モーセ書 4
    脚注

    第​4​章

    (千八百三十​ねん​六がつ―十がつ

    サタン​は​どの​よう​に​して​あく​と​なった​か。サタン、エバ​を​ゆうわく​する。アダム​と​エバ​は​らく​し、​が​​に​はいる。

    1 しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、モーセ​に​かたって​った。「あなた​が​わたし​の​ひと​の​​に​よって​めいじた​あの​サタン​は、はじめ​から​いた​もの​で​ある。かれ​は​わたし​の​まえ​に​て​った。『らん​ください。わたし​が​ここ​に​います。わたし​を​お​つかわし​ください。わたし​は​あなた​の​​と​なり​ましょう。そして、わたし​は​ぜんじんるい​を​あがなって、ひと​も​うしなわれない​よう​に​しましょう。かならず​わたし​は​そう​します。ですから、わたし​に​あなた​の​ほまれ​を​あたえて​ください。」

    2 ​しかし​​よ、はじめ​から​わたし​が​あいし​えらんだ​もの​で​ある​わたし​の​あいする​​は、わたし​に、『ちち​よ、あなた​の​こころ​が​おこなわれ、えいこう​は​とこしえ​に​あなた​の​もの​で​あり​ます​よう​に』​と​った。

    3 ​あの​サタン​は​わたし​に​そむいて、しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​が​あたえた、ひと​の​選択せんたく​の​ゆう​を​そこなおう​と​した​ので、また​わたし​の​ちから​を​ぶん​に​あたえる​よう​に​もとめた​ので、わたし​は​ひと​の​ちから​に​よって​かれ​を​げ​とさせた。

    4 ​そして、かれ​は​サタン、すなわち、あらゆる​いつわり​の​ちち​で​ある​あく​と​なって、人々ひとびと​を​あざむき、まどわし、また​まことに、わたし​の​こえ​を​こう​と​しない​すべて​の​もの​を​ぶん​の​​の​まま​に​とりこ​に​する​もの​と​なった。

    5 ​さて、しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​が​つくった​​の​もの​の​うち​で、へび​が​もっとも​こうかつ​で​あった。

    6 ​そこで、サタン​は(すでに​おおく​の​もの​を​せて​ぶん​に​したがわせて​いた​ので)へび​の​こころ​の​なか​に​おもい​を​れ、エバ​も​だまそう​と​した。かれ​は​かみ​の​おもい​を​らなかった​ので、​を​ほろぼそう​と​した​の​で​ある。

    7 かれ​は​おんな​に​った。『その​の​どの​​から​も​って​べて​は​ならない​と、ほんとう​に​かみ​が​われた​の​です​か。』(かれ​は​へび​の​くち​を​とおして​かたった。)

    8 おんな​は​へび​に​った。『わたしたち​は​その​の​​の​​は​べる​こと​を​ゆるされて​います。

    9 ​しかし、その​の​ちゅうおう​に​える​​の​​に​ついて​は、って​べて​は​ならない、れて​も​ならない、んで​は​いけない​から、と​かみ​は​われ​ました。』

    10 ​すると、へび​は​おんな​に​った。『あなたがた​は​けっして​ぬ​こと​は​ない​でしょう。

    11 ​それ​を​べる​​に、あなたがた​の​​が​ひらけ、かみ​の​よう​に​善悪ぜんあく​を​る​もの​と​なる​こと​を、かみ​は​って​おられる​の​です。』

    12 おんな​が​その​​を​る​と、それ​は​べる​に​く、​に​は​うつくしく、かしこく​なる​に​は​このましい​と​おもわれた​から、その​​を​って​べ、また、ともに​いた​おっと​に​も​あたえた​ので、かれ​も​べた。

    13 ​すると、ふた​の​​は​ひらけ、ぶん​たち​が​はだか​で​ある​こと​を​った。そこで、かれら​は​いちじく​の​​を​つづりわせて、まえけ​と​した。

    14 ​の​すずしい​ころ、かれら​が​その​の​なか​を​あるいて​いる​と、しゅ​なる​かみ​の​こえ​が​こえた。そこで、アダム​と​その​つま​は​しゅ​なる​かみ​の​おもて​を​けて、その​の​​の​あいだ​に​​を​かくした。

    15 しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、アダム​に​びかけて​った。『あなた​は​どこ​へ​く​の​か。』

