アルマ書 17
    脚注

    かみ​の​こと​の​ため​に​おう​を​ぐ​けん​を​ほう​し、レーマンじん​に​おしえ​を​こう​と​して​ニーファイ​の​​へ​のぼって​った​モーサヤ​の​むす​たち​の​はなしかれら​の​けた​なん​と​かいほう。これ​は​アルマ​の​ろく​に​よる。

    つぎ​の​だい十七-二十七​しょう​が​それ​に​そうとう​する。

    第​17​章

    モーサヤ​の​むす​たち、げん​と​けい​の​れい​を​ける。レーマンじん​に​こと​を​げ​らせる​ため​に、各々おのおの別々べつべつ​の​みち​を​く。アンモン、イシマエル​の​​へ​き、ラモーナイ​おう​の​しもべ​に​なる。アンモン、セブス​の​いずみ​の​そば​で​おう​の​ひつじ​の​れ​を​すくい、てき​を​ころす。だい一-三​せつ​は​げんぜんやく​七十七​ねんだい四​せつ​は​やく​九十一-七十七​ねんだい五-三十九​せつ​は​やく​九十一​ねん​の​ごと​で​ある。

    1 ​さて、アルマ​は​ギデオン​の​​から​南方なんぽう​の​マンタイ​の​​へ​かって​たび​を​して​いた​とき、よ、おもいがけず、ゼラヘムラ​の​​を​して​たび​を​して​いた​​モーサヤ​の​むす​たち​に​った。

    2 ​モーサヤ​の​この​むす​たち​は、てん使​が​はじめて​アルマ​に​あらわれた​とき​に​アルマ​と​ともに​いた​人々ひとびと​で​ある。その​ため、アルマ​は​ぶん​の​なか​に​えた​こと​で​ひとかたならず​よろこんだ。しかも、かれら​が​なお​も​しゅ​に​あって​きょうだい​で​あった​ので、その​よろこび​は​いっそう​ふかかった。さらに、かれら​は​ただしい​かいりょく​を​そなえた​人々ひとびと​で​あり、また​かみ​の​こと​を​る​ため​に​聖文せいぶん​を​熱心ねっしん​に​調しらべて​きた​ので、すでに​しん​を​ふかく​る​よう​に​なって​いた。

    3 ​それ​ばかり​で​は​ない。かれら​は​しばしば​いのり、また​断食だんじき​も​した​ので、げん​の​れい​と​けい​の​れい​を​けて​いた。そして、おしえる​とき​に​は、かみ​の​ちから​と​権能けんのう​を​もって​おしえた。

    4 ​そして​かれら​は、それ​まで​十四​年間ねんかん​レーマンじん​の​なか​で​かみ​の​こと​を​おしえて、おおく​の​ひと​に​しん​を​らせる​の​に​おおきな​せいこう​を​おさめて​いた。まことに、かれら​の​こと​の​ちから​に​よって、おおく​の​ひと​が​かみ​の​聖壇せいだん​の​まえ​に​みちびかれ、かみ​の​​を​び、かみ​の​まえ​で​ぶん​たち​の​つみ​を​こくはく​した。

    5 ​さて、かれら​が​たび​を​して​いた​あいだ​の​状況じょうきょう​は​つぎ​の​とおり​で​ある。かれら​は​おおく​の​なん​に​い、え​や​かわき、ろうおおく​の​霊的れいてき​な​ろう​など、にくたいてき​に​も​精神的せいしんてき​に​も​ひどく​くるしんだ。

    6 ​さて、かれら​の​たび​は​つぎ​の​とおり​で​あった。かれら​の​ちち​モーサヤ​が​かれら​に​おう​を​ゆずりたい​と​おもい、また​たみ​も​おなじ​おもい​を​いだいて​いた​が、かれら​は​おう​を​ける​こと​を​退たい​し、さばきつかさ​の​とう​の​だい一​ねん​に、ちち​に​わかれ​を​げて​かけた。

    7 かれら​は、じょう​の​はなし​が​あった​に​も​かかわらず​ゼラヘムラ​の​​を​った​の​で​ある。かれら​は​ぶん​たち​の​つるぎ​と​やりゆみいしげ​を​ってった。​で​もの​を​​に​れる​ため​で​あった。

    8 ​この​よう​に、かれら​は​すでに​えらんで​おいた​人々ひとびと​と​ともに​​に​たびち、レーマンじん​に​かみ​の​こと​を​べ​つたえる​ため​に​ニーファイ​の​​へ​のぼって​った。

