エステル記2
戻る 次へ

第2章

1 これらのことののち、アハシュエロスおういかりがとけ、おうはワシテおよび彼女かのじょのしたこと、また彼女かのじょたいしてさだめたことをおもおこした。

2 ときおうつかえる侍臣じしんたちはった、「うつくしいわか処女しょじょたちをおうのためにたずもとめましょう。

3 どうぞおうはこのくに各州かくしゅうにおいて役人やくにんえらび、うつくしいわか処女しょじょをことごとく首都しゅとスサにある婦人ふじん居室きょしつあつめさせ、婦人ふじんをつかさどるおう侍従じじゅうヘガイの管理かんりのもとにおいて、化粧けしょうのための品々しなじなかれらにあたえてください。

4 こうして御意ぎょいにかなうおとめをとって、ワシテのかわりに王妃おうひとしてください」。おうはこのことをよしとし、そのようにった。

5 さて首都しゅとスサにひとりのユダヤじんがいた。をモルデカイといい、キシのひこ、シメイのまご、ヤイルので、ベニヤミンびとであった。

6 かれはバビロンのおうネブカデネザルがとらえていったユダのおうエコニヤとともとらえられていった捕虜ほりょのひとりで、エルサレムからとらうつされたものである。

7 かれはそのおじのむすめハダッサすなわちエステルをやしなそだてた。彼女かのじょにはちちははもなかったからである。このおとめはうつくしく、かわいらしかったが、その父母ふぼ死後しご、モルデカイは彼女かのじょきとって自分じぶんむすめとしたのである。

8 おう命令めいれいみことのりつたえられ、おおくのおとめが首都しゅとスサにあつめられて、ヘガイの管理かんりのもとにおかれたとき、エステルもまた王宮おうきゅうたずさかれ、婦人ふじんをつかさどるヘガイの管理かんりのもとにおかれた。

9 このおとめはヘガイのこころにかなって、そのいつくしみをた。すなわちヘガイはすみやかに彼女かのじょ化粧けしょう品々しなじなおよび食物しょくもつまえあたえ、また宮中きゅうちゅうから七にんのすぐれた侍女じじょえらんで彼女かのじょわせ、彼女かのじょとその侍女じじょたちを婦人ふじん居室きょしつのうちのもっとところうつした。

10 エステルは自分じぶんたみのことをも、自分じぶん同族どうぞくのことをもひとらせなかった。モルデカイがこれをらすなと彼女かのじょめいじたからである。

11 モルデカイはエステルの様子ようすおよび彼女かのじょがどうしているかをろうと、毎日まいにち婦人ふじん居室きょしつにわまえあるいた。

12 おとめたちはおのおの婦人ふじんのための規定きていにしたがって十二かげつのち順番じゅんばんにアハシュエロスおうところくのであった。これはかれらの化粧けしょう期間きかんとして、没薬もつやくあぶらもちいること六かげつ香料こうりょうおよび婦人ふじん化粧けしょう使つか品々しなじなもちいること六かげつさだめられていたからである。

13 こうしておとめはおうところくのであった。そしておとめが婦人ふじん居室きょしつ王宮おうきゅうときには、すべてそののぞものあたえられた。

14 そして夕方ゆうがたって、あくるあさだい二の婦人ふじん居室きょしつかえり、そばめたちをつかさどるおう侍従じじゅうシャシガズの管理かんりうつされた。おうがそのおんなよろこび、ざしてすのでなければ、ふたたおうところくことはなかった。

15 さてモルデカイのおじアビハイルのむすめ、すなわちモルデカイがきとって自分じぶんむすめとしたエステルがおうところ順番じゅんばんとなったが、彼女かのじょ婦人ふじんをつかさどるおう侍従じじゅうヘガイがすすめたもののほかなにをももとめなかった。エステルはすべて彼女かのじょものよろこばれた。

16 エステルがアハシュエロスおうされて王宮おうきゅうったのは、その治世ちせいだいねんの十がつ、すなわちテベテのつきであった。

17 おうはすべての婦人ふじんにまさってエステルをあいしたので、彼女かのじょはすべての処女しょじょにまさっておうまえめぐみといつくしみとをた。おうはついに王妃おうひかんむり彼女かのじょあたまにいただかせ、ワシテにかわって王妃おうひとした。

18 そしておうおおいなる酒宴しゅえんもよおして、すべての大臣だいじん侍臣じしんをもてなした。エステルの酒宴しゅえんがこれである。またしょしゅう免税めんぜいおこない、おうおおきな度量どりょうにしたがっておくものあたえた。

19 度目どめ処女しょじょたちがあつめられたとき、モルデカイはおうもんにすわっていた。

20 エステルはモルデカイがめいじたように、まだ自分じぶん同族どうぞくのことをも自分じぶんたみのことをもひとらせなかった。エステルはモルデカイの言葉ことばしたがうこと、かれやしなそだてられたときすこしもかわらなかった。

21 そのころ、モルデカイがおうもんにすわっていたときおう侍従じじゅうで、おうのへやのまももののうちのビグタンとテレシのふたりがいかりのあまりアハシュエロスおうころそうとねらっていたが、

22 そのことがモルデカイにれたので、かれはこれを王妃おうひエステルにげ、エステルはこれをモルデカイのをもっておうげた。

23 そのこと調しらべられて、それに相違そういないことがあらわれたので、かれらふたりはにかけられた。このことおうまえ日誌にっししょにかきしるされた。