聖典
レビ記10
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第10章

1 さてアロンのナダブとアビフとは、おのおのその香炉こうろってをこれにれ、薫香くんこうをそのうえって、異火ことびしゅまえにささげた。これはしゅ命令めいれいはんすることであったので、

2 しゅまえからかれらをほろぼし、かれらはしゅまえんだ。

3 そのときモーセはアロンにった、「しゅは、こうおおせられた。すなわち『わたしは、わたしにちかづくもののうちに、わたしのせいなることをしめし、すべてのたみまえ栄光えいこうあらわすであろう』」。アロンはもくしていた。

4 モーセはアロンの叔父おじウジエルのミシヤエルとエルザパンとをせてかれらにった、「近寄ちかよって、あなたがたの兄弟きょうだいたちを聖所せいじょまえから、宿営しゅくえいそとはこしなさい」。

5 かれらは近寄ちかよって、かれらをそのふくのまま宿営しゅくえいそとはこし、モーセのったようにした。

6 モーセはまたアロンおよびそのエレアザルとイタマルとにった、「あなたがたはかみみだし、また衣服いふくいてはならない。あなたがたがぬことのないため、またしゅいかりが、すべての会衆かいしゅうおよぶことのないためである。ただし、あなたがたの兄弟きょうだいイスラエルの全家ぜんかは、しゅをもってほろぼしたもうたことをなげいてもよい。

7 また、あなたがたはぬことのないように、会見かいけん幕屋まくや入口いりぐちからそとてはならない。あなたがたのうえしゅそそあぶらがあるからである」。かれらはモーセの言葉ことばのとおりにした。

8 しゅはアロンにわれた、

9 「あなたも、あなたのたちも会見かいけん幕屋まくやにはいるときには、ぬことのないように、ぶどうしゅさけんではならない。これはあなたがたが代々よよながまもるべきさだめとしなければならない。

10 これはあなたがたがせいなるものとぞくなるもの、けがれたものときよいものとの区別くべつをすることができるため、

11 またしゅがモーセによってかたられたすべてのさだめを、イスラエルの人々ひとびとおしえることができるためである」。

12 モーセはまたアロンおよびそののこっているエレアザルとイタマルとにった、「あなたがたはしゅ火祭かさいのうちから素祭そさいのこりをり、パンだねれずに、これを祭壇さいだんのかたわらでべなさい。これはいとせいなるものである。

13 これはしゅ火祭かさいのうちからあなたのけるぶん、またあなたのたちのけるぶんであるから、あなたがたはこれをせいなるところべなければならない。わたしはこのようにめいじられたのである。

14 またうごかしたむねとささげたももとは、あなたとあなたのむすこ、むすめたちがこれをきよところべなければならない。これはイスラエルの人々ひとびと酬恩祭しゅうおんさい犠牲ぎせいなかからあなたのぶん、あなたのたちのぶんとしてあたえられるものだからである。

15 かれらはそのささげたももとうごかしたむねとを、火祭かさい脂肪しぼうともたずさえてきて、これをしゅまえうごかして揺祭ようさいとしなければならない。これはしゅがおめいじになったように、ながくべきぶんとしてあなたと、あなたのたちとにするであろう」。

16 さてモーセは罪祭ざいさいのやぎを、ていねいにさがしたが、よ、それがすでにかれていたので、かれのこっているアロンのエレアザルとイタマルとにむかい、いかってった、

17 「あなたがたは、なぜ罪祭ざいさいのものをせいなるところべなかったのか。これはいとせいなるものであって、あなたがたが会衆かいしゅうつみって、かれらのためにしゅまえにあがないをするため、あなたがたにたまわったものである。

18 よ、その聖所せいじょなかたずされなかった。そのにくはわたしがめいじたように、あなたがたはかならずそれをせいなるところべるべきであった」。

19 アロンはモーセにった、「よ、きょう、かれらはその罪祭ざいさい燔祭はんさいとをしゅまえにささげたが、このようなことがわたしにのぞんだ。もしわたしが、きょう罪祭ざいさいのものをべたとしたら、しゅはこれをしとせられたであろうか」。

20 モーセはこれをいてしとした。