テモテヘの第二の手紙4
戻る 次へ

第4章

1 かみのみまえと、きているものんだものとをさばくべきキリスト・イエスのみまえで、キリストの出現しゅつげんとその御国みくにとをおもい、おごそかにめいじる。

2 御言みことばつたえなさい。ときくてもわるくても、それをはげみ、あくまでも寛容かんようこころでよくおしえて、め、いましめ、すすめなさい。

3 人々ひとびと健全けんぜんおしええられなくなり、みみざわりのよいはなしをしてもらおうとして、自分じぶん勝手かってこのみにまかせて教師きょうしたちをあつめ、

4 そして、真理しんりからはみみをそむけて、つくばなしほうにそれていくときるであろう。

5 しかし、あなたは、何事なにごとにもつつしみ、苦難くなんしのび、伝道者でんどうしゃのわざをなし、自分じぶんつとめまっとうしなさい。

6 わたしは、すでに自身じしん犠牲ぎせいとしてささげている。わたしがるべきときはきた。

7 わたしはたたかいをりっぱにたたかいぬき、はしるべき行程こうていはしりつくし、信仰しんこうまもりとおした。

8 いまや、かんむりがわたしをっているばかりである。かのには、公平こうへい審判者しんぱんしゃであるしゅが、それをさづけてくださるであろう。わたしばかりではなく、しゅ出現しゅつげんこころからのぞんでいたすべてのひとにもさづけてくださるであろう。

9 わたしのところに、いそいではやくきてほしい。

10 デマスはこのあいし、わたしをててテサロニケにってしまい、クレスケンスはガラテヤに、テトスはダルマテヤにった。

11 ただルカだけが、わたしのもとにいる。マルコをれて、一緒いっしょにきなさい。かれはわたしのつとめのためにやくつから。

12 わたしはテキコをエペソにつかわした。

13 あなたがるときに、トロアスのカルポのところのこしておいた上着うわぎってきてほしい。また書物しょもつも、とくに、羊皮紙ようひしのをってきてもらいたい。

14 銅細工人どうざいくにんのアレキサンデルが、わたしをおおいにくるしめた。しゅはそのしわざにたいして、かれむくいなさるだろう。

15 あなたも、かれ警戒けいかいしなさい。かれは、わたしたちのうことにつよ反対はんたいしたのだから。

16 わたしのだいかい弁明べんめいさいには、わたしに味方みかたをするものはひとりもなく、みなわたしをててった。どうか、かれらが、そのためにめられることがないように。

17 しかし、わたしが御言みことばを余すところなくつたえて、すべての異邦人いほうじんかせるように、しゅはわたしをたすけ、ちからづけてくださった。そして、わたしは、ししのくちからすくされたのである。

18 しゅはわたしを、すべてのあくのわざからたすし、てんにある御国みくにすくれてくださるであろう。栄光えいこう永遠えいえんから永遠えいえんにわたってしゅにあるように、アァメン。

19 プリスカとアクラとに、またオネシポロのいえに、よろしくつたえてほしい。

20 エラストはコリントにとどまっており、トロピモは病気びょうきなので、ミレトにのこしてきた。

21 ふゆになるまえに、いそいできてほしい。ユブロ、プデス、リノス、クラウデヤならびにすべての兄弟きょうだいたちから、あなたによろしく。

22 しゅが、あなたのれいともにいますように。めぐみが、あなたがたとともにあるように。