個人と家族
11月21-27日ヨナ;ミカ:「神はいつくしみを喜ばれる」


「11月21-27日ヨナ;ミカ:『神はいつくしみを喜ばれる』」『わたしに従ってきなさい—個人と家族用:旧約聖書 2022年』(2021年)

「11月21-27日ヨナ;ミカ」『わたしに従ってきなさい—個人と家族用:2022年』

画像

「ニネベの海岸にいるヨナ」Daniel ALewis

11月21-27日

ヨナミカ

「神はいつくしみを喜ばれる」

受けた印象を書き留めながら,ヨナとミカに記されている原則が,あなたが聖文で学んできたほかの事柄とどのように関連しているか考えてください。

印象を書き留める

ヨナは,タルシシに向かう船に乗っていました。タルシシへと航海するのは何ら悪いことではありません。ただ問題は,ヨナが神のメッセージを伝えに行くことになっていたニネベから遠く離れているということでした。そのため,船が暴風に遭遇したとき,ヨナにはそれが自分の不従順のせいであると分かりました。ヨナに求められて,水夫たちは暴風を止めるためにヨナを海の深みに投げ入れました。ヨナとその務めは,これで終わりかと思われました。しかし,主は,ヨナを見捨ててはおられませんでした。ニネベの民を見捨ててはおられなかったように,そして,わたしたちのだれをもお見捨てにならないように。ミカが教えたとおり,主はわたしたちを罪に定めることを喜ばれず,「いつくしみを喜ばれ」ます。わたしたちが主に立ち返るとき,主は「再びわれわれをあわれみ,われわれの不義を足で踏みつけられ〔,〕……われわれのもろもろの罪を海の深みに投げ入れ」られるのです(ミカ7:18-19)。

ヨナ書およびミカ書の概要については,『聖句ガイド』「ヨナ」および「ミカ」の項を参照してください。

画像

個人の聖文研究のためのアイデア

ヨナ1-4ミカ7:18-19

主は御自分に立ち返るすべての人を憐れまれる

ヨナ書は,とりわけ,わたしたちが悔い改めるときに主がどれほど憐れみ深くあられるかを示しています。ヨナを読みながら,主の憐れみの例を探してください。あなたが人生の中で主の憐れみをどのように経験してきたか深く考えてください。あなたがほかの人にもっと憐れみ深くなるのを助けてくれることとして,どのようなことが学べるでしょうか。

主の憐れみを目にすると,しばしば愛と感謝の気持ちが強まります。しかし,主がイスラエルの敵であったニネベの人々に憐れみを示されたとき,ヨナはそれを「不快」として「激しく怒り」ました(ヨナ4:1)。ヨナはなぜそのように感じたのだと思いますか。あなたは同じような気持ちになったことはありますか。4章で,主はヨナが何を理解するのを助けようとしておられたと思いますか。

ミカ7:18-19に記されている教えについて深く考えてください。これらの真理は,ヨナが主やニネベの人々に対する態度を変えるうえで,どのような助けになったでしょうか。

ルカ15:11-32;ジェフリー・R・ホランド「神の正義と憐れみ『リアホナ』2013年9月号,20-25も参照してください。

画像

わたしたちは神の子供たちに福音を分かち合うことができる。

ヨナ1章3-4章

神のすべての子供たちが福音を聞く必要がある

ニネベはアッシリア帝国の一部で,そこはイスラエルの敵であり,暴力と残酷さで知られていました。恐らくヨナには,ニネベの人々が神の言葉を受け入れて悔い改める備えができているとは,とても思えなかったことでしょう。しかし,ダリン・H・オークス管長は次のように教えています。「だれに準備ができており,だれに準備ができていないかを自分で判断してはなりません。主は御自分のすべての子供たちの心を御存じです。わたしたちが霊感を祈り求めるならば,『御言葉を聞く用意のできている』(アルマ32:6)人を御存じの主は,その人を見つけることができるようにわたしたちを助けてくださいます。」(「回復された福音を分かち合う『リアホナ』2016年11月号,57-60)変わる備えができていないように思える人たちとさえも福音を分かち合うよう心を奮い立たせてくれることとして,ヨナ3章からどのようなことが学べますか。

