2010–2019
モルモン書が持つ力
戻る 次へ

モルモン書が持つ力

モルモン書の最大の力は,わたしたちをイエス・キリストに近づけてくれるその影響力です。

1989年6月14日,教会に関する誤った情報が原因で,ガーナ政府はその国内における末日使徒イエス・キリスト教会のすべての活動を禁じました。 政府は教会が所有するすべての不動産を差し押さえ,伝道活動は全面的に中止されました。教会員たちはこの時期を「凍結時代」と呼んでいますが,彼らは支部の集会や宣教師の助けがなくても福音に添った生活をしようと最善を尽くしました。会員が自宅で礼拝を行い,ホームティーチャーや訪問教師として互いを見守ることで福音の光を灯し続けた感動的な話がたくさんあります。

しばらくすると誤解は解けて, 1990年11月30日に凍結時代は終わり,教会の通常の活動が再開されました。1それ以来,教会とガーナ政府はすばらしい関係を築いてきました。

凍結時代を経験した会員は,その異例の時期に受けた祝福を即座に並べ挙げることができます。そのときに直面した逆境によって多くの人々の信仰が強められました。しかし,凍結時代がもたらした祝福の一つは,意外な方法で与えられました。

ニコラス・オフォス・ヘネは,凍結時代には若い警察官でした。彼は末日聖徒の集会所を警備する任務を受け,夜間に集会所を見張ることになりました。ニコラスが初めて集会所に到着したとき,書類や書物,家具など,様々な物が無秩序に散らかっているのが見えました。すると,散乱した物の中に,1冊のモルモン書が見えました。邪悪な書物だと聞いていたため,彼はそれを無視しようとしました。ところが,不思議と引きつけられるものを感じました。ニコラスはついに無視することができなくなりました。拾い上げると,何かに駆り立てられるように読み始めました。彼は頬に涙を流しながら,夜通し読み続けました。

最初に手にしたときは, ニーファイ第一書を全部読み通しました。2回目は,ニーファイ第ニ書を読み通しました。 ニーファイ第ニ書第25章まで読み進めたとき,次の言葉を見つけました。「わたしたちはキリストのことを話し,キリストのことを喜び,キリストのことを説教し,キリストのことを預言し,また,どこに罪の赦しを求めればよいかを,わたしたちの子孫に知らせるために,自分たちの預言したことを書き記すのである。」2

これを読んだとき,ニコラスは御霊をとても強く感じて,むせび泣き始めました。モルモン書を読み進める中で,彼は何度か御霊の確認を受けていました。その書物が今まで読んだ中で最も正確な聖文であるという確信を受けたのです。聞いていたうわさに反して,末日聖徒はイエス・キリストを強く信じていることを,彼は知りました。凍結時代が終わり,ガーナに宣教師が戻って来ると,ニコラスと妻と子供たちは教会に入りました。去年会ったとき,彼は警察本部長となっていて,ガーナ・タマレ地方部会長を務めていました。彼はこう話しています。「教会はわたしの人生を変えました。……この福音に導いてくださったことを全能の神に感謝しています。」3

別のガーナ人のアリベルト・デイビーズは,友人が会長会集会に行くのに同行して集会所に行きました。友達を待つ間,アリベルトは近くに置かれていた本を読みました。集会が終わったとき,アリベルトはその本を持って帰りたいと思いました。すると,その本ばかりか,モルモン書も持ち帰っていいですよ,と言われました。家に帰ると,彼はモルモン書を読み始めました。そして,読むのをやめられなくなり,ろうそくの明かりで午前3時まで読みました。アリベルトは数夜にわたって読み続け,そこに書かれている言葉と,心に感じる気持ちに圧倒されました。アリベルトは現在教会員です。

アンジェロ・スカルプラは,10歳のとき,母国イタリアで神学の勉強を始めました。彼はその後,司祭となり,自分が所属していた教会で熱心に奉仕しました。あるとき,彼の信仰は揺らぎ始めました。彼はさらに深く学ぶことを求め,その機会が与えられました。しかし,学べば学ぶほど,懸念は深まりました。読んだ資料と心に感じる思いから,彼はイエスと初期の使徒が教えたまことの教義に対する大規模な背教が起きたと確信しました。アンジェロは様々な宗教に神のまことの教えを探しましたが,何年もの間,満足のいく答えを得られませんでした。

ある日,宣教師が教える人をもっと見つけられるよう手伝っている二人の教会員と出会いました。アンジェロは彼らに何か引かれるものを感じ,彼らの言葉を喜んで聞き,モルモン書を快く受け取りました。

その夜,彼は早速読み始め,喜びに満たされました。神は御霊を通してアンジェロに,長年探し求めてきた真理がモルモン書の中に見つかるという確信を与えられました。アンジェロはすばらしい気持ちに満たされました。モルモン書の言葉と宣教師の教えから,大背教が確かに起きたという彼の確信が裏付けられたばかりか,神のまことの教会が地上に回復されたことも知りました。間もなくして,アンジェロはバプテスマを受けて教会に入りました。4わたしが彼と初めて会ったとき,彼は教会のイタリア・リミニ支部の支部会長を務めていました。

ニコラスやアリベルト,そしてアンジェロがモルモン書を通して経験したことは,パーリー・P・プラットの次の経験をほうふつさせます。

「わたしは〔その書物を〕熱意をもって開いた。……わたしは一日中読んだ。食事も煩わしかった。まったく食べたいと思わなかった。……夜になっても寝るのが惜しいほどだった。睡眠を取るより,読み続けていたかった。