    16 ​すると、かれ​は​こたえた。『その​の​なか​で​あなた​の​こえ​を​き、おそれて、​を​かくし​ました。ぶん​が​はだか​で​ある​の​を​た​から​です。』

    17 しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、アダム​に​った。『あなた​が​はだか​で​ある​の​を、だれ​が​らせた​の​か。べて​は​ならない、べれば​かならず​ぬ、と​めいじて​おいた​​から、あなた​は​って​べた​の​か。』

    18 ​そこで、ひと​は​こたえた。『あなた​が​わたし​に​あたえて​くださって、わたし​と​ともに​いる​よう​に​と​めいじられた​おんな​が、その​​の​​を​くれた​ので、わたし​は​べ​ました。』

    19 ​そこで、しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、おんな​に​った。『あなた​は​なんと​いう​こと​を​した​の​か。』​すると、おんな​は​こたえた。『へび​が​わたし​を​だました​の​です。それで​わたし​は​べ​ました。』

    20 しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、へび​に​った。『おまえ​は​この​こと​を​した​ので、すべて​の​ちく​の​すべて​の​けもの​の​うち、もっとも​のろわれる。おまえ​は​はら​で​まわり、一生いっしょう、ちり​を​べる​で​あろう。

    21 ​わたし​は​うらみ​を​く、おまえ​と​おんな​と​の​あいだ​に、おまえ​の​そん​と​おんな​の​そん​と​の​あいだ​に。かれ​は​おまえ​の​あたま​を​くだき、おまえ​は​かれ​の​かかと​を​くだく​で​あろう。』

    22 しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、おんな​に​った。『わたし​は​あなた​の​み​の​くるしみ​を​おおいに​す。あなた​は​くるしんで​​を​む。それでも​なお、あなた​は​おっと​を​したい、かれ​は​あなた​を​おさめる​で​あろう。』

    23 ​また、しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、アダム​に​った。『あなた​が​つま​の​こえ​に​き​したがい、って​べて​は​ならない​と​わたし​が​あなた​に​めいじた​​の​​を​べた​ので、​は​あなた​の​ため​に​のろわれ、あなた​は​一生いっしょうくるしんで​​から​食物しょくもつ​を​る​で​あろう。

    24 ​は​あなた​の​ため​に、いばら​と​あざみ​を​しょうじ、あなた​は​​の​くさ​を​べる​で​あろう。

    25 ​あなた​は​かお​に​あせ​して​パン​を​べ、つち​から​られた​ので、ついに​つち​に​かえる。あなた​は​かならず​ぬ​で​あろう。あなた​は​ちり​で​あった​から、ちり​に​かえる​の​で​ある。』

    26 ​さて、アダム​は​その​つま​を​エバ​と​んだ。彼女かのじょ​が​すべて​の​いのち​ある​もの​の​はは​で​あった​から​で​ある。しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、かずおおく​いる​すべて​の​おんな​の​さいしょ​の​もの​を​この​よう​に​んだ。

    27 しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、アダム​と​その​つま​に​かわ​の​ころも​を​つくって​せた。

    28 ​そして、しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、ひと​に​った。『よ、ひと​は​わたしたち​の​ひと​の​よう​に​なり、善悪ぜんあく​を​る​もの​と​なった。かれ​は​​を​ばして、いのち​の​​から​も​って​べ、永久えいきゅう​に​きる​かも​しれない。』

    29 ​そこで、しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、かれ​を​エデン​の​その​から​して、かれしん​が​された​つち​を​たがやさせる​こと​に​した。

    30 しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​が​きて​いる​よう​に​たしか​に、わたし​の​こと​が​​に​する​こと​は​ありない。それ​は​わたし​の​くち​から​る​と、じょうじゅ​しなければ​ならない​から​で​ある。

    31 ​そこで、わたし​は​ひと​を​し、エデン​の​その​の​ひがし​に、ケルビム​と、あらゆる​ほうこう​に​まわる​える​つるぎ​を​いて、いのち​の​​の​みち​を​まもらせた。」

    32 (これら​は、わたし​が​しもべ​モーセ​に​かたった​こと​で​あり、まことに​わたし​の​のぞむ​とおり​に​真実しんじつ​で​ある。わたし​は​あなた​に​これ​を​かたった。わたし​が​あなた​に​めいじる​まで、あなた​は​しんじる​もの​の​ほか、だれ​に​も​これ​を​しめして​は​ならない。アーメン。)