2010–2019
いつも御子を覚える
戻る 次へ

いつも御子を覚える

いつでも,どのようなことについても,どのような所にいても,わたしたちがいつも御子を覚えていられるよう,へりくだり証し,祈ります。

愛する兄弟姉妹の皆さん,わたしがアジアで務めを果たしていた頃,ときどきこう聞かれました。「ゴング長老,アジア地域にいる教会員の数はどのくらいですか。」

わたしは「全世界の人口の半分,つまり36億人ですよ」と答えました。

こうも聞かれました。「全員の名前を覚えるのは大変でしょうね。」

覚えること,忘れることは,日常生活の一部です。例えば,あるとき妻は,新しい携帯電話を探し回った挙げ句,別の電話からその電話を呼び出すことにしました。そして,新しい電話が鳴ると,「誰が電話しているのかしら。まだ誰にも番号を教えていないのに」と不思議に思ったのです。

覚えることと忘れることは,永遠の旅路の一部でもあります。時間,選択の自由,記憶力は,学び,成長し,信仰を増し加える助けとなります。

皆さんがお気に入りの賛美歌の歌詞にこうあります。

主の御名をたたえん

救いのため……

パンと水を分かちて

主を〔覚え〕,証する1

毎週聖餐を取るときに,わたしたちは,いつも御子を覚えていることを聖約します。「覚える」という言葉に関する400近い参照聖句から,いつも御子を覚えていられるようにするための方法を6つご紹介しましょう。

第1に,わたしたちは御子と交わした聖約や約束,確約を信頼することによって,いつも御子を覚えていることができます。

主は,アダムの時代から,アダムの子孫が「真理を受け入れて仰ぎ見るとき,シオンは見下ろし,もろもろの天は歓喜に揺れ,地は喜びに震えるであろう」2その日まで,永遠に変わることのない主の聖約を覚えておられます。

主は約束したことを覚えておられます。散乱したイスラエルが,イエス・キリストのもう一つの証であるモルモン書によって集められるという約束も,人の価値を覚えている全ての会員や宣教師に与えられている約束も覚えておられるのです。3

主は国家や人々を覚え,約束を守ってくださいます。この忙しく,混乱した4現代において,「ある者は戦車を誇り,ある者は馬を誇〔ります〕」5が,わたしたちは,「これまでと同様に将来も」6導いてくださる「われらの神,主のみ名を誇〔ります〕。」「苦難の時代」7にあって,わたしたちは「くじかれるのは神の業ではなく,人間の業であることを覚えて」8いるのです。

第2に,わたしたちは,生涯を通して主の御手があることを感謝の気持ちで認めることによって,いつも御子を覚えていることができます。

自分の人生に主の御手があったことは,後になって分かることが多いものです。クリスチャンの哲学者セーレン・キェルケゴールが述べたように,「人生は振り返って理解するべきですが,……前に向かって生きるべきもの」9なのです。

最近,愛する母の90歳の誕生日を祝いました。母は人生の節目節目にあった神の祝福を,感謝を込めて証していました。家族歴史や家族の伝統,家族のきずなは,過去を懐かしく思い出させてくれるだけでなく,未来への規範と希望を与えてくれます。神権の系譜と祝福師の祝福は,神の御手が世代を超えて働くことを証しています。

皆さんは,自分自身を生ける覚えの書だと考えたことはありますか。そこには,あなたが何をどのように選択して覚えてきたかが刻まれているのです。

例えば,わたしは少年の頃,学校のバスケットボールチームに入りたくてたまらず,練習に練習を重ねました。ある日,コーチがチームにいる身長193センチの州代表選手のセンターと身長188センチのスター選手であるフォワードを指して,わたしにこう言ったのです。「チームに入れてあげてもいいけれど,君はまず試合に出られないだろうね。」そして,「サッカーはどう。いい線行くと思うよ」と優しく励ましてくれたのを覚えています。わたしがサッカーの試合で初めてゴールを決めると,家族は声をあげて喜んでくれました。

わたしたちは,率直に,優しく,忍耐と励ましの言葉をもって,機会や,第2のチャンスを与えてくれた人たちのことを覚えておくことができます。また,わたしたち自身も,誰かが助けを最も必要としているときに思い出してもらえるような存在になれるのです。人から助けられたことや御霊の導きがあったことを感謝の気持ちで覚えていることは,御子を覚える一つの方法です。これは,多くの恵みを数えあげ,主の御業を認める方法なのです。10

第3に,「自分の罪を悔い改めた者は赦され,主なるわたしはもうそれを思い起こさない」11という主の約束を信頼することによって,いつも御子を覚えていることができます。

告白し罪を捨てることを含めて完全に悔い改めると,罪悪感が拭い去られます。そして,エノスのように「主よ,それはどうしてですか」と尋ねると,「あなたが……キリストを信じているからである」12という答えと,「わたしを覚えていなさい」13と勧める言葉が聞こえるのです。

一度悔い改めて神権指導者からふさわしいと宣言されたならば,過去の罪を何度も告白する必要はありません。ふさわしくなるとは,完全になるという意味ではないのです。天の御父の幸福の計画は,人生の旅路をつつましく心穏やかに歩み,いつの日かキリストによって完全になることができるようにとわたしたちを招いているのです。14今完全でないからといって常に心配したり,挫折感を抱いたり,不幸に感じたりする必要はありません。覚えていてください。神は,わたしたちが誰にも知られたくないと思っていることを全て御存じのうえで,わたしたちのことを愛しておられるのです。

人生では時折,キリストの憐れみと正義,裁きを信じるかどうか,また人と自分を赦し,主の贖いによる癒やしを受けるようにという自由をもたらす主の呼びかけに応じるかどうかを試されることがあります。

