聖典
レビ記19
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第19章

1 しゅはモーセにわれた、

2 「イスラエルの人々ひとびとぜん会衆かいしゅういなさい、『あなたがたのかみしゅなるわたしは、せいであるから、あなたがたもせいでなければならない。

3 あなたがたは、おのおのそのははとそのちちとをおそれなければならない。またわたしの安息日あんそくにちまもらなければならない。わたしはあなたがたのかみしゅである。

4 むなしい神々かみがみこころせてはならない。また自分じぶんのために神々かみがみつくってはならない。わたしはあなたがたのかみしゅである。

5 酬恩祭しゅうおんさい犠牲ぎせいしゅにささげるときは、あなたがたがれられるように、それをささげなければならない。

6 それは、ささげたと、その翌日よくじつとにべ、三までのこったものは、それをかなければならない。

7 もし三に、すこしでもべるならば、それはむべきものとなって、あなたはれられないであろう。

8 それをべるものは、しゅせいなるものけがすので、そのとがをわなければならない。そのひとたみのうちからたれるであろう。

9 あなたがたののりをれるときは、はたけのすみずみまでりつくしてはならない。またあなたの刈入かりいれのひろってはならない。

10 あなたのぶどうはたけりつくしてはならない。またあなたのぶどうはたけちたひろってはならない。まずしいもの寄留者きりゅうしゃとのために、これをのこしておかなければならない。わたしはあなたがたのかみしゅである。

11 あなたがたはぬすんではならない。あざむいてはならない。たがいいつわってはならない。

12 わたしのによりいつわちかって、あなたがたのかみけがしてはならない。わたしはしゅである。

13 あなたの隣人りんじんをしえたげてはならない。また、かすめてはならない。雇人やといにん賃銀ちんぎんくるあさまで、あなたのもとにとどめておいてはならない。

14 みみしいを、のろってはならない。しいのまえにつまずくものいてはならない。あなたのかみおそれなければならない。わたしはしゅである。

15 さばきをするとき、不正ふせいおこなってはならない。まずしいものかたよってかばい、ちからあるものげてたすけてはならない。ただ正義せいぎをもって隣人りんじんをさばかなければならない。

16 たみのうちをめぐって、ひと悪口わるぐちいふらしてはならない。あなたの隣人りんじんにかかわる偽証ぎしょうをしてはならない。わたしはしゅである。

17 あなたはこころ兄弟きょうだいにくんではならない。あなたの隣人りんじんをねんごろにいさめて、かれのゆえにつみってはならない。

18 あなたはあだをかえしてはならない。あなたのたみ人々ひとびとうらみをいだいてはならない。あなた自身じしんのようにあなたの隣人りんじんあいさなければならない。わたしはしゅである。

19 あなたがたはわたしのさだめをまもらなければならない。あなたの家畜かちくことなったたねをかけてはならない。あなたのはたけに二しゅたねをまいてはならない。二しゅいとりの衣服いふくにつけてはならない。

20 だれでも、ひと婚約こんやくのあるおんな奴隷どれいで、まだあがなわれず、自由じゆうあたえられていないものまじわったならば、かれらふたりはばつける。しかし、ころされることはない。彼女かのじょ自由じゆうおんなではないからである。

21 しかし、そのおとこ愆祭けんさいしゅたずさえてこなければならない。すなわち、愆祭けんさい雄羊おひつじを、会見かいけん幕屋まくや入口いりぐちれてこなければならない。

22 そして、祭司さいしかれおかしたつみのためにその愆祭けんさい雄羊おひつじをもって、しゅまえかれのために、あがないをするであろう。こうしてかれおかしたつみはゆるされるであろう。

23 あなたがたが、かのにはいって、もろもろのくだもののえるときは、そのはまだ割礼かつれいをうけないものと、なさなければならない。すなわち、それは三ねんあいだあなたがたには、割礼かつれいのないものであって、べてはならない。

24 ねんには、そのすべてのせいなるものとし、それをさんびのそなものとしてしゅにささげなければならない。

25 しかし五ねんには、あなたがたはそのべることができるであろう。こうするならば、それはあなたがたのために、おおくのむすぶであろう。わたしはあなたがたのかみしゅである。

26 あなたがたはなにをものままでべてはならない。またうらないをしてはならない。魔法まほうおこなってはならない。

27 あなたがたのびんのってはならない。ひげの両端りょうたんをそこなってはならない。

28 死人しにんのためにきずつけてはならない。また入墨いれずみをしてはならない。わたしはしゅである。

29 あなたのむすめ遊女ゆうじょのわざをさせて、これをけがしてはならない。これはみだらなことくにおこなわれ、悪事あくじちないためである。

30 あなたがたはわたしの安息日あんそくにちまもり、わたしの聖所せいじょうやまわなければならない。わたしはしゅである。

31 あなたがたは口寄くちよせ、またはうらなのもとにおもむいてはならない。かれらにうてけがされてはならない。わたしはあなたがたのかみしゅである。

32 あなたは白髪はくはつひとまえでは、起立きりつしなければならない。また老人ろうじんうやまい、あなたのかみおそれなければならない。わたしはしゅである。

33 もし他国たこくじんがあなたがたのくに寄留きりゅうしてともにいるならば、これをしえたげてはならない。

34 あなたがたとともにいる寄留きりゅう他国たこくじんを、あなたがたとおなくにうまれたもののようにし、あなた自身じしんのようにこれをあいさなければならない。あなたがたもかつてエジプトのくに他国たこくじんであったからである。わたしはあなたがたのかみしゅである。

35 あなたがたは、さばきにおいても、物差ものさしにおいても、はかりにおいても、ますにおいても、不正ふせいおこなってはならない。

36 あなたがたはただしいてんびん、ただしいおもりいしただしいエパ、ただしいヒンを使つかわなければならない。わたしは、あなたがたをエジプトのくにからみちびしたあなたがたのかみしゅである。

37 あなたがたはわたしのすべてのさだめと、わたしのすべてのおきてをまもって、これをおこなわなければならない。わたしはしゅである』」。