それを読むうち,主の御霊がわたしに降り,自分が生きていることを認識し知っているように,この本が確かに真実であるということがはっきりと分かった。そして今までの悲しみ,犠牲,苦労を十分補っても余りあるほどの喜びを得ることができた。」5

初めて開くときにモルモン書を通して力強い経験をする人もいます。しかし,モルモン書を読んで祈ることで,それが真実であるという証を次第に得ていく人もいます。わたしの場合はそうでした。初めてモルモン書を読んだのは,10代のセミナリーの生徒だった時です。これは,わたしがそのときに読んだモルモン書です。正確な日時や場所までは言えませんが,そのころモルモン書を読んでいて,わたしは何かを感じ始めました。モルモン書を開ける度に温かい気持ちと御霊がありました。読み進めていくと,その気持ちは強くなっていき,今でも続いています。モルモン書を開く度,まるで電気のスイッチが押されるかのように,御霊が心と霊に流れ込みます。

多くの時間をかけて学習し,祈った後に,モルモン書の証をさらにゆっくりと得る人もいます。わたしの友人の一人は,モルモン書が真実かどうか知りたいと求めながら読みました。彼は,キリストを信じながら,モルモン書が真実かどうか誠心誠意神に問いなさい,というモロナイの勧めを実行しました。6しかし,約束の霊的な答えはすぐには来ませんでした。ところがある日,彼が深く考えながら車を運転していたとき,モルモン書が真実であることを御霊が証しました。彼はうれしさと感動のあまり,車の窓を開けると,だれに向かってというわけでもなく,世界中のすべての人に向かって「真実だ!」と叫びました。

モルモン書の証を得るのが,その書物を初めて開いたときであれ,あるいは長い時間をかけた後であれ,わたしたちがこの書物を読み続け,その教えを自分に当てはめるなら,生涯を通じて影響を受けることができます。エズラ・タフト・ベンソン大管長はこう教えています。「モルモン書には力があって,真剣に読み始めるやいなやその力は読む者の人生に流れ込み,誘惑に打ち勝つ力となります。またそれは欺きを避ける力となり,細くて狭い道にとどまる力となります。」7

今夜この集会に集うアロン神権者を含め,このメッセージを聞くすべての人にお勧めします。モルモン書の力を見いだしてください。トーマス・S・モンソン大管長が勧めたように,「モルモン書を読んでください。その教えについて深く考えてください。モルモン書が真実かどうか天の御父に尋ねてください。」8そうする中で,皆さんは生活の中に神の御霊を感じます。その御霊は,モルモン書が真実であること,ジョセフ・スミスが神の預言者であったこと,末日聖徒イエス・キリスト教会が,今日この地上における神のまことの教会であることへの皆さんの証の一部となります。その証は,誘惑に対抗する助けとなります。9その証は,「主のぶどう園で働く〔のに〕勤勉であるように大いに求められ」たときのための準備となります。10その証は,皆さんの信仰を揺るがせる非難や中傷の言葉をかけられたときには不動の錨となり,少なくともすぐには答えられないような質問を投げかけられたときには確固とした土台となるでしょう。生涯にわたってモルモン書を読み続けるときに,真実と誤りを識別し,あなたの証を繰り返し再確認する聖霊による確信を感じるでしょう。

このメッセージを聞いたり読んだりしている親である皆さんにお勧めします。モルモン書を家庭の大事な一部としてください。我が家では子供たちが成長していく中で,朝食を食べながらモルモン書を読みました。これはそのときに使っていたしおりです。表側には,モルモン書を読むなら,神が祝福を注いでくださるというベンソン大管長の言葉が書かれています。11裏側には,元大管長会顧問だったマリオン・G・ロムニー管長の言葉があります。 「家庭にあって両親が,夫婦として,また子供を交えて家族として,ともに祈りをもって定期的にモルモン書を読むようにするならば,家庭の中はこの偉大な書物から湧き出る特別な力で包まれ,家族一人一人がその力強い影響を受けることでしょう。……そしていがみ合うようなことがまったくなくなります。また両親は愛と知恵の中で子供たちを諭すようになり,子供たちは以前にも増して両親の勧めに快く従うようになります。義は増し加えられ,信仰と希望,慈愛すなわちキリストの純粋な愛が家庭や日常生活に満ちて,平和と喜びと幸福がもたらされることでしょう。」12

子供たちが巣立ってから何年もたち,彼らもそれぞれの家族を育てている今,ロムニー管長の約束が成就しているのがはっきりと分かります。我が家は完全とは程遠いですが,モルモン書の力について,またそれを読むことで家族全員の生活に祝福があったこと,これからも祝福が注がれることを証できます。

モルモン書の最大の力は,わたしたちをイエス・キリストに近づけてくれるその影響力です。モルモン書は主とその贖いの使命についての力強い証です。13モルモン書を通して,わたしたちは主の贖罪の壮大さと力を理解します。14モルモン書は主の教義をはっきりと教えています。15復活されたキリストがニーファイの民を訪れられた出来事が記されているすばらしい章を通して,わたしたちは,主が人々を愛し,祝福し,教えられた姿を知り,経験することができます。そして,主の福音に添って生活することによって主のみもとに行くならば,主がわたしたちにも同じようにしてくださることが分かります。16

兄弟の皆さん,わたしはモルモン書の力について証します。英語,イタリア語,フランス語で読もうと,あるいは書物や電子機器で読もうと,モルモン書の章や節から同じすばらしい御霊があふれ出てくることを知っています。モルモン書には,わたしたちをキリストに近づける力があることを証します。わたしたち一人一人が,このすばらしい聖典に込められた力を最大限に活用できますように。イエス・キリストの御名により,アーメン。