テモテヘの第二の手紙2
戻る 次へ

第2章

1 そこで、わたしのよ。あなたはキリスト・イエスにあるめぐみによって、つよくなりなさい。

2 そして、あなたがおおくの証人しょうにんまえでわたしからいたことを、さらにほかのものたちにもおしえることのできるような忠実ちゅうじつ人々ひとびとに、ゆだねなさい。

3 キリスト・イエスの兵卒へいそつとして、わたしとくるしみをともにしてほしい。

4 へいえきふくしているものは、日常にちじょう生活せいかつことわずらわされてはいない。ただ、へいつのった司令官しれいかんよろこばせようとつとめる。

5 また、競技きょうぎをするにしても、規定きていしたがって競技きょうぎをしなければ、栄冠えいかんられない。

6 労苦ろうくをする農夫のうふが、だれよりもさきに、生産物せいさんぶつ分配ぶんぱいにあずかるべきである。

7 わたしのうことを、よくかんがえてみなさい。しゅは、それを十分じゅうぶん理解りかいするちからをあなたにたまわるであろう。

8 ダビデの子孫しそんとしてうまれ、死人しにんのうちからよみがえったイエス・キリストを、いつもおもっていなさい。これがわたしの福音ふくいんである。

9 この福音ふくいんのために、わたしは悪者わるもののようにくるしめられ、ついにくさりにつながれるにいたった。しかし、かみことばはつながれてはいない。

10 それだから、わたしはえらばれたひとたちのために、いっさいのことをしのぶのである。それは、かれらもキリスト・イエスによるすくいけ、また、それととも永遠えいえん栄光えいこうけるためである。

11 つぎ言葉ことば確実かくじつである。「もしわたしたちが、かれともんだなら、またかれともきるであろう。

12 もししのぶなら、かれとも支配者しはいしゃとなるであろう。もしかれいなむなら、かれもわたしたちをいなむであろう。

13 たとい、わたしたちは真実しんじつであっても、かれつね真実しんじつである。かれ自分じぶんいつわることが、できないのである」。

14 あなたは、これらのことをかれらにおもさせて、なんのえきもなく、いている人々ひとびと破滅はめつにおとしいれるだけである言葉ことばあらそいをしないように、かみのみまえでおごそかにめいじなさい。

15 あなたは真理しんり言葉ことばただしくおしえ、じるところのない錬達れんたつしたはたらびとになって、かみ自分じぶんをささげるようにつとめはげみなさい。

16 俗悪ぞくあくなむだはなしけなさい。それによって人々ひとびとは、ますます不信心ふしんじんちていき、

17 かれらの言葉ことばは、がんのようにくされひろがるであろう。そのなかにはヒメナオとピレトとがいる。

18 かれらは真理しんりからはずれ、復活ふっかつはすでにんでしまったとい、そして、ある人々ひとびと信仰しんこうをくつがえしている。

19 しかし、かみのゆるがない土台どだいはすえられていて、それにつぎ証印しょういんとして、しるされている。「しゅ自分じぶんものたちをる」。また「しゅものは、すべて不義ふぎからはなれよ」。

20 おおきないえには、きんぎんうつわばかりではなく、つちうつわもあり、そして、あるものはたっといことにもちいられ、あるものはいやしいことにもちいられる。

21 もしひといやしいものをって自分じぶんをきよめるなら、かれたっといきよめられたうつわとなって、主人しゅじん役立やくだつものとなり、すべてのいわざにあいだうようになる。

22 そこで、あなたはわかとき情欲じょうよくけなさい。そして、きよいこころをもってしゅもとめる人々ひとびとともに、信仰しんこうあい平和へいわとをもとめなさい。

23 おろかで無知むち論議ろんぎをやめなさい。それは、あなたがっているとおり、ただあらそいにおわるだけである。

24 しゅしもべたるものあらそってはならない。だれにたいしても親切しんせつであって、よくおしえ、よくしのび、

25 反対はんたいするもの柔和にゅうわこころおしみちびくべきである。おそらくかみは、かれらに悔改くいあらためのこころあたえて、真理しんりらせ、

26 悪魔あくまとらえられてそのほっするままになっていても、ざめてかれのわなからのがれさせてくださるであろう。