ダニエル書12
戻る 次へ

第12章

1 そのときあなたのたみまもっているおおいなるきみミカエルがちあがります。またくにはじまってから、そのときにいたるまで、かつてなかったほどのなやみのときがあるでしょう。しかし、そのときあなたのたみすくわれます。すなわちあのしょをしるされたものみなすくわれます。

2 またのちりのなかねむっているもののうち、おおくのものをさますでしょう。そのうち永遠えいえん生命せいめいにいたるものもあり、またはじと、かぎりなき恥辱ちじょくをうけるものもあるでしょう。

3 かしこものは、大空おおぞらかがやきのようにかがやき、またおおくのひとみちびものは、ほしのようになって永遠えいえんにいたるでしょう。

4 ダニエルよ、あなたはおわりのときまでこの言葉ことばし、このしょふうじておきなさい。おおくのものは、あちこちとさぐ調しらべ、そして知識ちしきすでしょう」。

5 そこで、われダニエルがていると、ほかにまたふたりのものがあって、ひとりはかわのこなたのきしに、ひとりはかわのかなたのきしっていた。

6 わたしは、かの亜麻あまぬのかわみずうえにいるひとにむかってった、「この異常いじょうなできごとは、いつになっておわるでしょうか」と。

7 かの亜麻あまぬのて、かわみずうえにいたひとが、てんかって、そのみぎひだりをあげ、永遠えいえんけるものをさしてちかい、それは、ひとときとふたとき半時はんときである。せいなるたみくだちからときに、これらのことはみな成就じょうじゅするだろうとうのを、わたしはいた。

8 わたしはこれをいたけれどもさとれなかった。わたしはった、「わがしゅよ、これらのこと結末けつまつはどんなでしょうか」。

9 かれった、「ダニエルよ、あなたのみちきなさい。この言葉ことばおわりのときまでし、かつふうじておかれます。

10 おおくのものは、自分じぶんきよめ、自分じぶんしろくし、かつられるでしょう。しかし、わるものわることをおこない、ひとりもさとることはないが、かしこものさとるでしょう。

11 常供じょうく燔祭はんさいのぞかれ、あらにくむべきものがてられるときから、千二百九十にちさだめられている。

12 っていて千三百三十五にちいたものはさいわいです。

13 しかし、おわりまであなたのみちきなさい。あなたはやすみにはいり、さだめられたおわりにって、あなたのぶんけるでしょう」。