聖典
コロサイ人への手紙3
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第3章

1 このように、あなたがたはキリストとともによみがえらされたのだから、うえにあるものをもとめなさい。そこではキリストがかみみぎしておられるのである。

2 あなたがたはうえにあるものをおもうべきであって、地上ちじょうのものにこころかれてはならない。

3 あなたがたはすでにんだものであって、あなたがたのいのちは、キリストとともかみのうちにかくされているのである。

4 わたしたちのいのちなるキリストがあらわれるときには、あなたがたも、キリストととも栄光えいこうのうちにあらわれるであろう。

5 だから、地上ちじょう肢体したい、すなわち、不品行ふひんこうけがれ、情欲じょうよくあくよく、また貪欲どんよくころしてしまいなさい。貪欲どんよく偶像ぐうぞう礼拝れいはいにほかならない。

6 これらのことのために、かみいかりがくだるのである。

7 あなたがたも、以前いぜんこれらのうちにごしていたときには、これらのことをしてあるいていた。

8 しかしいまは、これらいっさいのことをて、いかり、いきどおり、悪意あくい、そしり、くちからずべき言葉ことばを、ててしまいなさい。

9 たがいにうそをってはならない。あなたがたは、ふるひとをそのおこないと一緒いっしょて、

10 つくしゅのかたちにしたがってあたらしくされ、しん知識ちしきいたあたらしきひとたのである。

11 そこには、もはやギリシヤじんとユダヤじん割礼かつれい割礼かつれい未開みかいひと、スクテヤびと奴隷どれい自由人じゆうじん差別さべつはない。キリストがすべてであり、すべてのもののうちにいますのである。

12 だから、あなたがたは、かみえらばれたものせいなる、あいされているものであるから、あわれみのこころ慈愛じあいけんそん、柔和にゅうわ寛容かんようけなさい。

13 たがいしのびあい、もしたがいせめむべきことがあれば、ゆるしいなさい。しゅもあなたがたをゆるしてくださったのだから、そのように、あなたがたもゆるしいなさい。

14 これらいっさいのもののうえに、あいくわえなさい。あいは、すべてを完全かんぜんむすおびである。

15 キリストの平和へいわが、あなたがたのこころ支配しはいするようにしなさい。あなたがたがされて一体いったいとなったのは、このためでもある。いつも感謝かんしゃしていなさい。

16 キリストの言葉ことばを、あなたがたのうちにゆたかに宿やどらせなさい。そして、知恵ちえをつくしてたがいおしえまた訓戒くんかいし、とさんびとれいうたとによって、感謝かんしゃしてこころからかみをほめたたえなさい。

17 そして、あなたのすることはすべて、言葉ことばによるとわざによるとをわず、いっさいしゅイエスのによってなし、かれによってちちなるかみ感謝かんしゃしなさい。

18 つまたるものよ、おっとつかえなさい。それが、しゅにあるものにふさわしいことである。

19 おっとたるものよ、つまあいしなさい。つらくあたってはいけない。

20 たるものよ、何事なにごとについても両親りょうしんしたがいなさい。これがしゅよろこばれることである。

21 ちちたるものよ、子供こどもをいらだたせてはいけない。こころがいじけるかもれないから。

22 しもべたるものよ、何事なにごとについても、にくによる主人しゅじんしたがいなさい。ひとにへつらおうとして、目先めさきだけのつとめをするのではなく、真心まごころをこめてしゅおそれつつ、したがいなさい。

23 なにをするにも、ひとたいしてではなく、しゅたいしてするように、こころからはたらきなさい。

24 あなたがたがっているとおり、あなたがたは御国みくにをつぐことを、むくいとしてしゅからけるであろう。あなたがたは、しゅキリストにつかえているのである。

25 不正ふせいおこなものは、自分じぶんおこなった不正ふせいたいしてむくいをけるであろう。それには差別さべつあつかいはない。