ヨナの態度(ヨナ1章3-4章参照)を,アルマとモーサヤの息子たちの気持ち(モーサヤ28:1-5アルマ17:23-25参照)と比較するとよいかもしれません。

3ニーファイ18:32も参照してください。

ミカ4:11-135:8-157:5-7

イエス・キリストはミカの記した言葉を引用された

救い主がイザヤや詩篇を引用されたことはよく知られています。主がミカも何度か引用されたことを知っていましたか。以下の例を検討し,なぜこれらの言葉が救い主にとって大切であったのか深く考えてください。それらはあなたにとってなぜ大切なのでしょうか。

ミカ4:11-133ニーファイ20:18-20参照)。主は末日の集合を小麦の刈り入れにたとえられました(アルマ26:5-7教義と聖約11:3-4も参照)。このたとえは,イスラエルの集合についてどんなことを示していますか。

ミカ5:8-153ニーファイ21:12-21参照)。これらの節は,終わりの時における神の民(「ヤコブの残りの者」)についてどんなことを示していますか。

ミカ7:5-7マタイ10:35-36参照)。これらの節によると,最初に「主を仰ぎ見〔る〕」ことが大切なのはなぜでしょうか。この勧告が今日大切なのはなぜでしょうか。

ミカ6:1-8

「主のあなたに求められること」

ミカはわたしたちに,「主のみ前に行き,高き神を拝す」(ミカ6:6)のはどのようなものであるか想像するように勧めています。6-8節は,主があなたの人生を評価するときに,主にとって何が大切であるかについて,あなたにどんなことを教えていますか。

マタイ7:21-2325:31-40;デール・G・レンランド「公正に振る舞い,憐れみを愛し,へりくだって神とともに歩む『リアホナ』2020年11月号,109-112も参照してください。

画像

家族の聖文研究と家庭の夕べのためのアイデア

ヨナ1-4章

子供たちは,逃げるふりをしたり,嵐の海のような音を立てたり,大きな魚に飲み込まれるふりをしたりするなど,ヨナの話を伝える動作をすると楽しいかもしれません(『旧約聖書物語』の「ヨナ」参照)。家族に,ヨナの経験から何を学んだか尋ねてください。ヨナから学べる教えの一例として,「預言者にしたがおう」(『子供の歌集』58-59)の7番を参照してください。

ヨナ3章

福音を分かち合うことについて,ヨナは何を学びましたか。わたしたちの知人の中で,イエス・キリストの回復された福音のメッセージを聞くことによって祝福を受けると思われるのはだれでしょうか。

ミカ4:1-5

これらの節によると,主の民に平和と繁栄をもたらすのは何でしょうか。わたしたちの家庭においてこの預言が成就するように,わたしたちはどのようなことができるでしょうか。

ミカ5:2

幼子イエスとその母の絵(『福音の視覚資料集』33番参照)を部屋の片側に飾り,反対側に博士たちの絵を飾ります。ミカ5:2マタイ2:1-6を一緒に読んでください。ミカの預言は,博士たちがイエスを見つけるのにどのように役立ちましたか。家族のだれかが,博士たちの絵をイエスの絵の隣に動かすとよいでしょう。家族で,ビデオ「幼子キリスト—降誕の物語」(ChurchofJesusChrist.org)を見ても楽しいかもしれません。

子供を教えるためのそのほかのアイデアについては,『わたしに従ってきなさい—初等協会用』今週の概要を参照してください。

歌の提案:「み旨のまま行かん『賛美歌』172番

個人学習を改善する

神の愛を見いだす。聖文を読むときに,神の愛を示す証拠であなたにとって印象的なものに注目するとよいでしょう。例えば,ヨナの話の中で神が御自分の子供たちへの愛をどのように示されたか探してみてください。

画像

イラスト/Kevin Carden