    9 ​そして、かれら​は​​の​なか​を​いくにち​も​たび​を​した。また​かれら​は、しゅ​が​たま​の​いち​を​さずけて​ぶん​たち​に​ともなわせて​くださり、また​とどめて​くださる​こと​を​ねがって、おおいに​断食だんじき​し、おおいに​いのった。それ​は、かれら​が​かみ​の​​に​使つかわれる​もの​と​なり、できれ​ば​ぶん​たち​の​同胞はらから​で​ある​レーマンじん​に​しん​を​らせ、かれら​の​せん​の​ただしくない​つたえ​が​じゅん​で​ある​こと​を​らせる​ため​で​あった。

    10 ​そこで​しゅ​は​かれら​に​たま​を​くだし、「なぐさめ​を​​なさい」と​われた。そこで​かれら​は​なぐさめ​を​た。

    11 しゅ​は​また​かれら​に、「あなたがた​の​同胞はらから​で​ある​レーマンじん​の​なか​へ​き、わたし​の​こと​を​かくりつ​しなさい。しかし、あなたがた​は​わたし​に​あって​かれら​に​い​はん​を​しめせる​よう​に、ながい​くるしみ​と​なん​の​なか​で​忍耐にんたいづよく​あり​なさい。そう​すれ​ば、わたし​は​あなたがた​を​わたし​の​​に​使つかわれる​もの​と​して​おおく​の​ひと​を​すくおう」と​われた。

    12 ​そこで、モーサヤ​の​むす​たち​と、いっしょ​に​いた​人々ひとびと​は、レーマンじん​の​ところ​へ​って​かれら​に​かみ​の​こと​を​げ​らせる​ゆう​を​た。

    13 ​そこで​かれら​は、レーマンじん​の​​の​さかい​に​く​と、しゅ​が​れ​の​のち​に​ぶん​たち​を​再会さいかい​させて​くださる​こと​に​しんらい​を​せ、各々おのおのわかれて​次々つぎつぎ​に​って​った。かれら​は​ぶん​たち​が​りかかった​わざ​が​大変たいへん​な​もの​で​ある​と​かんがえて​いた。

    14 ​そして​たしか​に、それ​は​大変たいへん​な​もの​で​あった。かれら​は、ばん​で​かたくな​で​残忍ざんにん​な​たみ​に​かみ​の​こと​を​べ​つたえよう​と​して​いた​から​で​ある。その​たみ​は、ニーファイじん​を​ころしたり、ニーファイじん​の​もの​を​ぬすんだり、うばったり​する​こと​を​よろこび​と​して​いた。また​かれら​は、とみ、すなわち​きんぎん​や​宝石ほうせき​に​執着しゅうちゃく​して​おり、しかも​かれら​は、これら​の​もの​を​​に​れる​の​に​ぶん​の​​で​はたらく​こと​なく、さつじん​や​略奪りゃくだつ​に​よって​​に​れよう​と​して​いた。

    15 ​この​よう​に、かれら​は​じょう​に​たい​な​たみ​で​あり、その​なか​の​おおく​の​もの​は​ぐうぞう​を​れいはい​して​いた。そして、かれら​の​せん​の​つたえ​の​ため​に、かみ​の​​のろい​が​かれら​に​くだって​いた。それでも、あらため​を​じょうけん​として、しゅ​の​やくそく​が​かれら​に​あたえられて​いた​の​で​ある。

    16 ​したがって、モーサヤ​の​むす​たち​は、おそらく​かれら​を​あらため​させる​こと​が​できる​と​おもい、また​おそらく​かれら​に​あがない​の​けいかく​を​らせる​こと​が​できる​と​おもって、その​わざ​に​ちゃくしゅ​した​の​で​あった。

    17 ​そこで​かれら​は、各々おのおのわかれて、ぶん​に​あたえられた​かみ​の​こと​と​ちから​を​もって、ひとり​で​レーマンじん​の​なか​へ​はいって​った。

    18 ​さて、アンモン​は​かれら​の​どうしゃ​で​あった​ので、いや、かれら​に​ひつよう​な​もの​を​あたえ、各々おのおの​の​しょく​に​おうじて​かれら​に​しゅくふく​を​さずけ、かれら​に​かみ​の​こと​を​げた​のち、すなわち​ぶん​の​しゅっぱつ​に​さきって​かれら​に​しゅくふく​を​さずけた​のちかれら​の​もと​を​った。この​よう​に​して、かれら​は​それぞれ​わかれて​ぜん​に​たびった。

