テモテヘの第二の手紙1
    脚注
    Theme

    テモテヘのだい二の手紙てがみ

    第1章

    1 かみ御旨みむねにより、キリスト・イエスにあるいのちの約束やくそくによっててられたキリスト・イエスの使徒しとパウロから、

    2 あいするテモテへ。ちちなるかみとわたしたちのしゅキリスト・イエスから、めぐみとあわれみと平安へいあんとが、あなたにあるように。

    3 わたしは、日夜にちやいのりなかで、えずあなたのことをおもしては、きよい良心りょうしんをもって先祖せんぞ以来いらいつかえているかみ感謝かんしゃしている。

    4 わたしは、あなたのなみだをおぼえており、あなたにってよろこびでたされたいと、せつねがっている。

    5 また、あなたがいだいているいつわりのない信仰しんこうおもおこしている。この信仰しんこうは、まずあなたの祖母そぼロイスとあなたのははユニケとに宿やどったものであったが、いまあなたにも宿やどっていると、わたしは確信かくしんしている。

    6 こういうわけで、あなたに注意ちゅういしたい。わたしの按手あんしゅによってうちにいただいたかみ賜物たまものを、ふたたえたたせなさい。

    7 というのは、かみがわたしたちにくださったのは、おくするれいではなく、ちからあいつつしみとのれいなのである。

    8 だから、あなたは、わたしたちのしゅのあかしをすることや、わたしがしゅ囚人しゅうじんであることを、けっしてずかしくおもってはならない。むしろ、かみちからにささえられて、福音ふくいんのために、わたしとくるしみをともにしてほしい。

    9 かみはわたしたちをすくい、せいなるまねきをもってしてくださったのであるが、それは、わたしたちのわざによるのではなく、かみ自身じしん計画けいかくもとづき、また、永遠えいえんむかしにキリスト・イエスにあってわたしたちにたまわっていためぐみ、

    10 そしていまや、わたしたちの救主すくいぬしキリスト・イエスの出現しゅつげんによってあきらかにされためぐみによるのである。キリストはほろぼし、福音ふくいんによっていのちととをあきらかにしめされたのである。

    11 わたしは、この福音ふくいんのためにてられて、その宣教者せんきょうしゃ使徒しと教師きょうしになった。

    12 そのためにまた、わたしはこのようなくるしみをけているが、それをはじとしない。なぜなら、わたしは自分じぶんしんじてきたかたをっており、またそのかたは、わたしにゆだねられているものを、かのいたるまでまもってくださることができると、確信かくしんしているからである。

    13 あなたは、キリスト・イエスにたいする信仰しんこうあいとをもって、わたしからいた健全けんぜん言葉ことば模範もはんにしなさい。

    14 そして、あなたにゆだねられているたっといものを、わたしたちのうち宿やどっている聖霊せいれいによってまもりなさい。

    15 あなたのっているように、アジヤにいるものたちは、みなわたしからはなれてった。そのなかには、フゲロとヘルモゲネもいる。

    16 どうか、しゅが、オネシポロのいえにあわれみをたれてくださるように。かれはたびたび、わたしをなぐさめてくれ、またわたしのくさりはじともおもわないで、

    17 ローマにいたときには、熱心ねっしんにわたしをさがしまわったすえたずしてくれたのである。

    18 どうか、しゅがかのに、あわれみをかれたまわるように。——かれがエペソで、どれほどわたしにつかえてくれたかは、だれよりもあなたがよくっている。