ダニエル書10
戻る 次へ

第10章

1 ペルシャのおうクロスのだいねんに、ベルテシャザルとづけられたダニエルに、一つの言葉ことば啓示けいじされたが、その言葉ことば真実しんじつであり、おおいなるたたかいを意味いみするものであった。かれはその言葉ことばこころめ、そのまぼろしさとった。

2 そのころ、われダニエルは三しゅうあいだかなしんでいた。

3 すなわち三週間しゅうかんまったちるまでは、うまいものべず、にくさけとをくちにせず、またあぶららなかった。

4 正月しょうがつの二十四に、わたしがチグリスという大川おおかわきしっていたとき、

5 をあげてのぞると、ひとりのひとがいて、亜麻あまぬのころも、ウパズのきんおびこしにしめていた。

6 そのからだは緑柱石りょくちゅうせきのごとく、そのかお電光でんこうのごとく、そのえるたいまつのごとく、そのうであしは、みがいた青銅せいどうのようにかがやき、その言葉ことばこえは、群衆ぐんしゅうこえのようであった。

7 このまぼろしものは、われダニエルのみであって、わたしとともにいた人々ひとびとは、このまぼろしなかったが、かれらはおおいにおののいて、げかくれた。

8 それでわたしひとりのこって、このおおいなるまぼろしたので、ちからり、わがかおかがやきはおそろしくかわって、まったちからがなくなった。

9 わたしはその言葉ことばこえいたが、その言葉ことばこえいたとき、かおせ、にひれして、ふかねむりにおちいった。

10 よ、一つのがあって、わたしにれたので、わたしはふるえながらひざまずき、をつくと、

11 かれはわたしにった、「おおいにあいせられるひとダニエルよ、わたしがあなたにげる言葉ことばこころめ、ちあがりなさい。わたしはいまあなたのもとにつかわされたのです」。かれがこの言葉ことばをわたしにげているとき、わたしはふるえながらちあがった。

12 するとかれはわたしにった、「ダニエルよ、おそれるにおよばない。あなたがさとろうとこころをこめ、あなたのかみまえなやましたそのはじめのから、あなたの言葉ことばは、すでにかれたので、わたしは、あなたの言葉ことばのゆえにきたのです。

13 ペルシャのくにきみが、二十一にちあいだわたしのまえちふさがったが、天使てんしちょうのひとりであるミカエルがきて、わたしをたすけたので、わたしは、かれをペルシャのくにきみともに、そこにのこしておき、

14 すえに、あなたのたみのぞまんとすることを、あなたにさとらせるためにきたのです。このまぼろしは、なおきたるべきにかかわるものです」。

15 かれがこれらの言葉ことばを、わたしにべていたとき、わたしは、にひれしてだまっていたが、

16 よ、ひとのようなものが、わたしのくちびるにさわったので、わたしはくちひらき、わがまえっているものかたってった、「わがしゅよ、このまぼろしによって、くるしみがわたしにのぞみ、まったちからうしないました。

17 わがしゅのしもべは、どうしてわがしゅかたることができましょう。わたしはまったちからうしない、いきまるばかりです」。

18 ひとかたちをしたものは、ふたたびわたしにさわり、わたしをちからづけて、

19 った、「おおいにあいせられるひとよ、おそれるにはおよばない。安心あんしんしなさい。こころつよくし、勇気ゆうきしなさい」。かれがこうったとき、わたしはちからづいてった、「わがしゅよ、かたってください。あなたは、わたしにちからをつけてくださったから」。

20 そこでかれった、「あなたは、わたしがなんのためにきたかをっていますか。わたしは、いまかえっていって、ペルシャのきみたたかおうとしているのです。かれとのたたかいがすむと、ギリシヤのきみがあらわれるでしょう。

21 しかしわたしは、まず真理しんりしょにしるされていることを、あなたにげよう。わたしをたすけて、かれらとたたかものは、あなたがたのきみミカエルのほかにはありません。