聖典
エステル記4
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第4章

1 モルデカイはすべてこのなされたことをったとき、そのころもき、荒布あらぬのをまとい、はいをかぶり、まちなかって大声おおごえをあげ、はげしくさけんで、

2 おうもん入口いりぐちまでった。荒布あらぬのをまとってはおうもんうちにはいることができないからである。

3 すべておう命令めいれいみことのりをうけった各州かくしゅうではユダヤひとのうちにおおいなるかなしみがあり、断食だんじきなげき、さけびがおこり、また荒布あらぬのをまとい、はいうえするものおおかった。

4 エステルの侍女じじょたちおよび侍従じじゅうたちがきて、このことげたので、王妃おうひ非常ひじょうかなしみ、モルデカイに着物きものおくり、それをせて、荒布あらぬのがせようとしたがけなかった。

5 そこでエステルはおう侍従じじゅうのひとりで、おう自分じぶんにはべらせたハタクをし、モルデカイのもとへって、それは何事なにごとであるか、なにゆえであるかをたずねてるようにとめいじた。

6 ハタクはて、おうもんまえにあるまち広場ひろばにいるモルデカイのもとへくと、

7 モルデカイは自分じぶんおこったすべてのことかれげ、かつハマンがユダヤひとほろぼすことのためにおう金庫きんこはかれると約束やくそくしたぎん正確せいかくがくげた。

8 またかれらをほろぼさせるために、スサで発布はっぷされた詔書しょうしょうつしをかれにわたし、それをエステルにせ、かつきあかし、彼女かのじょおうのもとへってそのたみのためにおうのあわれみをい、おうまえねがもとめるように彼女かのじょつたえよとった。

9 ハタクがかえってきてモルデカイの言葉ことばをエステルにげたので、

10 エステルはハタクにめいじ、モルデカイに言葉ことばつたえさせてった、

11 おう侍臣じしんおよびおうしょしゅうたみみなおとこでもおんなでも、すべてされないのに内庭うちにわにはいっておうのもとへものは、かならころされなければならないという一つの法律ほうりつのあることをっています。ただしおうがそのものきんしゃくべればきることができるのです。しかしわたしはこの三十にちあいだおうのもとへくべきめしをこうむらないのです」。

12 エステルの言葉ことばをモルデカイにげたので、

13 モルデカイはめいじてエステルにこたえさせてった、「あなたは王宮おうきゅうにいるゆえ、すべてのユダヤひとことなり、なんまぬかれるだろうとおもってはならない。

14 あなたがもし、このようなときだまっているならば、ほかのところから、たすけとすくいがユダヤひとのためにおこるでしょう。しかし、あなたとあなたのちちいえとはほろびるでしょう。あなたがこのくにむかえられたのは、このようなときのためでなかったとだれがりましょう」。

15 そこでエステルはめいじてモルデカイにこたえさせた、

16 「あなたはってスサにいるすべてのユダヤひとあつめ、わたしのために断食だんじきしてください。三のあいだよるひるみしてはなりません。わたしとわたしの侍女じじょたちも同様どうよう断食だんじきしましょう。そしてわたしは法律ほうりつにそむくことですがおうのもとへきます。わたしがもしなねばならないのなら、にます」。

17 モルデカイはって、エステルがすべて自分じぶんめいじたとおりにおこなった。