ある国の若い女性がジャーナリストの仕事に応募したのですが,彼女に仕事を割り当てた役人はいじわるな人で,こう言いました。「僕のサインで,君はジャーナリストではなく,下水道掘りになるだろうよ。」彼女は大勢の男性の中に一人交じって下水道を掘る仕事をしました。

何年か後,この女性は役人になりました。ある日,仕事で彼女のサインが必要でやって来た男性がいました。

「わたしを覚えている?」と彼女は尋ねましたが,男性は覚えていませんでした。

彼女は言いました。「あなたが覚えていなくとも,わたしは覚えているわ。あなたのサインで,決してジャーナリストにはなれないだろうと言われ,あなたのサインで,大勢の男性の中に一人交じって下水道を掘ることになったのよ。」

彼女は言いました。「自分がされたよりも良い対応をすべきだと感じたのですが,それだけの強さを持ち合わせてはいなかったのです。」時にそのような強さが自分の内になくとも,救い主イエス・キリストの贖いを思い起こすことによってその力を見いだすことができます。

信頼が裏切られ,夢が打ち砕かれ,心が何度も何度も傷つくとき,正義を求め憐れみを必要とするとき,拳を握り締め涙を流すとき,何にすがり何を手放すべきなのかを知りたいとき,わたしたちはいつも御子を思い出すことができます。人生は時折残酷に思えることもありますが,実際にはそれほどでもありません。主の無限の憐れみのおかげで真理と命への道を見いだすことができるのです。15

主の御言葉と模範を覚えているとき,人を傷つけることも人から傷つけられることもありません。

わたしの友人の父親は機械工でした。その正直な働きぶりは,丁寧に洗ってあるその手を見れば分かりました。ある日神殿で,誰かが友人の父親に,ここで奉仕する前に手をきれいにするべきだと伝えました。この善良な男性は気を悪くするどころか,それ以後,神殿に参入する前には洗剤を余分に使って自らの手と家族の食器をごしごし洗うようになったのです。このような人こそ,最も清い手と,最も潔い心を持った,「主の山に登るべき者」であり,「その聖所に立つべき者」でしょう。16

もし思いやりのない気持ちや恨み,怒りを抱いていたり,人に赦しを請うたりする理由があるのなら,赦しを請うべき時は,今です。

第4に,神は,御自身が常にみもとに喜んで迎えてくださることを覚えているよう呼びかけておられます。

わたしたちは求め,探すことによって学びます。しかし,T・S・エリオットの言葉にあるように,「出発した場所にたどり着いてその場所を初めて知る」ようになるまで探求をやめないでください。17準備ができたら,どうか心を開いて,初めて読むかのようにモルモン書をもう一度読んでください。初めて祈るかのように,もう一度,誠心誠意祈ってください。

昔の,あるいはかすかな記憶を頼りに,信仰を深めてください。神には,もう戻れないという地点などないのです。

古今の預言者は,他人や自分の人間的な過ちや欠点,弱点のために,主の回復された福音での真理や聖約,贖いの力を見失わないようにと,わたしたちに切実に説いています。18これは,わたしたち不完全な会員が参加してその中で成長していくような教会では特に大切なことです。預言者ジョセフは言いました。「わたしは自分が完全であると言ったことは一度もありません。しかし,わたしが教えてきた啓示には,まったく誤りがありません。」19

第5に,安息日に聖餐を取ることによって,いつも御子を覚えていることができます。地上での務めが終わる頃,また復活後の務めが始まったばかりの頃,救い主はパンとぶどう酒を取り,主の体と血20を覚えているようにと言われました。「これを行う度に,あなたがたは,わたしがあなたがたとともにいたこの時を思い起こすであろう。」21

聖餐の儀式で,わたしたちは進んで御子の御名を受け,いつも御子を覚え,御子が与えてくださった戒めを守ることを父なる神に証明します。そうすることで,いつも御子の御霊を受けられるようになれるのです。22

アミュレクが教えたように,わたしたちが牧場と家畜の群れや,家の者について祈るときや,乏しい人や着る物のない人,病気の人や苦しんでいる人のことを思い起こすときに,主を思い起こします。23

最後の第6に,救い主は,御自身がいつもわたしたちを覚えておられるのと同じように,わたしたちも救い主を覚えているようにと勧めておられます。

新世界で,復活された救い主は,その場にいる人々を一人一人招いて,御自分の脇に手を入れさせ,御自分の手と足のくぎ跡に触れさせました。24

復活について,聖文にはこう記されています。「手足と関節はことごとくその体に回復される。まことに,髪の毛一筋さえも失われることなく,すべてのものが本来の完全な造りに回復される。」25それなら,なぜ救い主の完全な復活体に,いまだに脇腹の傷と,手足のくぎ跡が残っているのかを,どうかよく考えてみてください。26

歴史上,時には,死すべき人間に十字架の刑が執行されていたこともあります。しかし,わたしたちの救い主であるイエス・キリストのみが,その純粋な愛のしるしを今も身に残して,わたしたちを受け入れてくださいます。全ての人を主の御名によってみもとに引き寄せるために十字架に上げられるという預言を成就したのは,救い主ただ御一方だけです。27

救い主はこう宣言されました。

「たとい彼らが忘れるようなことがあっても,わたしは,あなたを忘れることはない。

見よ,わたしは,たなごころにあなたを彫り刻んだ。」28

救い主は証しておられます。「わたしは上げられた者である。十字架につけられたイエスである。神の子である。」29

いつでも,どのようなことについても,どのような所にいても,わたしたちがいつも御子を覚えていられるよう,へりくだり証し,祈ります。30イエス・キリストの神聖かつ聖なる御名により,アーメン。