神殿
    脚注

    神殿

    神殿は文字どおり主の宮です。そこは主が訪れられる神聖な礼拝の場所です。神殿の神聖さに匹敵するのは家庭だけです。

    過去の歴史を通じて,主はその民に神殿を築くよう命じてこられました。今日こんにち,教会は,全世界に神殿を築くようにという主の呼びかけにこたえ,神殿の祝福が天の御父の多くの子供たちにとってより身近なものとなるように働いています。

    生者のための儀式

    神殿のおもな目的は,人が日の栄えの王国で昇栄するために必要な儀式を施すことです。神殿の儀式は,イエス・キリストのあがないを通して得られる最大の祝福に通じるものです。教会で行うことのすべて,すなわち集会,活動,伝道の働き,教えるレッスン,歌う賛美歌,すべてが救い主と聖なる神殿で行う業に向けられる必要があります。

    神殿で受ける儀式の一つがエンダウメントです。「エンダウメント」は「たまもの」を意味する言葉です。したがって神殿のエンダウメントとは文字どおり神からの賜物です。この儀式は一連の教えから成っています。また義にかなった生活を送り,福音の求める条件を満たすために交わす聖約が含まれています。エンダウメントを通して,救い主,天の御父の計画における救い主の役割,救い主に従う決意に心を集中させることができます。

    もう一つの神殿の儀式は,夫と妻が互いに永遠に結び固められる日の栄えの結婚です。神殿で行われる結び固めは,夫と妻が自分たちの交わした聖約に忠実であるならば,永遠に続くものです。

    神殿で結び固められた両親のもとに生まれてくる子供は聖約の子となります。このような子供たちは自動的に永遠の家族に組み込まれます。聖約の子でない子供たちも,実父母または養父母にお互い結び固められた時点で永遠の家族に組み込まれます。子供を両親に結び固める儀式は神殿で執行されます。

    神殿の儀式を受けたら,いつも自分が交わした聖約を忘れないでください。神殿にはできるかぎり頻繁に参入してください。父親,または母親の場合,子供たちに神殿の大切さを教えてください。彼らが自らを備え,ふさわしい状態で神殿に参入できるよう助けてください。

    まだ神殿の儀式を受けていないのであれば,今から準備を始めてください。状況が許せば,死者のためのバプテスマや確認の儀式を受けるために神殿に参入してください。

    死者のための儀式

    救いに不可欠な福音の儀式を受けずに亡くなった人々も,神殿で実施される業を通して,それらの儀式を受けることができます。あなたは自分の先祖やすでに亡くなった人々に代わってこの業を行うことができます。彼らの身代わりとして,バプテスマと確認の儀式,エンダウメントを受け,夫と妻,子供と両親の結び固めに臨むことができるのです。

    亡くなった先祖のために神殿の業を執行することができるように,彼らの記録を積極的に探究してください。

    死者のための神殿の業と家族歴史活動についてもっと情報が欲しい人は,「家族歴史活動と系図」40-43を参照してください。

    神殿に参入するためのふさわしさ

    神殿に参入するには,ふさわしくなければなりません。あなたは二つの面接を通してふさわしさを証明します。一つは監督会の一員または支部長との面接,もう一つはステーク会長会の一員または伝道部長との面接です。神権指導者はこれらの面接を個人的かつ内密に行います。どちらの面接でも,神権指導者はあなたの個人的な行いやふさわしさについて質問します。天の御父とイエス・キリストのあがないに関するあなたのあかしについて質問されます。中央および地元の教会の指導者を支持しているかどうか質問されます。道徳的に清いこと,知恵の言葉を守りじゅうぶんの一,を完全に納め,教会の教えに調和した生活を送り,背教的なグループと関係を持ったり,そのようなグループに同情を寄せたりしていないことを確認するために質問されます。

    面接での質問に対してしかるべき返答をした場合,またあなたと神権指導者がともに,あなたのことを神殿に参入するにふさわしいと確信できた場合,神殿推薦状を受けます。神殿推薦状にはあなたと神権指導者の二人が署名します。この神殿推薦状があれば,ふさわしいかぎり,次の2年間,神殿に入ることを許可されます。

    神殿推薦状のための面接は,自分のふさわしさとどのような生活を送っているかを吟味するすばらしい機会を提供してくれます。自分の生活に何かが欠けている場合は,神殿推薦状のための面接に先立って監督または支部長と十分に相談ができるような機会を作ってください。神殿推薦状を受けるにふさわしくなる準備ができるように助けてくれるはずです。

    神殿の衣装

    神殿に参入するときには,教会に出席するときと同様,最良の服装で臨むべきです。神殿の中に入ると,白い神殿着に着替えます。着替えは更衣室でしますが,更衣室ではロッカーまたは着替えのための個人用スペースを使用します。神殿では,慎み深さを保つよう十分に心を配ります。

    自分の衣類をロッカーに入れると同時に,この世的な煩い事はすべて置いて行くことができます。白い衣装を身にまとうと,神殿内にいるほかの人々と一つであり,平等であるという気持ちを抱くことができます。周囲の人々が皆,あなたと同じ衣装を着ているからです。

    神殿のガーメントを着る

    一度エンダウメントを受けると,生涯にわたって神殿のガーメントを身に着けるという祝福にあずかります。ガーメントは神殿で与えられる指示どおりに着なければなりません。この神聖な特権にかかわる祝福は,あなたのふさわしさと神殿の聖約を守る忠実さに懸かっているということを忘れないようにしてください。

    ガーメントはあなたが神殿で交わした聖約を絶えず思い起こさせてくれます。ガーメントはいつも敬意をもって取り扱うべきです。その意味を理解できない人々の目にさらしたり,様々なスタイルの服に合わせてそれを調節したりすべきではありません。ガーメントは適切に身に着けると,誘惑や悪から身を守ってくれます。ガーメントを身に着けるという行為は,救い主に従う内面的な決意を外面的に表現したものと言えます。

    神殿参入から得られる祝福

    神殿は神聖な神権の儀式が執り行われる場所というだけにとどまりません。そこは平安と啓示が得られる場所です。不安を感じたり,重大な決定が大きな負担となったりすることがあります。そのようなときには心配事を神殿に持って行き,そこで霊的な導きを受けることができます。

    時として,様々な問題や手のかかる多くの事柄があまりにも重く心にのしかかり,めいりょうに物事を考えられないと感じることがあるかもしれません。しかし神殿では,世の煩い事は消え去り,霧やもやが晴れるように視界が開けてきます。そしてそれまで理解していなかったことが理解できるようになるのです。自分が直面している試練に対処するための新たな方法を見つけることができるのです。

    主はあなたが神殿での神聖な儀式の業に励むときに祝福を与えてくださいます。また主が与えてくださる祝福は神殿にいる間だけに限定されません。主は人生のあらゆる面であなたを祝福してくださいます。神殿で熱心に働くことによって霊的に強められ,清められます。