    19 ​そして、アンモン​は​イシマエル​の​​へ​った。そこ​は、レーマンじん​と​なった​​イシマエル​の​むす​に​ちなんで​けられた​​で​ある。

    20 ​アンモン​が​イシマエル​の​​へ​はいった​ところ、レーマンじん​は​かれ​を​らえて​しばった。レーマンじん​は、ぶん​たち​の​​に​ちた​ニーファイじん​を​みなしばって、おう​の​まえ​に​れてく​の​を​ならわし​と​して​いた​から​で​ある。そして、らえた​ニーファイじん​を​ころす​か、そくばく​の​​に​く​か、ろう​に​れる​か、それとも​その​​から​す​か、それ​は​おう​の​​の​まま、おもい​の​まま​に​まかされて​いた。

    21 ​この​よう​に​して、アンモン​は​イシマエル​の​​を​おさめて​いる​おう​の​まえ​に​れてかれた。この​おう​は​​を​ラモーナイ​と​いって、イシマエル​の​そん​で​あった。

    22 おう​は​アンモン​に、この​​に​いて​レーマンじん​の​なか​で​らしたい​か、すなわち​ぶん​の​たみ​の​なか​で​らしたい​か​どう​か​たずねた。

    23 ​そこで​アンモン​は​おう​に、「はい。しばらく​この​たみ​の​なか​で​らしたい​と​おもい​ます。ぬ​まで​ここ​に​む​かも​しれ​ません」と​こたえた。

    24 ​そこで​ラモーナイ​おう​は、アンモン​の​こと​を​じょう​に​​に​り、かれ​を​しばって​いる​なわ​を​かせた。そして、アンモン​に​ぶん​の​むすめ​の​ひと​を​つま​に​めとらせよう​と​した。

    25 ​しかし​アンモン​は、「そう​で​は​なく、おう​の​しもべ​に​なりたい​の​です」と​い、ラモーナイ​おう​の​しもべ​に​なった。そして​かれ​は、レーマンじん​の​ならわし​に​したがって、ほか​の​しもべ​たち​の​なか​に​くわえられて​ラモーナイ​おう​の​ちく​の​れ​を​まもる​こと​に​なった。

    26 ​そして​かれ​は、みっかんおう​に​つかえた​のち、レーマンじん​で​ある​しもべ​たち​と​ともに、ちく​の​れ​を​みず​の​ある​しょ​へ​れてく​こと​に​なった。その​しょ​は​セブス​の​いずみ​と​ばれた。レーマンじん​は​みな、それぞれ​ちく​の​れ​を​ここ​に​って​て​みず​を​ませる​の​で​ある。

    27 ​こう​して、アンモン​と​おう​の​しもべ​たち​が​ちく​の​れ​を​この​みず​の​ある​しょ​に​って​く​ちゅうよ、すでに​ちく​の​れ​に​みず​を​ませて​しまった​ある​レーマンじん​の​一団いちだん​が​って​いて、アンモン​と​おう​の​しもべ​たち​が​れた​ちく​の​れ​を​い​らした。そして、かれら​が​い​らした​ため​に、ちく​は​ほうぼう​に​げ​って​しまった。

    28 ​すると、おう​の​しもべ​たち​は、「我々われわれ​の​なか​は​まえ​に、この​連中れんちゅう​の​あく​の​ため​に​れ​を​い​らされた​ので、おう​に​ころされて​しまった。我々われわれ​も​おう​に​ころされる」と​つぶやき​はじめた。そして、「よ、我々われわれ​の​れ​は​もう​って​しまった」と​い​ながら、はげしく​き​はじめた。

    29 かれら​は​ころされる​の​を​おそれて​いた​の​で​ある。アンモン​は​これ​を​る​と​よろこび​で​むね​が​いっぱい​に​なり、「おう​の​ため​に​この​ちく​を​もとどおり​に​して、どうりょう​で​ある​この​しもべ​たち​に​わたし​の​ちから​を、すなわち​わたし​の​うち​に​ある​ちから​を​しめし、どうりょう​で​ある​この​しもべ​たち​の​しんらい​を​て、かれら​に​わたし​の​こと​を​しんじ​させる​よう​に​しよう」と​った。

