聖典
ガラテヤ人への手紙5
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第5章

1 自由じゆうさせるために、キリストはわたしたちを解放かいほうしてくださったのである。だから、かたって、二奴隷どれいのくびきにつながれてはならない。

2 よ、このパウロがあなたがたにう。もし割礼かつれいけるなら、キリストはあなたがたにようのないものになろう。

3 割礼かつれいけようとするすべてのひとたちに、もう一っておく。そういうひとたちは、律法りっぽう全部ぜんぶおこな義務ぎむがある。

4 律法りっぽうによってとされようとするあなたがたは、キリストからはなれてしまっている。めぐみからちている。

5 わたしたちは、御霊みたまたすけにより、信仰しんこうによってとされるのぞみをつよくいだいている。

6 キリスト・イエスにあっては、割礼かつれいがあってもなくても、問題もんだいではない。たっといのは、あいによってはたら信仰しんこうだけである。

7 あなたがたはよくはしつづけてきたのに、だれが邪魔じゃまをして、真理しんりにそむかせたのか。

8 そのような勧誘かんゆうは、あなたがたをされたかたからたものではない。

9 すこしのパンたねでも、こなのかたまり全体ぜんたいをふくらませる。

10 あなたがたはいささかもわたしとちがったおもいをいだくことはないと、しゅにあって信頼しんらいしている。しかし、あなたがたを動揺どうようさせているものは、それがだれであろうと、さばきをけるであろう。

11 兄弟きょうだいたちよ。わたしがもしいまでも割礼かつれいつたえていたら、どうして、いまなお迫害はくがいされるはずがあろうか。そうしていたら、十字架じゅうじかのつまずきは、なくなっているであろう。

12 あなたがたの煽動せんどうしゃどもは、みずか不具ふぐになるがよかろう。

13 兄弟きょうだいたちよ。あなたがたがされたのは、じつに、自由じゆうるためである。ただ、その自由じゆうを、にくはたら機会きかいとしないで、あいをもってたがいつかえなさい。

14 律法りっぽう全体ぜんたいは、「自分じぶんあいするように、あなたのとなひとあいせよ」というこの一句いっくきるからである。

15 をつけるがよい。もしたがいにかみい、っているなら、あなたがたはたがいほろぼされてしまうだろう。

16 わたしはめいじる、御霊みたまによってあるきなさい。そうすれば、けっしてにくよくたすことはない。

17 なぜなら、にくほっするところは御霊みたまはんし、また御霊みたまほっするところはにくはんするからである。こうして、二つのものはたがいあいさからい、その結果けっか、あなたがたは自分じぶんでしようとおもうことを、することができないようになる。

18 もしあなたがたが御霊みたまみちびかれるなら、律法りっぽうもとにはいない。

19 にくはたらきは明白めいはくである。すなわち、不品行ふひんこうけがれ、好色こうしょく

20 偶像ぐうぞう礼拝れいはい、まじない、敵意てきいあらそい、そねみ、いかり、党派心とうはしん分裂ぶんれつ分派ぶんぱ

21 ねたみ、泥酔でいすい宴楽えんらく、および、そのたぐいである。わたしは以前いぜんったように、いままえもってっておく。このようなことをおこなものは、かみくにをつぐことがない。

22 しかし、御霊みたまは、あいよろこび、平和へいわ寛容かんよう慈愛じあい善意ぜんい忠実ちゅうじつ

23 柔和にゅうわ自制じせいであって、これらを否定ひていする律法りっぽうはない。

24 キリスト・イエスにぞくするものは、自分じぶんにくを、そのじょうよくとも十字架じゅうじかにつけてしまったのである。

25 もしわたしたちが御霊みたまによってきるのなら、また御霊みたまによってすすむもうではないか。

26 たがいにいどみい、たがいにねたみって、虚栄きょえいきてはならない。