聖典
エペソ人への手紙6
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第6章

1 たるものよ。しゅにあって両親りょうしんしたがいなさい。これはただしいことである。

2 「あなたのちちははとをうやまえ」。これがだい一のいましめであって、つぎ約束やくそくがそれについている、

3 「そうすれば、あなたは幸福こうふくになり、地上ちじょうでながくきながらえるであろう」。

4 ちちたるものよ。子供こどもをおこらせないで、しゅ薫陶くんとう訓戒くんかいとによって、かれらをそだてなさい。

5 しもべたるものよ。キリストにしたがうように、おそれおののきつつ、真心まごころをこめて、にくによる主人しゅじんしたがいなさい。

6 ひとにへつらおうとして目先めさきだけのつとめをするのでなく、キリストのしもべとしてこころからかみ御旨みむねおこない、

7 ひとにではなくしゅつかえるように、こころよつかえなさい。

8 あなたがたがっているとおり、だれでもいことをおこなえば、しもべであれ、自由人じゆうじんであれ、それに相当そうとうするむくいを、それぞれしゅからけるであろう。

9 主人しゅじんたるものよ。しもべたちにたいして、同様どうようにしなさい。おどすことを、してはならない。あなたがたがっているとおり、かれらとあなたがたとのしゅてんにいますのであり、かつひとをかたよりることをなさらないのである。

10 最後さいごう。しゅにあって、その偉大いだいちからによって、つよくなりなさい。

11 悪魔あくま策略さくりゃく対抗たいこうしてちうるために、かみ武具ぶぐかためなさい。

12 わたしたちのたたかいは、血肉けつにくたいするものではなく、もろもろの支配しはいと、権威けんいと、やみの主権者しゅけんしゃ、また天上てんじょうにいるあくれいたいするたたかいである。

13 それだから、しきにあたって、よく抵抗ていこうし、完全かんぜんいて、かたちうるために、かみ武具ぶぐにつけなさい。

14 すなわち、って真理しんりおびこしにしめ、正義せいぎ胸当むねあてむねにつけ、

15 平和へいわ福音ふくいんそなえをあしにはき、

16 そのうえに、信仰しんこうのたてをりなさい。それをもって、しきものはなすことができるであろう。

17 また、すくいのかぶとをかぶり、御霊みたまつるぎ、すなわち、かみことばりなさい。

18 えずいのりねがいをし、どんなときでも御霊みたまによっていのり、そのためにをさましてうむことがなく、すべての聖徒せいとのためにいのりつづけなさい。

19 また、わたしがくちひらくときにかたるべき言葉ことばたまわり、大胆だいたん福音ふくいん奥義おくぎあきらかにしめしうるように、わたしのためにもいのってほしい。

20 わたしはこの福音ふくいんのための使節しせつであり、そしてくさりにつながれているのであるが、つながれていても、かたるべきときには大胆だいたんかたれるようにいのってほしい。

21 わたしがどういう様子ようすか、なにをしているかを、あなたがたにってもらうために、しゅにあって忠実ちゅうじつつかえているあいする兄弟きょうだいテキコが、いっさいのこと報告ほうこくするであろう。

22 かれをあなたがたのもとにおくるのは、あなたがたがわたしたちの様子ようすり、またかれによってこころはげましをけるようになるためなのである。

23 ちちなるかみとわたしたちのしゅイエス・キリストから平安へいあんならびに信仰しんこうともなあいが、兄弟きょうだいたちにあるように。

24 かわらない真実しんじつをもって、わたしたちのしゅイエス・キリストをあいするすべての人々ひとびとに、めぐみがあるように。