モーセ書3
戻る 次へ

第3章

(千八百三十ねんがつ-十がつ

すべてのものがじょうぜんそんざいするにさきって,かみはそれらをれいてきそうぞうされた。かみさいしょにくなるものであるひとじょうそうぞうされた。おんなおとこのふさわしいたすである。

1 「こうしててんと,そのばんしょうかんせいした。

2 かみであるわたしは,だいにちにわたしのわざえた。すべてのものを,わたしはつくえていた。そして,わたしはだいにちにわたしのすべてのわざはなれてやすんだ。わたしがつくったすべてのものはげられた。かみであるわたしはて,それらをしとした。

3 かみであるわたしはだいにちしゅくふくして,これをせいべつした。わたしはこのに,かみであるわたしがそうぞうし,つくった,すべてのわたしのわざはなれてやすんだからである。

4 さてよ,わたしはあなたにう。これがてんそうぞうらいである。しゅなるかみであるわたしがてんつくったとき,

5 にはまだしょくぶつもなく,またくさえていなかった。しゅなるかみであるわたしは,わたしがかたったすべてのものを,それらがおもてぜんそんざいするにさきってれいてきそうぞうした。しゅなるかみであるわたしは,おもてにまだあめらせていなかったからである。しゅなるかみであるわたしは,ひとらをすべてそうぞうしていたが,まだつちたがやひとはいなかった。わたしはかれらをてんそうぞうしたのである。そして,じょうにも,みずなかにも,そらにも,まだにくなるものはいなかった。

6 しかし,しゅなるかみであるわたしがかたると,きりからのぼって,つちぜんめんうるおした。

7 しゅなるかみであるわたしは,つちちりひとかたちづくり,いのちいきをそのはなれた。そこでひとけるもの,じょうにおけるさいしょにくなるもの,またさいしょひととなった。しかしながら,すべてのものはぜんそうぞうされたが,それは,わたしのことしたがってれいてきそうぞうされ,つくられたのである。

8 しゅなるかみであるわたしは,ひがしかたエデンに一つのそのもうけて,わたしがかたちづくったひとをそこにいた。

9 また,しゅなるかみであるわたしは,ひとうつくしいすべてのぜんつちからえさせた。そして,ひとはそれをることができた。それもまたけるものとなった。わたしがそれをそうぞうしたとき,それはれいのものであった。それはかみであるわたしがそうぞうしたそのりょういきに,すなわち,わたしがひともちいるようにそなえたすべてのものはわたしがそうぞうしたそのりょういきにそのままあったのである。また,ひとはそれがべるにいのもた。また,しゅなるかみであるわたしは,そのちゅうおういのちぜんあくえた。

10 しゅなるかみであるわたしは,一つのかわがエデンからながそのうるおすようにした。そして,それはそこからかれて,四つのかわとなった。

11 しゅなるかみであるわたしは,だい一のかわをピソンとんだ。これは,しゅなるかみであるわたしがおおくのきんつくったハビラのぜんめぐるものである。

12 そのきんく,またそこはブドラクと,しまめのうもさんした。

13 だい二のかわはギホンとばれ,これはエチオピヤのぜんめぐるものである。

14 だい三のかわはヒデケルであって,アッスリヤのひがしながれるものである。だい四のかわはユフラテであった。

15 しゅなるかみであるわたしは,ひとれてってエデンのそのき,これをたがやさせ,これをまもらせた。

16 しゅなるかみであるわたしは,そのひとめいじてった。『あなたはそののどのからでもこころのままにってべてよろしい。

17 しかし,ぜんあくからはってべてはならない。それでも,あなたはぶんえらことができる。それはあなたにまかされているからである。しかし,わたしがそれをきんじたことをおぼえておきなさい。あなたはそれをべるに,かならからである。』

18 また,しゅなるかみであるわたしは,ひとひとりでいるのはくないことをわたしのひとった。『それゆえ,かれのためにふさわしいたすつくろう。』

19 また,しゅなるかみであるわたしは,のすべてのけものと,そらのすべてのとりつちかたちづくり,アダムのところへることをめいじ,かれがそれらをどうぶかをた。それらもけるものであった。かみであるわたしが,いのちいきをそれらにれたからである。そして,アダムがすべてものあたえるはそのになると,わたしはめいじたのである。

20 それでアダムは,すべてのちくと,そらとりと,のすべてのけものけたが,アダムにはふさわしいたすつからなかった。

21 そこで,しゅなるかみであるわたしは,アダムをふかねむらせた。そして,かれねむると,わたしはかれのあばらぼねの一つをって,そのところにくでふさいだ。

22 しゅなるかみであるわたしは,ひとからったあばらぼね一人ひとりおんなつくり,ひとのところへれてた。

23 すると,アダムはった。『わたしはいまや,これこそ,わたしのほねほね,わたしのにくにくであることをる。おとこからったものだから,これをおんなぼう。』

24 それで,ひとはそのちちはははなれて,つまむす二人ふたりいったいとなるのである。

25 ひととそのつまは,二人ふたりともはだかであったが,ずかしいとはおもわなかった。」