聖典
レビ記8
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第8章

1 しゅはまたモーセにわれた、

2 「あなたはアロンとそのたち、およびその衣服いふくそそあぶら罪祭ざいさい雄牛おうし雄羊おひつじとうたねれぬパン一かごをり、

3 またぜん会衆かいしゅう会見かいけん幕屋まくや入口いりぐちあつめなさい」。

4 モーセはしゅめいじられたようにした。そして会衆かいしゅう会見かいけん幕屋まくや入口いりぐちあつまった。

5 そこでモーセは会衆かいしゅうにむかってった、「これはしゅがあなたがたにせよとめいじられたことである」。

6 そしてモーセはアロンとそのたちをれてきて、みずかれらをあらきよめ、

7 アロンにふくさせ、おびをしめさせ、ころもをまとわせ、エポデをけさせ、エポデのおびをしめさせ、それをもってエポデをいつけ、

8 また胸当むねあてけさせ、その胸当むねあてにウリムとトンミムをれ、

9 そのあたま帽子ぼうしをかぶらせ、その帽子ぼうしまえきんいた、すなわちせいなるかんむりをつけさせた。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

10 モーセはまたそそあぶらり、幕屋まくやとそのうちのすべてのものあぶらそそいでこれを聖別せいべつし、

11 かつ、それを七たび祭壇さいだんそそぎ、祭壇さいだんとそのもろもろのうつわ洗盤せんばんとそのだいあぶらそそいでこれを聖別せいべつし、

12 またそそあぶらをアロンのあたまそそぎ、かれあぶらそそいでこれを聖別せいべつした。

13 モーセはまたアロンのたちをれてきて、ふくかれらにさせ、おびかれらにしめさせ、頭巾ずきんあたまかせた。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

14 かれはまた罪祭ざいさい雄牛おうしれてこさせ、アロンとそのたちは、その罪祭ざいさい雄牛おうしあたまいた。

15 モーセはこれをほふり、そのり、ゆびをもってその祭壇さいだんの四すみのつのにつけて祭壇さいだんきよめ、またのこりの祭壇さいだんのもとにそそいで、これを聖別せいべつし、これがためにあがないをした。

16 モーセはまたその内臓ないぞううえのすべての脂肪しぼう肝臓かんぞう小葉しょうよう、二つの腎臓じんぞうとその脂肪しぼうとをり、これを祭壇さいだんうえいた。

17 ただし、その雄牛おうしかわにく汚物おぶつ宿営しゅくえいそとで、をもっててた。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

18 かれはまた燔祭はんさい雄羊おひつじれてこさせ、アロンとそのたちは、その雄羊おひつじあたまいた。

19 モーセはこれをほふって、その祭壇さいだん周囲しゅういそそぎかけた。

20 そして、モーセはその雄羊おひつじ節々ふしぶしかち、そのあたまけたものと脂肪しぼうとをいた。

21 またモーセはみずでその内臓ないぞうあしとをあらい、その雄羊おひつじをことごとく祭壇さいだんうえいた。これはこうばしいかおりのための燔祭はんさいであって、しゅにささげる火祭かさいである。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

22 かれはまたほかの雄羊おひつじ、すなわちにんしょく雄羊おひつじれてこさせ、アロンとそのたちは、その雄羊おひつじあたまいた。

23 モーセはこれをほふり、そのって、アロンのみぎみみたぶと、右手みぎて親指おやゆびと、右足みぎあし親指おやゆびとにつけた。

24 またモーセはアロンのたちをれてきて、そのかれらのみぎみみたぶと、右手みぎて親指おやゆびと、右足みぎあし親指おやゆびとにつけた。そしてモーセはそののこりのを、祭壇さいだん周囲しゅういそそぎかけた。

25 かれはまたその脂肪しぼう、すなわちあぶら内臓ないぞううえのすべての脂肪しぼう肝臓かんぞう小葉しょうよう、二つの腎臓じんぞうとその脂肪しぼう、ならびにそのみぎのももをり、

26 またしゅまえにあるたねれぬパンのかごからたねれぬ菓子かし一つと、あぶられたパンの菓子かし一つと、煎餅せんべい一つとをって、かの脂肪しぼうみぎのももとのうえせ、

27 これをすべてアロンのと、そのたちのわたし、しゅまえうごかさせて揺祭ようさいとした。

28 そしてモーセはこれをかれらのからり、祭壇さいだんうえ燔祭はんさいともいた。これはこうばしいかおりとするにんしょくそなものであって、しゅにささげる火祭かさいである。

29 そしてモーセはそのむねり、しゅまえにこれをうごかして揺祭ようさいとした。これはにんしょく雄羊おひつじのうちモーセにすべきぶんであった。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

30 モーセはまたそそあぶら祭壇さいだんうえとをり、これをアロンとそのふく、またそのたちとそのふくとにそそいで、アロンとそのふく、およびそのたちと、そのふくとを聖別せいべつした。

31 モーセはまたアロンとそのたちにった、「会見かいけん幕屋まくや入口いりぐちでそのにくなさい。そして任職祭にんしょくさいのかごのなかのパンとともに、それをそのところべなさい。これは『アロンとそのたちがべなければならない、とえ』とわたしがめいじられたとおりである。

32 あなたがたはそのにくとパンとののこったものをてなければならない。

33 あなたがたはその任職祭にんしょくさいおわまで七日なぬかあいだ会見かいけん幕屋まくや入口いりぐちからてはならない。あなたがたのにんしょく七日なぬかようするからである。

34 きょうおこなったように、あなたがたのために、あがないをせよ、としゅはおめいじになった。

35 あなたがたは会見かいけん幕屋まくや入口いりぐち七日なぬかあいだ日夜にちやとどまり、しゅおおせをまもって、ぬことのないようにしなければならない。わたしはそのようにめいじられたからである」。

36 アロンとそのたちはしゅがモーセによっておめいじになったことを、ことごとくおこなった。