聖典
テモテヘの第二の手紙3
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第3章

1 しかし、このことはっておかねばならない。おわりのときには、苦難くなん時代じだいる。

2 そのとき人々ひとびと自分じぶんあいするものかねあいするもの大言壮語たいげんそうごするもの高慢こうまんものかみをそしるものおやさからうものおんらぬもの神聖しんせいけがもの

3 無情むじょうもの融和ゆうわしないもの、そしるもの節制せっせいもの粗暴そぼうものぜんこのまないもの

4 裏切うらぎもの乱暴らんぼうもの高言こうげんをするものかみよりも快楽かいらくあいするもの

5 信心しんじんぶか様子ようすをしながらそのじつてるものとなるであろう。こうした人々ひとびとけなさい。

6 かれらのなかには、ひといえにもぐりみ、そして、さまざまのよくこころうばわれて、おおくのつみかさねているおろかなおんなどもを、とりこにしているものがある。

7 彼女かのじょたちは、つねまなんではいるが、いつになっても真理しんり知識ちしきたっすることができない。

8 ちょうど、ヤンネとヤンブレとがモーセにさからったように、こうした人々ひとびと真理しんりさからうのである。かれらは知性ちせいくさった、信仰しんこう失格者しっかくしゃである。

9 しかし、かれらはそのまますすんでいけるはずがない。かれらのおろかさは、あのふたりの場合ばあいおなじように、おおくのひとれてるであろう。

10 しかしあなたは、わたしのおしえあゆみ、こころざし、信仰しんこう寛容かんようあい忍耐にんたい

11 それから、わたしがアンテオケ、イコニオム、ルステラでけた数々かずかず迫害はくがい苦難くなんに、よくもつづいてきてくれた。そのひどい迫害はくがいにわたしはえてきたが、しゅはそれらいっさいのことから、すくしてくださったのである。

12 いったい、キリスト・イエスにあって信心しんじんぶかきようとするものは、みな、迫害はくがいける。

13 悪人あくにん詐欺さぎとはひとまどわしひとまどわされて、あくからあくへとちていく。

14 しかし、あなたは、自分じぶんまなんで確信かくしんしているところに、いつもとどまっていなさい。あなたは、それをだれからまなんだかっており、

15 またおさなときから、聖書せいしょしたしみ、それが、キリスト・イエスにたいする信仰しんこうによってすくいいた知恵ちえを、あなたにあたえうる書物しょもつであることをっている。

16 聖書せいしょは、すべてかみれいかんけてかれたものであって、ひとおしえ、いましめ、ただしくし、みちびくのに有益ゆうえきである。

17 それによって、かみひとが、あらゆるいわざにたいして十分じゅうぶん準備じゅんびができて、完全かんぜんにととのえられたものになるのである。