    30 ​さて、これ​は​アンモン​が​ぶん​の​どうりょう​と​んだ​もの​たち​の​なやむ​よう​を​て、こころ​に​おもった​こと​で​あった。

    31 ​そして​アンモン​は、つぎ​の​よう​に​って​かれら​を​なだめた。「どうりょう​たち、げん​を​して​ください。れ​を​さがし​に​き​ましょう。れ​を​あつめて​みず​の​ある​しょ​へ​れ​もどし​ましょう。こう​して​おう​の​ため​に​れ​を​まもれ​ば、おう​は​わたしたち​を​ころさない​でしょう。」

    32 ​そして、かれら​は​れ​を​さがし​に​った。かれら​は​アンモン​に​したがって​おおいそぎ​で​はしって​き、おう​の​ちく​の​さき​に​って、れ​を​ふたたび​みず​の​ある​しょ​に​あつめた。

    33 ​ところが、あの​おとこ​たち​が、アンモン​たち​の​ちく​の​れ​を​い​らそう​と​して​また​って​いた。そこで​アンモン​は​どうりょう​たち​に、「れ​が​さない​よう​に​まわり​を​かこんで​いて​ください。わたし​は​って、わたしたち​の​れ​を​らす​あの​おとこ​たち​と​たたかい​ます」と​った。

    34 ​そこで​かれら​は、アンモン​から​​された​とおり​に​した。いっぽう、アンモン​は​すすんで​く​と、セブス​の​いずみ​の​そば​に​って​いる​もの​たち​と​たたかう​がまえ​を​した。しかし、あい​は​すくない​かず​で​は​なかった。

    35 ​その​ため​かれら​は、ひとり​で​も​おもい​の​まま​に​アンモン​を​ころせる​と​おもい、かれ​を​おそれなかった。しゅ​が​モーサヤ​に、レーマンじん​の​​から​かれ​の​むす​たち​を​すくい​す​と​やくそく​して​おられた​こと​を、かれら​は​らなかった​から​で​ある。かれら​は​また、しゅ​の​こと​を​まったく​らなかった​ので、ぶん​たち​の​同胞はらから​が​ほろびる​の​を​よろこび​と​して​いた。その​ため​に​かれら​は、おう​の​ちく​の​れ​を​い​らそう​と​かまえて​いた​の​で​ある。

    36 ​そこで​​アンモン​は、すすみ​て​がまえる​と、いしげ​を​使つかって​かれら​に​いし​を​げ​はじめた。まことに、かれ​は​おおいなる​ちから​で​かれら​の​なか​に​いし​を​げた。この​よう​に​して、かれ​が​その​いくにん​か​を​ころした​ので、かれら​は​その​ちから​に​おどろき​はじめた。それでも、かれら​は​なか​の​なか​の​ころされた​もの​の​ため​に​いかり、アンモン​を​かならず​たおそう​と​こころ​に​めた。そこで​かれら​は、いし​で​アンモン​を​てない​こと​を​る​と、こんぼう​を​って​ちかづき、かれ​を​ころそう​と​した。

    37 ​しかし​よ、アンモン​を​とう​と​して​こんぼう​を​げた​もの​は、ことごとく​アンモン​の​つるぎ​で​うで​を​とされた。アンモン​が​つるぎ​の​やいば​で​かれら​の​うで​を​って、かれら​が​ち​かかって​くる​の​を​ふせいだ​から​で​ある。その​ため​かれら​は​おどろいて、かれ​の​まえ​から​げ​はじめた。かれら​の​かず​は​すくなくなかった​が、アンモン​は​その​うで​の​ちから​に​よって​かれら​を​退しりぞけた​の​で​ある。

    38 ​ところで、いしげ​で​たおれた​もの​は​六​にん​で​あった​が、アンモン​は​しゅぼうしゃ​の​ほか​は​つるぎ​で​だれ​も​ころさず、ぶん​に​かって​うで​を​げた​もの​の​うで​を​とした​だけ​で​あった。それでも、その​かず​は​すくなくなかった。

    39 ​アンモン​は​かれら​を​はらう​と、かえして​た。そして​かれら​は​れ​に​みず​を​ませ、おう​の​まき​に​れ​を​れ​もどした。それから​かれら​は、アンモン​を​ころそう​と​した​もの​たち​の、つるぎ​で​とされた​うで​を​って​おう​の​もと​へ​った。それら​の​うで​は、かれら​が​おこなった​こと​の​しょう​として、おう​の​もと​に​はこばれた​の​で​ある。