかった。

60 そこで大祭司だいさいしちあがって、まんなかすすみ、イエスにきただしてった、「なにこたえないのか。これらの人々ひとびとがあなたにたいして不利ふり証言しょうげんもうてているが、どうなのか」。

61 しかし、イエスはだまっていて、なにもおこたえにならなかった。大祭司だいさいしふたたきただしてった、「あなたは、ほむべきもの、キリストであるか」。

62 イエスはわれた、「わたしがそれである。あなたがたはひとちからあるものみぎし、てんくもってるのをるであろう」。

63 すると、大祭司だいさいしはそのころもいてった、「どうして、これ以上いじょう証人しょうにん必要ひつようがあろう。

64 あなたがたはこのけがしごといた。あなたがたの意見いけんはどうか」。すると、かれらはみな、イエスをあたるものと断定だんていした。

65 そして、あるものはイエスにつばきをかけ、目隠めかくしをし、こぶしでたたいて、「いあててみよ」といはじめた。また下役したやくどもはイエスをきとって、のひらでたたいた。

66 ペテロはした中庭なかにわにいたが、大祭司だいさいし女中じょちゅうのひとりがきて、

67 ペテロがにあたっているのをると、かれつめて、「あなたもあのナザレびとイエスと一緒いっしょだった」とった。

68 するとペテロはそれをして、「わたしはらない。あなたのうことがなんのことか、わからない」とって、庭口にわぐちほうった。

69 ところが、さき女中じょちゅうかれて、そばにっていた人々ひとびとに、またもや「このひとはあの仲間なかまのひとりです」といだした。

70 ペテロはふたたびそれをした。しばらくして、そばにっていたひとたちがまたペテロにった、「たしかにあなたはかれらの仲間なかまだ。あなたもガリラヤびとだから」。

71 しかし、かれは、「あなたがたのはなしているそのひとのことはなにらない」とって、はげしくちかいはじめた。

72 するとすぐ、にわとりが二度目どめいた。ペテロは、「にわとりが二まえに、三わたしをらないとうであろう」とわれたイエスの言葉ことばおもし、そしておもいかえしてきつづけた。