聖典
ガラテヤ人への手紙4

第4章

1 わたしの意味いみは、こうである。相続人そうぞくにん子供こどもであるあいだは、ぜん財産ざいさんぬしでありながら、しもべとなんの差別さべつもなく、

2 父親ちちおやさだめた時期じきまでは、管理人かんりにん後見人こうけんにん監督かんとくもとかれているのである。

3 それとおなじく、わたしたちも子供こどもであったときには、いわゆるこののもろもろの霊力れいりょくもとに、しばられていたものであった。

4 しかし、ときちるにおよんで、かみ御子みこおんなからうまれさせ、律法りっぽうもとうまれさせて、おつかわしになった。

5 それは、律法りっぽうもとにあるものをあがないすため、わたしたちにたる身分みぶんさづけるためであった。

6 このように、あなたがたはであるのだから、かみはわたしたちのこころなかに、「アバ、ちちよ」と御子みこれいおくってくださったのである。

7 したがって、あなたがたはもはやしもべではなく、である。である以上いじょう、またかみによる相続人そうぞくにんである。

8 かみらなかった当時とうじ、あなたがたは、本来ほんらいかみならぬ神々かみがみ奴隷どれいになっていた。

9 しかし、いまではかみっているのに、いな、むしろかみられているのに、どうして、あの無力むりょく貧弱ひんじゃくな、もろもろの霊力れいりょくぎゃくもどりして、またもや、あらたにその奴隷どれいになろうとするのか。

10 あなたがたは、つき季節きせつとしなどをまもっている。

11 わたしは、あなたがたのために努力どりょくしてきたことが、あるいは、むだになったのではないかと、あなたがたのことが心配しんぱいでならない。

12 兄弟きょうだいたちよ。おねがいする。どうか、わたしのようになってほしい。わたしも、あなたがたのようになったのだから。あなたがたは、一もわたしにたいして不都合ふつごうなことをしたことはない。

13 あなたがたもっているとおり、最初さいしょわたしがあなたがたに福音ふくいんつたえたのは、わたしの肉体にくたいよわっていたためであった。

14 そして、わたしの肉体にくたいにはあなたがたにとって試錬しれんとなるものがあったのに、それをいやしめもせず、またきらいもせず、かえってわたしを、かみ使つかいかキリスト・イエスかでもあるように、むかえてくれた。

15 そのときのあなたがたの感激かんげきは、いまどこにあるのか。はっきりうが、あなたがたは、できることなら、自分じぶんをえぐりしてでも、わたしにくれたかったのだ。

16 それだのに、真理しんりかたったために、わたしはあなたがたのてきになったのか。

17 かれらがあなたがたにたいして熱心ねっしんなのは、善意ぜんいからではない。むしろ、自分じぶんらに熱心ねっしんにならせるために、あなたがたをわたしからはなそうとしているのである。

18 わたしがあなたがたのところにいるときだけでなく、いつも、いことについて熱心ねっしんしたわれるのは、いことである。

19 ああ、わたしのおさたちよ。あなたがたのうちにキリストのかたちができるまでは、わたしは、またもや、あなたがたのためにみのくるしみをする。

20 できることなら、わたしはいまあなたがたのところにいて、語調ごちょうえてはなしてみたい。わたしは、あなたがたのことで、途方とほうにくれている。

21 律法りっぽうもとにとどまっていたいとおもひとたちよ。わたしにこたえなさい。あなたがたは律法りっぽううところをかないのか。

22 そのしるすところによると、アブラハムにふたりのがあったが、ひとりはおんな奴隷どれいから、ひとりは自由じゆうおんなからうまれた。

23 おんな奴隷どれいにくによってうまれたのであり、自由じゆうおんな約束やくそくによってうまれたのであった。

24 さて、この物語ものがたり比喩ひゆとしてみられる。すなわち、このおんなたちは二つの契約けいやくをさす。そのひとりはシナイざんからて、奴隷どれいとなるものむ。ハガルがそれである。

25 ハガルといえば、アラビヤではシナイざんのことで、いまのエルサレムにあたる。なぜなら、それはたちとともに、奴隷どれいとなっているからである。

26 しかし、うえなるエルサレムは、自由じゆうおんなであって、わたしたちのははをさす。

27 すなわち、こういてある、「よろこべ、不妊ふにんおんなよ。こえをあげてよろこべ、みのくるしみをらないおんなよ。ひとりものとなっているおんなおおくのみ、そのかずは、おっとあるおんならよりもおおい」。

28 兄弟きょうだいたちよ。あなたがたは、イサクのように、約束やくそくである。

29 しかし、その当時とうじにくによってうまれたものが、れいによってうまれたもの迫害はくがいしたように、いまでも同様どうようである。

30 しかし、聖書せいしょはなんとっているか。「おんな奴隷どれいとそのとをせ。おんな奴隷どれいは、自由じゆうおんなとも相続そうぞくをしてはならない」とある。

31 だから、兄弟きょうだいたちよ。わたしたちはおんな奴隷どれいではなく、自由じゆうおんななのである。